全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

「Run Away」   Bon Jovi

1984年、高校3年の初夏、我々は大変に興奮していた。


8月に東京・大阪他で「スーパー・ロック・フェスティバル '84」なるものが開催され、ホワイト・スネイ

ク、マイケル・シェンカー・グループにドイツのスコーピオンズ、(どうでもええけど)カナダのアンヴ

ィルが来日するとのニュースを耳にしたからだ。


アンヴィル以外は当時、聴きまくっていたし、こんなスーパーグループが一堂に会する事など、これが最

初で最後だろうと思った。


更に私を興奮させたのは前年の秋にアメリカで 「C'mon Feel The Noise」を大ヒットさせたクワイエッ

ト・ライオットも来日メンバーに加わった事だ。


マイケル・シェンカー、ホワイト・スネイクは日本やイギリスでは当時、絶大な人気があったものの、ア

メリカでの人気はイマイチだった。

そんな2つのバンドと共に今やアメリカでビッグスターとなったクワイエット・ライオットが日本へやっ

て来るという。

当日を楽しみにして、来る日も来る日もチケットを眺めたものだ。



フェスまで1ヶ月を切ったある日、「クワイエット・ライオット来日中止!」というニュースは我々を大

いに失望させた。

「代わりにボン・ジョヴィという新人バンドが来るらしい・・・」

「ボン・ジョヴィ? 誰やそれ?」と皆が言った。



それから3年後の1987年、結局クワイエット・ライオットはあの1曲のみで人気はガタ落ち。日本公

演でも2000人収容の小さなホールでさえガラガラだったらしい・・・

ホワイト・スネイクはアメリカにおいて 「Here I Go Again」「Is This Love?」とヒット曲を連発。

そして、ボン・ジョヴィは・・・87年から20年以上経った今でも・・・

まさか、ここまで大物になるとは・・・



(↓)ボン・ジョヴィ1984年のデビュー曲のビデオから。 皆、若い!
Run away by Bon Jovi
http://v.youku.com/v_show/id_XMTQyNTI0OTQ0.html

社会主義好 ♪

先日、中国人の友人と食事をした後、ほろ酔い気分で、「社会主義 好〜♪ 社会主義 好〜♪」と口ず

さんでいたら、その中国人が 「今の中国って社会主義なんか?」と訊いてきた。


社会主義って何やねん?

今、中国は相続税がないから金持ちは金持ちのまんま。

一方、日本では「平等と公平」を謳い3,4代で(遺産が)ゼロになるように国が没収。

「●●手当」などの類でも刑務所で服役中の者にも、「平等かつ公平」に分配されるモノまであった。


これでは、どっちがどっちか分からん。

「今の中国は社会主義では、ないのかも知れへんなぁ。よう分からんけど・・」と曖昧に答えておいた。


小学校の時に先生が 「ソ連には物乞いや路上生活者はいないんだよ。 何故? ソ連は社会主義の国だ

からだよ。」というのを聞いて、「へぇーっ! ソ連って凄〜い! よう分からんけど、社会主義って凄

〜い!!」って思った。


中国に来て以来、物乞いを目にしない日はない。

しゃあから、社会主義っていったい何やねんっ!?


(↓)紅色歌曲 「社会主義好」
http://v.youku.com/v_show/id_XMjE0NzA1NDI0.html

中国へ来て間もない頃、「『后來』っていい曲だね。」と中国人の知り合いに言うと、「あれは元々、日

本の曲なんだよ。」と教えてくれた。


以前、音楽雑誌でモトリー・クルーのニッキ―・シックスが、「人間はたとえ後から出来たヴァージョン

が優れていたとしても、聞き慣れた方を良いと感じるもんだ。」と語っていたが、私も「后來」は中国語

のを先に知ったので、オリジナルの日本語を聴いた時は少し違和感があった。



(↓)「后來」 劉 若英
http://v.youku.com/v_show/id_XMjEyMzA1MjQ0.html

私は中学生の時、ビートルズを聴きベースを始めた。

高校に入った頃はNWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)の真っただ中で、私もバンドなど

組んで、ジューダス・プリーストやドイツのスコーピオンズの曲をプレーする事になる。


当時はギターヒーローの時代だったが、アイアン・メイデンはNWOBHMの代表的存在で、中心メンバ

ーであり、ベースプレーヤーのスティーヴ・ハリスはとても人気があった。

バンドでアイアン・メイデンの曲を演る事はなかったが、個人的にメイデンの曲は良く練習した。

来る日も来る日も。試験中も。熱心に熱心に腱鞘炎になるまで。

あの情熱の少しでも勉強の方に回せば、今頃はもう少しまともな大人になってたのだろうか?



(↓)動画は1985年のライヴから。

Aces High by Iron Maiden
http://v.youku.com/v_show/id_XOTQwMjQwNDg=.html

天津の秋は美しい。本当に美しい。

今週に入り急激に気温が下がり、あの暑かった夏は実感を伴わない記憶として、遠くに押しやられた。



この美しく悲しい季節、馬場道周辺を歩く時、私の頭の中には、いつもゲイリー・ムーアの旋律が流れて

いる。





(↓)The Loner by Gary Moore
http://v.youku.com/v_show/id_XNDMyOTQ1MzI=.html

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事