Kahoneyと空と海とご飯と

相方の転勤でバンコクで暮らしています。

全体表示

[ リスト ]

さて、パタヤの旅。お昼ごはんに向かいます。 (【1】はこちら
 
 
 
パタヤのスクムビット通りをひたすら南下。
 
 
向かっているのは海沿いのレストランです。
 
なんでも相方が少々仕事で使っていたようで
ここは絶対に行こうと勧めてくれたのです。
 
 
そりゃ是非とも ( ゚∀゚ )v
 
 
 
話を聞く分にはとてもステキなんですが
どうやら場所が非常に難解なところにあるようで
 
相方の運転手さんの運転で行った時も
迷いに迷ってたどり着いたそうです。
 
 
 
実際、この日は相方の運転で自力で行くので
事前の調べもかなりしまくりました。
 
店のHPは英語もあるのに地図はタイ語。
Kahoneyは読めるので何とかなりましたが
 
タイ人の作る地図と案内ですからね! ( ゚∀゚ )
 
距離感ムチャクチャな地図が掲載されていますwww
 
 
 
なので、いつもなら詳細な道案内を書くところですが
 
今回は自分で調べて行ける
タイに慣れた実力派の方にお勧めします。
 
 
おぼろげなまま行くとちょっと危ない (´・ω・`)
 
 
スクムビット通りから入って行く場所も難解なら(説明のしようが…w)
 
その途中は街路灯ひとつない雑木林。
バンコクのように流しのタクシーも走っていないところで
住所はサッタヒープ。もはやパタヤでもないw
 
 
自前の車など帰りの足が確実に確保できて、
迷った時に店の人にタイ語か英語で聞ける方、
地図を見ながらタイ人の運転手に指示できる方は是非どうぞ。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、これがスクムビット通りから入って行く道。 海まで真っ直ぐ。
 
 
海に突き当たるところまで走ると
唐突にレストランが現れます。
 
2軒あるうちの左手側が目的地。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『THE GLASS HOUSE』
 
 
駐車場は結構な高級車で埋まっていますよ。
半分以上はバンコクナンバーです。
 
なるほど、そういう客層なんだ。
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
店の奥に行くと広々としています。
 
新しいお店ではないようですが
洋風の海の家といった雰囲気でステキですね。
 
 
ここへ来るまでも少し雨がパラついていました。
乾季だというのに今年はよく雨が降ります。
 
タイにはこういったオープンスタイルのレストランが多いのですが
降雨時はパラソルや屋根のある席に一斉に大移動します。
 
Kahoneyたちが到着した時も降った後だったので
屋外の席はガランと片付けられていて
お客さんはみんな屋根の下にいました。
 
 
 
本当に広い店で、昼時のピークは大分過ぎていたので
予約なしでしたが、「お好きな席へどうぞ」と案内されました。
 
 
空模様はまだ怪しかったので
ビーチに面して一段高くなった屋根のあるテラス席に。
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
嗚呼、普段のKahoneyなら
メニューも見ずに「ビール!」というシチュエーションですが
さすがにアルコールは飲みませんよ (´∀`)
 
相方も運転手なのでマナオソーダを。
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
スタッフが乾いてきた屋外席に
クッション類を戻す作業をしています。
 
 
あとから来たお客さんは
次々にビーチの席を陣取って行きますね。
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドラマかCMの撮影でもできそうな雰囲気。
 
 
ドス黒い煩悩でゆがんだパタヤ中心部の
汚れて臭いビーチと続いているというのに
 
まるで別のアイランドリゾートに来たかのような光景です (´∀`)
 
 
同じタイ湾の中にあるので
この言い方は変かも知れませんが
 
なんとなく「パタヤの外海」って感じです。
 
相方はしきりに、「遠州灘」と言っていましたwww
 
 
 
さて注文、注文。
 
 
ラインアップは洋食、タイ料理がメイン。
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野菜を食べないといけないKahoney。 
 
「パット・パク・ルアムミット」
 
野菜色々炒めですが、薄味で美味しかったですよ ( ゚∀゚ )
オイスターソースは甘いので控えめ推奨ですが
ここのは大丈夫でしょう。
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは相方が頼んだ
 
「 ヘット・パッ・ポン・カリー」
 
「ヘット」はキノコ、「ポン・カリー」はカレー粉
キノコのカレー炒めです。
 
蟹や海老は入っておりませんw
 
 
あっさりと食べ易くて気に入りました
家でやるならキノコってのも手だなあ。
 
 
そういえば、あとで医師が言うには
これは油と砂糖たっぷりなので
血糖値的にはアウトだったようです (´∀`)
 
 
確かにこの後計測したら、血糖値は上がっていました。
 
油だけなら問題ないんですが。
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「トート・マン・グン」
 
海老のすり身揚げです。
 
 
タイ料理の代表的なメニューですが
最近では滅多に頼まなくなった代物です。
 
しかし、海沿いのシーフードレストランは別。
プリプリの獲れたて海老を使って作るので
劇的に旨いです !!(゚∀゚≡゚∀゚)!!
 
タレも店のオリジナルなのか凄く美味しかった!
 
衣が付いているので
医者がNGを出しそうですが
もうこれは許して!
 
 
ライスも頼みましたが半分だけねw
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
空と海の色はイマイチですが
それでも癒される光景です。
 
 
空と海とごはんとで、まさにKahoneyのブログタイトル通り!
 
 
ちなみに、このブログのプロフィール写真は
シラチャーの「ムム・アロイ」というレストランのごはん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
海を眺めていたら、遠くの方の海上が雨で煙ってきました。
 
辺りも少し薄暗くなってきて
こりゃしばらくしたら再び降ってくるなという状況で
店のスタッフが一斉に屋外の片付けを始めました。
 
お客さんを屋内に誘導し、
クッション類を手際よく屋内にしまったり
ビニールシートをかぶせたりして格納。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのまま海を見ていたら
手漕ぎボートが波打ち際までキコキコ漕いで来て
見事な手さばきで網を打っていきます。
 
何が獲れるんんだろう?
 
 
聞くと、この辺りの海は
そんなに遠浅ではないらしく
急に深くなるので気を付けた方が良いようです。
 
 
お客さんの男の子が
おじさんが網を打つ様子をじっと見ています。
 
 
こーゆーの、Kahoneyも見に行きたいです (´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さあ、盛大なスコールがやって来ました。
 
Kahoneyたちがいたテラス席も
スタッフが窓を閉めに走ってきました。
 
 
本当に今年の乾季はちょっと異常ですね。
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エアコンの無い席ですが少し肌寒くなったので
温かいカフェラテを追加してもうしばらく店にいることに。
 
 
この後はホテルにチェックインするだけなので
ノンビリして行きましょう。
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ビーチに落ちたごはんを摘まんでいた
雀の群れも雨宿りです。
 
雨宿りになっているのか? (´∀`)カワユス
 
 
雨が止んだところでお会計して帰りましょう。
パタヤから大分外れたローカルな場所ですが
 
お値段はそれなりに (´∀`)ボーン!
 
でも美味しくて、接客もとても感じよかったので
タイ人ハイソに好まれるのがよく分かるお店でしたね。
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バーカウンターはこんな感じ。
 
白人客もチラホラいますが
ここいらの住人と思われます。
 
いわゆる団体観光客は全然いません。
値段もそれなりにしますし
場所がとんでもなさ過ぎるので連れて来られないでしょう。
 
 
全体的に店も客も品の良いイイ店でした!
 
 
 
折角来たので、ちょっと周囲も見学て行きましょう。
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こちらはお隣のお店のビーチ席。
 
 
スゴイですね、こちらもリゾート感たっぷり!
 
ビーチは砂の感じから
人工的に砂を入れて整備した感じもしますが
よく手入れされています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まあ、よく見ちゃうと
ビール瓶の王冠とかタバコとか落ちているんですけどね。
 
時折横切るビキニ姿の白人の老夫婦とか。
色んな意味でスゴイよねw
 
日本人にはちょっとマネできないわ。
いや、早くあの次元に辿り着きたい。
 
 
それでもパタヤ中心部の汚ビーチに比べたら素晴しく綺麗。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
沖の方でまだ雨が降っています。
 
その様子を撮ろうとしたら
グデーっと寝ていた野良ワンコがなぜか「キリッ!」
 
 
 
さて、スクムビット通りに戻ってホテルを目指しましょう。
 
 
サッタヒープのレストランからスクムビット通りを北上し
パタヤ市内に戻ってきますよ。
 
「テスコロータス」と「アウトレットモール」のある
信号交差点を左折。 ここは分かり易い。
 
そしてひたすら道なりに真っ直ぐ。
信号のある三叉路まで真っ直ぐ。
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらの信号交差点まで来たら右折ですよ。
 
曲がったら左手側に注意。
道が少し右にカーブして行った先に
また信号があるのでここを左折。
 
緩やかな登りの道を道なりに登って行き
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この、プラタムナック5という角を左折。
 
角には セブンイレブンかファミリーマートか
コンビニがあった気がします。
 
 
曲がったらまたひたすら直進。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プラタムナック5を海まで真っ直ぐ来ると
海に出る少し手前にセブンイレブンがあります。
 
ここを右に曲がると、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらが今回のお宿。
 
 
『Centara Grand Phratamnak Pattaya』 
 
 
駐車場が少ないことは
ネットで見て把握していましたが
 
まさかホテルの前に路上駐車になるとは!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ新しいホテルのようで
オープンして2〜3年?いや、もっと浅いかも。
 
 
日本人をほとんど見かけないプラタムナックなので
ロビーにいるお客さんも白人が圧倒的に多いですね。
 
歓楽街のある辺りからも離れていて
ホテル内も周辺もとても静か。
 
 
チェックインカウンターのスタッフは半分ロシア人です (´∀`)
 
 
対応してくれたターニャさん。
とっても分かり易い英語で助かりましたw
 
満室と思っていましたが
なんとファミリースイートにアップグレードしてもらえ
 
部屋の設備の案内もターニャさんがしてくれましたが
丁寧で細かくて素晴しい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらリビング。
 
ソファが異様にでかく、遠近感が可笑しいですw
タイ人の女の子なら4人は軽く座れる二人掛けのソファ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新しいホテルなのでピカピカ。
掃除も行き届いています。Wi-Fiもフリー。
 
古めのホテルが好きなKahoney家としては
珍しい選択ですな。 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちら隣りの寝室。
 
キングサイズのベッドの高さが結構あって
腰掛けると足がプランプランしちゃいますwww
 
嗚呼、シーツに顔をゴシゴシしながら寝たい!
 
 
窓からの眺めはお世辞にもよくありません。
もともと9階建てのホテルで見晴らしがよくなく
 
海との間にタウンハウスがあるので
泊った5階の部屋では海は屋根の間からチラッ。
 
角部屋なのでとても明るいのが救いですな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元々予約していた部屋は
ここの半分の広さの部屋で
お風呂もバスタブなしのシャワーだけ。
 
我が家はそれで十分だったのですが
アップグレードした部屋にはジャグジー付きのバスタブが!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バスアメニティーはびっくりの充実ぶり。
 
このクラスのホテルになるとタイでも歯ブラシが付いています。
シャンプーなどは「HARNN」です !!(゚∀゚≡゚∀゚)!!
 
すぐに蓋を開けてスンスンしちゃうオバちゃんぶり。
 
 
しかしホテルオリジナルのクリームや石鹸が
一番素晴らしかった!これ売ってないかな?
 
帰りに持ち帰り決定。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
繁華街から大いに外れているので
長く滞在して引きこもる人も多いんでしょう。
 
冷蔵庫が普通にでっかいです。
電子レンジも付いております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのエスプレッソ用のポッド。
 
2個まで無料で好きな味を選べます。
ありがたいことに白人の多いホテルは
ちゃんと部屋置きのコーヒーにもDECAFEがありますね。
 
ティーバッグの方も、ノンカフェインあり。 
 
 
 
ちょっとお茶でも入れてゆっくりしましょう。
 
 
ファミリースイートには 子供部屋もあるのですが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あっれ?
 
気が付くと相方は子供サイズの2段ベッドに収まってすでに爆睡。
 
いやいや、大きなベッドで寝ればいいのに (´∀`)
 
 
どうも相方は、
こういう子供サイズの狭いところが好きで
2段ベッドに憧れている節があり
 
頭を打ちそうな様子ですが
本人は至って快適だったようです。
 
朝から1日運転して疲れていたようです。
そのまま放って置いてKahoneyはゴソゴソ、
部屋とホテル内の探検を続けます。
 
 
日が暮れてからも遅い昼食は胃にもたれ
全然お腹が空かないので
 
目を覚ました相方は最上階のフィットネスへ。
 
 
その隙にお風呂に入っちゃえ、と
ジャグジーのスイッチを入れたら止まらなくなり
 
 
しばらく往生こきました ( -ω-)ゼーゼー
 
 
スタッフを呼ぶのも面倒で(素っ裸だし)
結局、入口のドア横に刺さっている
電源用のキーカードを抜いて
 
部屋の電源を丸ごと落として止めてやりました 。・゚・(ノε`)・゚・。
 
 
おかげで乾燥した室内は適度な湿度に… ううう。
 
 
 
そして相方が戻って来た頃にようやく小腹が空いて来たかしら?
 
 
 
このホテルの立地。
 
一応決まった時間に市街地まで
ホテルのシャトルが出るのですが
困るのは帰ってくるときの足。
 
 
ウォーキングストリートの端っこからでも
2〜3kmはあるかしらん?
 
さすがに今はその距離を歩けないし、
(パタヤはアップダウンもけっこうある)
土地勘のないところを夜遅くに歩くのもねえ。
 
 
まだ新しいホテルのせいかタクシーの認知度が低く
近くに目印になるホテルもショッピングモールもないので
 
市街地でソンテオかタクシーをチャーターして
割高の値段で説明しながら帰ってくることになりそう。
 
 
 
日中、動物園をガシガシ歩いて来て
もう歩きたくないなー、もうホテルの中ですまそっか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
暗くなったらホテルの吹き抜けの照明がブルーになってた!
 
 
このホテルはそこかしこに海をモチーフにしたものがあって
ロビーにも大きな水槽がいくつもあります。
 
この照明はクラゲかな?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最上階のイタリアンレストラン 『RUFFIONO』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんだかムーディーな雰囲気 (´∀`)
 
Kahoneyにとっては薄暗くて足元要注意!
 
 
お客さんは白人グループがひと組。
 
ここはルーフトップのプールとつながっていて
プールサイドのラウンジにはもう少し人がいるようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小さなレストランですが、派手なワインセラーが (´∀`)
 
 
店に入ったのが22時ごろだったかしらん?
 
 
遅めなのに飲みではなく
しっかり料理を頼もうとしたら
 
男の子のスタッフが「今からですか?」って反応。
分からないと思ったのかタイ語でブツブツ。
 
 
店開いてるのにダメな訳? ( -ω-)アアン?
 
悪いけど早く帰りたいあなたの
愚痴はすべて聞こえてんのよ! ( ゚∀゚ )ケケケ
 
 
オーダーストップでもないのにねえ。
 
無視してスープから頼んでやったぜ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらプールサイド。
 
待っている間に探検です。
 
実は白人カップルが数組いて
闇にまぎれてイチャコラしています。
 
 
その間を跳ね回る、白人のチビッコw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらくして料理がやってきました。
 
こちらはKahoneyが頼んだ
マッシュルームのスープ。
ホタテの貝柱のソテーと泡立てた卵白が添えてあります。
 
んー、旨い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは相方が頼んだえんどう豆のポタージュ。
 
美味しかったらしく、見た目も可愛らしい。
見た目シンプルですが丁寧な味がしたそうです。 
 
 
厨房には白人のシェフがいましたが
ちゃんとイタリア人のシェフのようです。
 
スープのオーダーをイチから作るのに手間がかかるのか。
 
 
これからスタートすると
パスタに至るまでに結構時間がかかっちゃうから
嫌だったわけね、あのスタッフ (´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルッコラとアーティチョークのサラダ。
 
イタリアンは炭水化物の多いメニューが多いのですが
必ずサラダのメニューがいくつかあるから救われます。
 
ドレッシングも美味しかったw
 
 

 
イメージ 16


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胡桃がたっぷり乗ったニョッキ
 
相方瞬食の一品。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Kahoneyはパスタは食べちゃダメ食材なので
他の料理にしようかと思いましたが
 
パスタの中にちゃんと全粒粉のフェットチーネがあったので
迷わずお願いしました (´∀`)ヨカッター!
 
ソースはお肉たっぷりのボロネーゼ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゆっくり頂きましたw
 
スタッフ(一人だけですが)が感じ悪くていけませんが
お料理はとても良かったです。
 
このホテルがもっと近くにあったら
ちょくちょく通いたいような好みの味でした。
 
 
早く帰りたいフロアスタッフをよそにに
シェフは丁寧な仕事をする人だったようですね。
 
 
また来られるならワインが飲める時期に来たいなあ (´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
店内の水槽にフヨフヨ浮かぶクラゲたち。
 
 
満腹も手伝って、見ていたら睡魔が襲ってくる〜
 
 
部屋に戻ってすぐに寝てしまいたいところですが
2時間後に血糖値を測らないといけないので
頑張って起きていないといけません ( -ω-)ムーン
 
 
相方はよほど気に入ったのか
再び子供用の2段ベッドで速攻寝てしまいました。
 
 
 
Kahoneyは普段やらないパックやクリームで
顔や全身をお手入れしまくって付け焼き刃の時間つぶし。
 
 
血糖値は全粒粉とはいえパスタがあったので
少し高めにはなりましたがまあ許容範囲。
 
量が少な目だったのが良かったかな?
 
 
早起きして散歩もしたいので
広々ベットでおやすみなさーい。
 
 
 
【3】につづく。
 
 
 
【ランキングに参加してます、気が向いたらポチっとな】

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

タイのよさ気なホテルは良さげなレストランが入ってますよね。
味もいいとこ多いし。

2014/12/30(火) 午後 3:45 Hawaii 25 返信する

>Hawaii 25さん
このお店は美味しい正統派イタリアンが少ないパタヤでかなり人気のお店なんだそうです。
タイは何かしら美味しいものがあるので助かります(^o^)

2014/12/31(水) 午後 9:38 Kahoney 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事