越後上杉毘沙門堂

越後上杉毘沙門堂の山城探検隊です。現在はFacebookのコミュニティサイトで簡易運営中!!!

全体表示

[ リスト ]

【坂戸城/御館石垣編】上杉軍団最強の「上田五十騎」発祥の地

※「上杉景勝」と「直江兼続」の生誕の地でもあります。
 2008.10.25再登城 上杉軍団最強の「上田五十騎」発祥の地【坂戸城】 
イメージ 1



本年の5/4【坂戸城】本丸実城への登城レポートをアップする前に、復習の意味でアップします。

前回2008.05.10登城時の【坂戸城/一本杉編】のレポートは、こちらへ
http://blogs.yahoo.co.jp/kagetora_nagao2007/12358135.html

このレポートは、2008.10.25の登城時のものです。

実城への登城は、後ほどとして、我が殿である愛犬“景虎”様と再訪いたしました。

【坂戸城】の詳細は、前回記事を参照していただき、早速レポート開始でございます。

城郭概略図も前回参照にして下さい。( 御館石垣周辺の散策です。 )


 城郭概略図です。 
※ クリックして大きくしてご覧下さい。
イメージ 2


 先ず広大な家臣屋敷跡が目の前に広がります。 
※ 前回訪問時より綺麗になっていました。2009年の大河ドラマのために整備中ですね。
イメージ 3


 石垣の残骸が無造作に置いてありますが、後で使うのかな?一個位欲しい〜! 
イメージ 4


 駐車場から歩いて2〜3分で御館にたどり着きます。「野面積み」の石垣が残っています。 
※ この石垣は上杉家が会津移封後に入城した堀氏の時代に築造されたものと見られています。
  この頃は、坂戸城の本丸は、山頂の実城ではなく麓の館城だったようですね。
イメージ 5


 坂戸城の城址跡の石碑がありますが、本丸実城は坂戸城(634m)の山頂です。 
イメージ 6


 上田五十騎発祥の地の石碑もあります。
イメージ 7


 上杉景勝公と直江兼続公の生誕の地の石碑ですが、春までは一本杉付近に有りました。 
※ 2009年のNHK大河「天地人」の観光客のために移設したんだろうね。重いよこれ・・・
イメージ 8


 御館付近から本丸実城を見上げました。右下が一本杉です。 
※ 10月後半だったから、ちょっと紅葉してますね。
イメージ 9


 前回、行けなかった「御居間屋敷跡」へと向かったが、これ以上は、完全“藪状態”で断念。 
※ 数日前(10/12)に、熊が出たとの看板があったので、無理はせず。ちょっと怖かった!
イメージ 10


 気分転換に、水堀の内堀跡に行きました。鴨が優雅に泳いでいましたが・・・ 
※ 我が景虎公は鴨に夢中でございました。半年後、まさかの事件を起こす予兆がありました。
イメージ 11


 自販機や無料のお茶飲み場も開設してあり、翌年に向けてやる気満々でしたよ。 
イメージ 12



≪ ちょいスタTime ≫

上田五十騎とは・・・

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』などの文献から抜粋し源さんがアレンジ
-----------------------------------------------------------------------------------------
【上田五十騎】・・・謙信軍中最強と謳われた上田長尾氏家臣団 

以前にも記述しましたが、

越後長尾氏は、蒲原三条を本拠の三条長尾氏(府内長尾氏)、長岡本拠の古志長尾氏、

魚沼本拠の上田長尾氏の3家に分かれています。

上田長尾氏は、南北朝時代から上杉憲顕の家臣として南魚沼上田庄の支配を委ねられ、

それまでこの地方の土豪(豪族)であった栗林氏、樋口氏など多くを支配下に収めていきました。

この土豪衆は、戦国時代には上田衆と呼ばれ、上田長尾氏の家臣団としてまとまっていきます。

坂戸城の対面に位置する樺沢城主館跡の近くに、小泉屋敷、黒金屋敷、綿貫屋敷、宮島屋敷などの

上田衆の屋敷跡があります。

上田衆は、川中島の合戦の際にも、謙信の率いた上杉軍中最強と恐れられ、必ず先陣を任されており

上田衆の打ち鳴らす陣太鼓はやがて御実城太鼓と呼ばれるようになりました。

上杉景勝が、謙信公の養子として春日山城に入る際に、坂戸城のその家臣の中から50人の精鋭

を選び「上田五十騎」を編成したことで坂戸城に≪上田五十騎発祥の地≫の石碑があります。


【坂戸城/一本杉編】のレポートは、こちらへ
http://blogs.yahoo.co.jp/kagetora_nagao2007/12358135.html

 坂戸城へのアクセス地図は、下記をクリックしてみて下さい。 
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=37.05591363&lon=138.89963777&sc=4&mode=map&type=scroll

この記事に

閉じる コメント(9)

行きた〜い!
明日行っちゃおうかな〜^^
GWにリベンジを果たされたのですね?
石碑を移設するとは!大河に賭ける執念を感じます

2009/5/23(土) 午後 11:26 マイリバ 返信する

上田衆を上田五十騎と言うんですか〜なるほど( ..)φメモメモ
やはり山の中にあったんですね。
「天地人第2話」で与六が寺から抜け出して、山道を下っていくシーンを思い出しましたd(^ー^)

2009/5/24(日) 午前 7:47 ヒックス店長 返信する

顔アイコン

御館跡方面から御間屋敷に行ける。。と地図にあったのですが、私も道が分からなくなってしまい、人について歩いて出た先は「一本杉」でした。(^_^;)なので、そこから薬師尾根道まで行き。。。
この付近、実際のドラマ撮影で使われていますね。
そう思って初回、2回放送を見ると、よく分かりますよ。
いよいよ坂戸記事ですね! 楽しみにしています。
私はまだまだ先になりそうです。

2009/5/24(日) 午前 8:08 ちぇるしー 返信する

顔アイコン

>マイリバ殿・・・今頃は、登城成功してるかな?
関東から日帰り出兵での本丸攻略は、結構、翌日にキツイかも(笑)

2009/5/24(日) 午後 2:56 上杉政虎 返信する

顔アイコン

>ヒックス店長殿・・・上田衆の精鋭を五十人集めて春日山に入城したのですね。つ〜ことは、上田の庄の留守番には、武勇に優れた家臣は居なかったのでしょうか?そんな訳ないよね。。。

2009/5/24(日) 午後 2:58 上杉政虎 返信する

>ちぇるしー殿・・・昨年までは、御居間屋敷跡の木碑は、御館跡までの城道の途中に掲げてあったんですよ。秋に行った時には、既に無かったです。でも結局は、解かって行ったんでしょ?
おそらく、観光客にあまり行ってもらいたくない所なんじゃないかな?あそこは、そっとして置いてもらいたい遺構かも知れませぬ。

2009/5/24(日) 午後 3:02 上杉政虎 返信する

源吾朗殿は生誕の地。
ひさにゃんは米沢で墓参り。。。。。

上杉魂よ永遠なり。(爆)

2009/5/24(日) 午後 10:36 ひさにゃん 返信する

顔アイコン

>ひさにゃん殿・・・始まりの地と終わりの地ですか〜!
何となく奥深い時間が流れているようです。。。

2009/5/26(火) 午後 8:59 上杉政虎 返信する

顔アイコン

たくさんTBありがとうございました。
私からもTBさせていただきました。m(_ _)m

2009/7/8(水) 午前 7:21 ちぇるしー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事