かごしま検定をめざす鹿児島案内

かごしま検定(マスター)合格者が鹿児島を探求します

全体表示

[ リスト ]

旧鹿児島刑務所正門と山下啓次郎


<全景>
イメージ 1




九州で有数の総合競技施設である鹿児島アリーナの入口の広場に、ヨーロッパの中世の城門のような石造りの門があります。

 これはもと鹿児島刑務所の正門でした。

 昭和60年(1985)に姶良郡湧水町に移転するまで、このあたりには鹿児島刑務所がありました。

 鹿児島刑務所のもとの建物は、山下啓次郎という明治・大正期の建築家が設計しました。

 山下啓次郎は地元鹿児島出身で、明治中後期に千葉・金沢・奈良・長崎・鹿児島の監獄などの設計を行ったことで知られています。

 なお、山下啓次郎はジャズピアニストとして有名な山下洋輔の祖父です。


2 旧鹿児島刑務所正門
(1)説明板
イメージ 2


(2)鹿児島アリーナと旧鹿児島刑務所正門
イメージ 3


イメージ 4


(3)中世の西欧の城塞のような外観
イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


3 山下啓次郎について
(1)年譜
・慶応3年(1867)、現在の鹿児島市西田町に薩摩藩士の次男として生まれる。
・明治9年(1876)、上京し、第一高等中学校から帝国大学工科大学(現在の東京大学工学部)へ進み、辰野金吾のもとで建築を学ぶ。
・明治25年(1892)工科大学卒業。(同期生に伊東忠太らがいる)
卒業後、警視庁を経て明治30年(1897)司法省に移り営繕を担当。
・明治34年(1901)欧米の監獄を視察し、翌年帰国。

●この間に山下が中心になって設計した監獄
・千葉監獄(明治40年) 現千葉刑務所)
・長崎監獄(明治40年) 正門・管理棟の一部を残し解体)
・金沢監獄(明治40年) 解体後、正門・中央看守所・監房の一部は明治村に移築)
・鹿児島監獄(明治41年) 門のみ現存
・奈良監獄(明治41年) 現奈良少年刑務所

(2)山下洋輔
 ジャズピアニスト。祖父・啓次郎の事跡を尋ね、小説「ドバラダ門」を書いた。


4 旧鹿児島刑務所と正門
(1)旧鹿児島刑務所
・山下啓二郎(西田町出身)を中心とする司法省の営繕組織が設計し、明治34年(1901)から、建設工事開始。
・工事に使う大きな石は伊敷町肥田から切り出して、甲突川を船で運搬。
・鹿児島刑務所は、昭和60年に姶良郡吉松町に移され、正門だけが残された。

(2)正門
・中世ヨーロッパの城門を思わせるゴシック建築独特の様式。
・石づくりの刑務所としては、わが国で最も古く、尚古集成館や五大石橋とともに、鹿児島の貴重な石造建築物
・国の登録有形文化財に登録。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事