一職業会計人税理士FPが税とお金についてつぶやくブログ

起業経営や一般的な資産形成に役立つ税とお金に関する情報、税に係る注目すべき判決をご紹介しています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

こんにちは。

営業権というのは、いわゆるブランドと言われる目に見えない超過収益力を意味し、事業譲渡や企業合併などのM&A取引があった場合に、買主側の無形固定資産として計上されるものです。

この営業権は、今まで減価償却資産として、5年で定額法での償却となっておりましたが、税務上月割計算がないという取り扱いとなっておりました。


つまり、3月決算法人が、2月に合併などにより営業権の支出があった場合、その事業年度において2か月分のみの償却ではなく、1年分の償却が可能でした。

しかし、税制改正により、29年4月1以降の取得分について、営業権の償却方法が月割に変更となりました。つまり、上記の事例の場合、2か月分のみの償却となります。


営業権は金額の大きい取引となるため、税務上の処理を間違うと大きな影響があるため、当該改正には十分注意が必要です。

税理士法人アクシオン
http://axion-tax.jp/

株式会社ピクシス
http://pyxis-ak.jp/

一職業会計人FPの税とお金についてつぶやくメルマガ
http://www.mag2.com/m/0001159955.html


開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事