最新記事

すべて表示

〜 蘭郁二郎「舌打する」〜 ベートーベン  ピアノソナタ第8番『悲愴』第2楽章 冒頭 朗読はネガティブ。 過去の追憶。そして最後に私にコメントを求める。 私は慰めとも同情ともつかないいやな気持を 客観的な言葉で吐き出す。 最初は悲しくて切ない曲を合わせてみたのですが 救いようがない ...すべて表示すべて表示

〜 夢野久作 著「懐中時計」〜 ドヴォルザーク スラヴ舞曲集第1集 作品46 より第7曲 懐中時計と鼠の会話。 ファンタジーではあるものの、 「常に働いていることこそが本当に働くということ」 はっとさせられます。 この曲は冒頭から オーボエとファゴットが 掛け合うのですが テ ...すべて表示すべて表示

山村暮鳥 作「風は草木にささやいた」から「風の方向がかはつた」 合わせた曲は スメタナ作曲 交響詩 わが祖国から第1曲ヴィシェフラド(高い城) です。 開始50秒当たりの、ホルンが入る直前から始めると 「風の方向がすつかりかはつた」の辺りで 春らしいうららかな木管の色合いに変 ...すべて表示すべて表示


ブログリンク

更新

yumeko

初夏のような

ご訪問ありがとうございます 「きらクラ」とピアノのブログです・                      

BWV1000番の気まクラ&きらクラ!記録

山の空気

蔵原伸二郎の「五月の雉」がお題でした。 山というと、イメージはシベリウスです。 先週の「メンバー紹介」(カレリア)と、今週の「ココ好きクラ...

徳島エンゲル楽団カクさんのブログ

トリガー?

明日からいよいよ新年度スタートです。個人的なブログ記事を書く時間があるかどうか予測できないので、今のうちに書きたいことを急いで書いておきます。 ...

備忘録…、なの?

孵化の時期

五月の雉・・・え?鳥?旅行中でしたが無視できず、ネットカフェに飛び込みましたとさ。因みにコウノトリやミサゴは孵化シーズンです、どーでもいい?鳥ブログ ...


.


みんなの更新記事