日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

 先日、WBC中国代表メンバーに選ばれたある3人の投手と一緒に食事をする機会を得た。

その中の2人は、20歳と23歳で今回初めてWBCに参戦した。ここ1年以上、ずっと代表メンバーに名を連ねているが、やはりWBCは特別なものらしい。
4年後をとても楽しみにしており、「次も代表のユニフォームが着れるように努力する」と口を揃えた。

残る1人は35歳。3度目のWBC参戦。日本戦とブラジル戦にリリーフ登板。2試合とも『完璧』と言って良い投球内容で、ブラジル戦では勝利投手となった。

2008年北京五輪では、中国オリンピック初勝利となった台湾戦で、彼は勝利投手になり、中国野球の歴史に名を刻んだ。

日本のプロ野球創成期に活躍した、沢村栄治や景浦将の名前が語り継がれているように、中国に野球がある限り、彼の名前は永遠に語り継がれるであろう。

その彼に4年後の目標を尋ねると、「今シーズンが終われば引退する」。

まだ35歳。日本戦やブラジル戦のピッチングを見れば、まだまだ彼の力が必要なのは誰の目にも明らかだ。

「中日ドラゴンズの山本昌は、今年48歳だけどまだ続けるよ」と私が言うと、「日本と中国では環境が違う」。

オリンピック種目からも外れ、リーグ戦も休止したままであり、このまま続けるのが不安である。だから元気なうちに次の仕事を探したい、との事である。
「もし私がサッカーやバスケットボールの選手だったら、1年でも長く現役が続けられるように努力するだろう。中国では野球を取り巻く環境が悪すぎる」とも語った。

中国では野球は信じられない位マイナーなスポーツである。私は中国に来てから重量挙げやビリヤードのテレビ中継は何度も見たことがある。その他、NBAに中国内のバスケットボール、ヨーロッパや中国内のサッカー、スペインの闘牛、アメリカのプロレスやボクシングなどは何度もテレビで観たが、野球は2009年のWBC決勝が翌日に録画のダイジェストで放送されたのを観ただけである。

中国では野球が余りにもマイナーなので、彼は将来にかなり不安を感じているようだ。

彼の引退は間違いなく、中国の、アジアの損失である。
しかし、「そんな事、言わないで、もう一度頑張って」とは、どうしても言えなかった…

離日のご挨拶

今回も当ブログへの沢山のご訪問有難う御座いました。

つい先ほど関空へ到着し、5時前の飛行機で中国へ戻ります。

次回の来日は未定ですが、是非また今回のように皆様と楽しい時間を共有出来ればと考えております。

では、行って参ります。


二〇一二年農暦一月初三

ウマ

初詣

昨日の夕方は本当に落ち着かなかった。

「天津では今頃・・・」って考えるから、ソワソワしていた。


少しでも春節の雰囲気を味わいたく、神戸は南京町の春節祭に行こうと電車に乗ったが神戸まで行くのが

面倒になり一駅で電車を降り、中華屋でビールとチューハイを飲んで帰って来た。


帰りにバスを2停留所前で降りた。

20年くらい初詣に行ってないことを思い出したからだ。

そこには鎌倉時代に建てられた小さな神社とお寺がある。

23日に参拝して、これを初詣と呼ぶことがセーフかアウトかは分からない。


キリスト教を日本に広めたといわれているフランシスコ・ザビエルは日本のことを「神のいない国」とい

ったそうな。


私は無宗教であり、ザビエルの言い分に肯ける部分も多々ある。

でも(新興宗教は置いといて)中国人よりは神の概念を持った人が多いような気がするが・・・

生日快楽!

この30年間、「尊敬する人は?」と訊かれたら、迷わず「KISSのポール・スタンレー!」と答えていた。

そのポール・スタンレーも本日、還暦を迎えました。

今でも、相変わらず厚底ブーツでロックンロールしてます。

いつか中国でも最高のステージを見せてくれ!

God Gave Rock’n’Roll To You & Us!

Happy Birthday To Paul!

みやこ蕎麦

念願の立ち食いそばへ行きました。

長いこと食べてないから、頭の中で美化し過ぎていたようです。

今から飲み会やのに、余計なことした・・・・

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事