越後上杉毘沙門堂

越後上杉毘沙門堂の山城探検隊です。現在はFacebookのコミュニティサイトで簡易運営中!!!

全体表示

[ リスト ]

【上田城/西櫓編】日本一の兵≪真田幸村≫と伝説の十勇士の居城

2011.01.03登城 上田城本丸の西虎口に建つ西櫓
※ この櫓は真田氏の後、仙石氏が入城して上田城を復興した時の現存でござる。
イメージ 1



上田城は、「真田昌幸」が、1583年(天正11年)に築城した難攻不落の戦国仕様の梯郭式崖城で徳川軍を

二度にわたって撃退した≪上田合戦≫で有名な城です。しかし、慶長5年(1600)の≪関ヶ原の戦い≫後に、

徳川配下の諸将によって、真田昌幸・幸村に負けた腹いせに、徹底的に破壊されますが、

その数年後、江戸時代に上田藩藩主となった「仙石忠政」により、真田家時代の城郭を元に復興しています。

築城主「真田昌幸」の父親は武田信玄家臣「真田幸隆」、次男は「真田幸村」の名で有名の「真田信繁」です。

「真田信繁」は、後に、獅子奮迅の活躍で≪大坂夏の陣≫を戦い討ち死にしますが、その活躍を伝え聞いた

薩摩の「島津忠恒」が「真田日本一の兵」と言った言葉は有名です。また、この「真田信繁」(幸村)を語るには、

常に付きまとう伝説の勇士「真田十勇士」の存在がありますが、下の≪ちょいスタ≫で紹介します。

城郭のことは、【上田城/本丸編】をご覧頂くとして、ここでは真田家再興をした真田幸隆について紹介します。
「真田幸隆」は、様々な諸説があり確定できませんが、信濃国小県郡の豪族「海野棟綱」の子、あるいは

棟綱の娘婿「真田頼昌」の子として生まれたとされています。

当時、隣国の甲斐国では守護「武田氏」による国内統一が行われ信濃への進出を開始しており、信玄の父

「武田信虎」は、天文10年(1541年)に同盟関係にある「諏訪頼重」や「村上義清」と共に小県へ侵攻します。

そして≪海野平合戦≫により「海野氏」は駆逐され、幸隆は【箕輪城】城主「長野業正」を頼って上野に逃れます。

武田氏では、その後「武田晴信(信玄)」が父「信虎」を国外追放して家督を継ぎ、本格的な佐久・小県郡侵攻を

再開します。「真田幸隆」は、晴信の時代の武田氏に帰属して旧領を回復していますが、それは一説では

武田家の軍師「山本勘助」の推挙があったと伝えられていますが諸説は多数あり。

武田氏に臣従した後は、信濃先方衆として軍役を務め、村上義清の村上方の調略などを行い、一度は

戸石崩れ(砥石崩れ)と呼ばれる大敗で失敗しますが、翌天文20年(1551年)に再び戸石城攻めが行われ、

幸隆の調略で、城はわずか1日で攻略されたといわれています。そして二年後【葛尾城】が落城し「村上義清」は

越後へ逃れ、幸隆は旧領を完全に回復することになります。

この後、「村上義清」は、長尾景虎(上杉謙信公)を頼り、甲越両国は信濃の領有を巡って対峙し、

12年の歳月を費やす、天下に名高い≪川中島の戦い≫を展開することとなるのです。

幸隆は、以降、対長尾(越後上杉氏)のため最前線に置かれることとなり、主に【戸石城】城番を兼ね、数々の戦に

出陣し、天正2年(1574年)5月19日、戸石城で62歳で病死します。


城郭概略図です。
※ クリックして大きくしてご覧下さい。
イメージ 2


二の丸駐車場の説明板にある城郭マップです。
※ クリックして大きくしてご覧下さい。
イメージ 3


北西隅櫓跡です。
イメージ 4


北西隅櫓と北東隅櫓の跡です。
※ 上田城の本丸と二の丸の土塁と堀は、北東の隅が直角ではなく、内側に折れて切り欠きが設けられています、北東(丑寅)の方角は「鬼門」と呼ばれ、古来より災いや物の怪が侵入してくる方角と考えられてきました。北東の隅に切り欠きを設けて鬼門を封じる風習は京都御所の土塀などにもみられ真田昌幸による縄張りの遺構と考えられています。
イメージ 5


北側の内掘です。
※ 前述の鬼門のところです。写真では良く判りませぬが、直角ではなく切り欠き仕様になっているとのことです。
イメージ 6


東櫓門の内側には武者走りがあります。
イメージ 7


本丸郭と東櫓門です。
イメージ 8


真田神社の奥に行くと真田井戸があり、西櫓に行けます。
※ 井戸の中には、抜け穴があると云われています。どこかで聞いたような・・・???
イメージ 9

現地説明板から 真田井戸
この井戸からは、抜け穴があって城北の太郎山麓の砦に通じていた。敵に包囲されても、その抜け穴より兵糧を運び入れるにも城兵の出入りにも不自由しなかったという。

西櫓からの眺めです。
※ 櫓下の城外は元は千曲川から流れ込む尼が淵があったところです。
イメージ 10

長野県宝 上田城 西櫓
西櫓は、江戸時代初期の寛永3〜5年(1626〜1628)にかけて真田氏の後に城主となった仙石氏によって建てられ、上田城で建築当初のまま残されている唯一の建物です。大きさは、1階が桁行9.85m、梁間7.88mで、2階は桁行8.64m、梁間6.66mと小さくなっています。
※ 仙石氏が新たに建てた櫓なのか、真田氏当時にあったものを復興復元したのかは不明です。

東櫓門内側です。
イメージ 11


二の丸の様子です。
イメージ 12


二の丸の虎口にも石垣が施されています。
※ 外堀跡は、今や遊歩道と化しています。
イメージ 13


海野宿の様子です。
※ 上田の街から南にある宿場町で、海野氏の子である「真田幸隆」やその兄弟の出身地とも言われています。1583年には上田城城下町を形成するために、海野から上田に人を呼び寄せたため、集落を縮小され宿場町開設に至ったと云われています。
イメージ 14



≪ ちょいスタTime ≫

「 関ヶ原の戦い後の真田昌幸・幸村/真田十勇士 」について

他の城郭研究資料または、フリー百科事典『 Wikipedia 』などいろいろな文献より抜粋し
源さんがアレンジさせて頂いております。
-----------------------------------------------------------------------------------------
前述のとおり、関ヶ原の戦いの前哨戦≪第二次上田合戦≫では徳川秀忠軍を翻弄した【上田城】でしたが

西軍の敗北が明らかになると、徳川方からの降伏・開城要請に応じ、【上田城】は、徳川方の諸将に

ことごとく壊されます。

戦後処理における処分は、昌幸と信繁(幸村)は、上田領没収と死罪が下さまするが、

東軍に属した長男の信幸(後の信之)とその舅である「本多忠勝」の助命嘆願で、昌幸・幸村は、赦免され、

信濃国上田領は、信幸に与えられたといいます。

その後、紀伊国高野山山麓の九度山に蟄居し、昌幸は、慶長16年(1611年)に65歳で病没します。

慶長17年(1612年)には、信繁(幸村)は出家し、「好白」と名乗ります。

しかし、徳川氏と豊臣氏の関係が悪化し始め、大名の加勢が期待できない豊臣家は浪人を集める策を採り、

九度山の信繁の元にも使者を派遣し、黄金200枚、銀30貫を贈ります。信繁(幸村)は、これに応じ、

国元にいる父・昌幸の旧臣たちに参戦を呼びかけ、九度山を脱出して子とともに大坂城に入城します。

大坂で信繁(幸村)の率いた軍は、鎧を赤で統一していたと云います。これが、真田の赤備えです。

その後、大阪冬の陣・夏の陣と奮戦し、夏の陣では、あわやというところまで徳川家康を追い詰めますが、

奮戦やむなく討ち死にしてしまうのです。

徳川家康は本陣に攻め込まれ馬印が倒されたのは「三方ヶ原の戦い」以来二度目であり、真田隊の凄まじさに

家康は自害を二度も覚悟したほどだったといいます。

これにより、奇しくも家康は「武田家ゆかりの武将」に、二度までも馬印を倒されたこととなるのです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
「真田十勇士」についてですが、

皆様もご存知のとおり、真田信繁(真田幸村)に仕えたとされる、伝承上の架空の家臣10人のことです。

基本的な構成は、猿飛佐助、霧隠才蔵、三好清海入道、三好伊三入道、穴山小介(穴山小助)、

由利鎌之助、筧十蔵、海野六郎、根津甚八、望月六郎の10人です。

いろいろと諸説があり、伝説ではなく実在を唱える説、実在の人物がモデルであるとする説もあり、

また、真田氏の領地付近に戸隠流忍術の戸隠の里があり、そこから真田氏は、戸隠忍者の主人と考える説

まであります。越後上杉家も、北信濃の戸隠を領地としていましたから、戸隠流とは共通点があります。

原型は、江戸時代中期の小説『真田三代記』からですが、「真田十勇士」という表現をはじめて用いたのは、

大正時代に刊行された立川文庫のようです。

実在か?伝説か?いずれにしても、十勇士に近い存在は居たのではないでしょうか?

NHK大河ドラマ 日本一の兵 真田幸村公 放映の実現を願う会に、源さんも署名してありますが、

果たして実現するのかどうか?天地人の幸村と妹の設定も、かなりいい加減で、伝説でしたからね。



【上田城】へのアクセス地図は、下記をクリックして下さい。
http://yahoo.jp/nUmmeY

閉じる コメント(2)

真田十勇士といえばその昔、NHKで人形劇であったよね。ドラマでもあったなぁ。霧隠れ才蔵を三浦浩一がやって。。猿飛佐助はお宅訪問のお方^^

2011/12/9(金) 午後 7:19 中之島ン 返信する

>中之島ン殿・・・貴殿は、中之島十勇士の1人でござったな。

2011/12/11(日) 午後 4:27 上杉政虎 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事