☆シンの釣りぶろぐ★

ティップラン、一つテンヤ、タイラバ、ショアジギング、エギングなどの釣果をアップしていきます( ̄^ ̄)ゞ
先日の釣行です。

最近、ホームの海でなかなか良型が釣れないので、プチ遠征してきました。
タイラバ、ひとつテンヤで真鯛を狙います。

朝、2時出発…。
ヤバイくらい眠たいです…
が、釣りを始めるとバリバリ元気でした!

イメージ 1

1投目から、真鯛!

イメージ 2

嬉しい外道!

イメージ 3

友人2人にも真鯛!
まとめてタモいれました(笑)

イメージ 4

サバちゃん。

イメージ 5

みんなの釣果。

イメージ 6


私のお持ち帰り分。

アタリがほんとに多くて楽しい日になりました(^^)

数釣りするなら、今ですね!

この記事に

開く コメント(2)

遠征 ☆マグロ釣行!

今回は、ちょい遠征してマグロを狙いに行ってきました。
渋滞なしの夜中でも片道3時間30分!遠い…けどワクワクが止まりません(笑)

イメージ 1


今回も釣れたらいいなぁと思いながら、出船!

イメージ 3


ポイントまで数時間のおやすみタイム。

体力を温存します(笑)

イメージ 2


ポイント到着して、あたりはカツオのナブラだらけ!!!

しかもキハダも混ざってる!

着いて直ぐに激アツ!!

直ぐにカツオを3尾程ゲットして、お土産確保。

イメージ 4


船長がカツオを捌いてくれて、体力回復。

次は本命を狙う!と意気込んでいると
直ぐに根掛かりのようなバイト!
キハダだと確信して、問答無用で巻きあげます。重たいけど意外に、上がってくるなぁと思っていたら、急にビューんと走り出しました。

数回のランを繰り返しながらも無事にキャッチ。

イメージ 5


1尾釣れた事でとても気持ちが楽になりました。

イメージ 6


その後、2尾追加して、終盤に…

ドスンと今日イチの重量感。綱引きしながら、少しずつあげてくるも、重い!これはデカイ!ドキドキしながら、やりとりしていると…

フッ…

と重さが無くなりました(涙
バレました…。

最後に悔いが残りましたが、また最高な釣りが楽しめました!

この重量感!このパワー!
キハダゲーム最高です!!

この記事に

開く コメント(6)

突然ですが、
ima新製品のレンジセッターNFが6月末に発売になります。http://www.ima-ams.co.jp/imag/news/new-product/17-060405
今までのレンジセッターと、真逆とも言える性格を持つレンジセッターNF。
どう違うのか実際に使ってみないと分かりませんので今回、新製品を実釣してきました。

今回はボートで出撃!いい天気でした。

イメージ 1


知人の話で、ホームの錦江湾は真鯛は釣れてなく、魚が魚探に映っていても、なかなか食ってくれないとの事で、とても不安でした。まあ今回もイトヨリ狙いでいいかなと。

水深は20m程度から開始。
アンダーキャストで、ぶん投げます。
底をとり、横引きしましたが、なるほど!水深浅いのですが、適度な重さで潮をかみながら、ゆっくり中層を引いてこれます。
なんか新しい!テンヤ?というかルアー的な感覚で使えます。ロッドを振り上げた時もタングステンと違い、ロッドに重みがゆっくりと乗る感じです。
なんて考えていると、直ぐに釣れちゃいました。

イメージ 2


その後も連続しますが、いつもと釣れ方が違います…。フォールで乗ります!

イメージ 3


イトヨリが、どれだけでも釣れちゃうので、今度は水深60mに移動して、レンジセッターを投入。
やっぱ、タングステンもいい。巻きで直ぐにベイトのアジが釣れちゃいました。

イメージ 4


底の取り易さ、シルエットの小ささはレンジセッター。フォールでの誘いや浅場の中層を引きたい時はレンジセッターNF。
どちらも特徴的で、使い分けると魚に対して効果的なアピールができると実際に使ってみて感じました。ホームの海は最近、良型が釣れず、魚が入れ替わる時期なのかなぁと思います。

次は梅雨明けの本格的な真鯛シーズンで使って大型を狙いたいです!

この記事に

開く コメント(0)

今回の内容ですが、前回同様カヤックにてホームの錦江湾に浮いてきました。
2週連続の釣行内容になります。

イメージ 1



この日の釣果は、
アジ、イトヨリ、カサゴ、エソ。イトヨリは潮が動いている間だけ、ラッシュでした。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


潮が止まりバーチカルな釣りになるとピタっと釣れないんです…。まあそんなもんですが。

そこで翌週、カヤックからキャスティングテンヤなるものを試してみました。

イメージ 5


自宅で準備を整えて。
レンジセッターでのキャスティングがどれだけ有効なのか興味ありました。

〜〜〜〜〜
翌週(*・ω・)ノ

この日は潮も良くなかったのですが、試したくて先週と同じポイントへ。

イメージ 6


浮かんで海況を確認!
潮は動いていない状況(笑)
よしと、バシューーンとキャストして、
一投目…ブルっとアタリ!

イメージ 7



二投目…釣れました!なかなか良型!
その後も、良い調子で釣果を伸ばせました。しかもなかなか良型ぞろい。チビはリリース。水深は40m前後。キャスティングは潮が動かない時にかなり有効です!
あと、冷凍エビの鮮度が悪くなって頭が取れやすい時はワームをセットすれば大丈夫です。

イメージ 8



先週のイトヨリを攻略できたようで満足しました(笑)
(いい加減、イトヨリ終わりたい)
いつかショアからも投げてみたいです。
キャスティング楽しい〜!!

この記事に

開く コメント(2)

今回はホームの鹿児島錦江湾で桜島を眺めながらのんびりと釣りしてまいりました。

イメージ 1



当日は、ゆっくり出発したので朝まずめには間に合わず。でも久々のロケーションを満喫し、最高な気分。今回はカヤックで近場のポイントを流します。

漕いで数分のポイントですが魚探への反応も良く、早速レンジセッターを投入します。ヘッドの色は、錦江湾で定番のメタルグリーンにしました。

イメージ 2



ですが魚探の反応と違い、食ってきません。この日、海面は浮遊物が多少流れ、濁りも少し出ていました。試しに、濁りに効果的なグロー系の、ほろ酔いグローにヘッドをチェンジ。(狭いカヤックでもヘッドの交換が簡単)

イメージ 3



ヘッドを交換して一投目から直ぐに魚信があり、軽くアワセを入れて、難無く上がってきたのはイトヨリダイ。酒蒸しにすると美味しいなぁ〜などと考えていると、また直ぐに釣れました。

イメージ 4



ちょっとポイントを変えて流すと、オオモンハタも混じり、またイトヨリダイ…。とにかく連チャンします。20cm以上あるもので、持ち帰る何尾かをキープして後はリリース。

イメージ 5




ここで止まっていた潮が動き出し、直ぐにガツンとアタリを感じました。アワセを入れてロッドから伝わる重量感を味わいながらやり取りし、難無くネットイン。

イメージ 6



良型オオモンハタ!50オーバーの嬉しい外道です!

イメージ 7



潮も良く、まだ真鯛が釣れていなかったのですが、この1尾に満足して納竿。

3時間程の釣行でしたが天気も良く、海も穏やかで最高でした。結局、リリース含め20尾以上釣れましたが、バラシは一回も無し。ホームでレンジセッターを使った感想ですが、今までの固定式ひとつテンヤと違いバレない、ドラグ値にも気を使っていましたがキツくても針外れしない、孫針に掛かった時の不安感が無いと思いました。

また次回の釣りが楽しみです。

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事