映画ー当たり/ハズレ

まずは現実を離れて映画の世界へ

映画世界

すべて表示

おくりびと/当たり

イメージ 1

製作年:2008年 製作国:日本 収録時間:131分
出演者: 本木雅弘 広末涼子 笹野高史 吉行和子 余貴美子 山崎努
内容・求人広告を手にNKエージェントを訪れた主人公・大悟は
社長の佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。
それは【納棺】、遺体を棺に納める仕事だった。
戸惑いながらも、妻の美香には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り
納棺師の見習いとして働き出す大悟。そこには、さまざまな境遇のお別れが待っていた!
ユーモアと感動が融和した異色作。

感想・最初は葬儀の話で暗そうで観る気は無かったですが
やはりアカデミー賞の賞を取ってから注目され私も観ようと思いました。
固定観念はいけないですね。予告だけでは分かりませんからね。
確かに予告は面白そうでも観たら期待ハズレの映画もありますが・・・
生意気に映画を当たりハズレと評価してますが映画は2時間余りですが
映画製作は短くて1年前後、長ければ3年以上かかるので大変だと思います。
そこは凄いと思い、すべての映画を尊敬しています。
葬儀の話でユーモアはタブーだと思ってましたが何故か上手いこと話に溶け込んでいましたね。
今では日本映画に欠かせない本木と広末を中心に他の渋い俳優人を交え
時には切なく時には面白く何か忘れかけていた事を感じさせられる映画ですね。
非常に心が温まり感動の余韻が今でも残っています。


.


みんなの更新記事