ここから本文です
Time Tripper Blog
Here We Go Again

雨の蒸気エンジン

 
本日は雨降りなんで部屋にこもって蒸気エンジンで遊んでいました。
こういうのが好きなんです。

Model Steam Engine スチームエンジンの模型
https://youtu.be/q6_STIVQQVU


製作途中で発酵工程中のタグボートに乗せてみました。
こういう方向性はアリかもしれません。

イメージ 1

最近、段々とこっちの世界に傾きつつあります。
危ない予感はしてるのですが・・・

Der Nordsee - Inselversorger "BORKUM" (Teil 2)
https://youtu.be/xrSAFpmstlY


船舶模型は模型道としては伝統的な王道ですが、まともに入信すると100万円単位に出費がかかる危険な世界です。
そこをほぼゼロ円で裏口入門する方法を模索中です。

この記事に

開くトラックバック(0)

 
納屋のシップヤードでコツコツと操舵システムを作っていました。
よくあるタイプのロープを使った仕組みですが、四角に滑車があってロープがスムーズに動作する仕組みになっています。

イメージ 1

ロープの一箇所にタイヤチューブを入れてテンションをかけています。
これでロープが滑ることなく操舵ができます。

イメージ 2

操舵輪(ハンドル)は木製の皿です。
割れて捨てられていたものを接着して再生しました。
サイズ的にもピッタリです。

イメージ 3

発想はこの蛇口のジョイントがヒントでした。
しっかりハマってしてグルグル回ります。

イメージ 4

出力パイプを直接回転させるので、うまく行けば360度自由に動けるはずです。

イメージ 5

問題はパイプの内径が16mmの塩ビパイプになっています。
ジョイントの部分はさらに細く内径は8mmです。
元々は1インチのアウトプットなのでこの細さがどう影響するか?・・・

それではテストです。

Homemade Mini Tug Boat Test3 ミニ・タグボートの走行テスト
https://youtu.be/L1hhRWbzLz0


結果はご覧の通りの惨敗です。

Take 1
出力が全く足りていません。ほとんど進まず終了!
細いパイプを通ることでパワーが激減しているようです。
出力が水中なので水圧の関係でさらにパワーが落ちるようです。

Take 2
出力パイプを水面に上げて出力状態を確認しました。
このパワーでは進まないのも納得です。

Take 3
出力パイプを外してホースを手で持ってみました。
パイプのパワーロスが少ない分そこそこパワーを感じますが、まだまだパワー不足です。


今回はどうしようもない構造的な欠陥です。
元々1インチの出力を8mmまで絞っているので抵抗が大きいようです。
もう少し出力パイプを太くする必要があるようです。

エンジンルームも排気熱がこもってオーバーヒートしそうです。
根本的に構造の見直しが必要な感じです。

次回またリベンジです。

この記事に

開くトラックバック(0)

今朝の畑の様子


どんよりとした空模様で風もなくムシムシと暑い!
風があれば救われるが、無風状態・・

そんな梅雨っぽい時期の畑の様子です。


勝手に自生したゴウヤが元気です。
邪魔なので隅に植え替えましたが大きくなる気満々です。

イメージ 1

大木になったので切り倒したイチジクですが、ゾンビのように復活した今年もやる気なってます。イチジクは雑草より強いです。

イメージ 2

あちこちにダイコンが群生しています。
落ちた種から育ったのでしょうが、このまま間引き菜としていたたく方法もあります。

イメージ 3

自生した落花生が花を咲かせました。まだ小さいですが、これから夏になると落花生ジャングルになります。

イメージ 4

ダメかと思っていた島らっきょの先っぽが緑色になってきました。どうやら付いたようです。島らっきょ三昧が楽しみです。

イメージ 5

トウモロコシの雄しべが出だしました。ご近所の生育状況と比べると2周くらい周回遅れですが、焼きトウモロコシになる日を夢に見ています。

イメージ 6

先日の台風並みの嵐で倒れたバナナから小さいのが沢山芽をを出しています。バナナはタケノコのように繁殖していきますが、期待したところに生えてくれず、コントロールが難しいです。

イメージ 7

シシトウも花を付けました。これからの夏の野菜として必須アイテムです。

イメージ 8

キュウリ工場は24時間フル稼働で、毎日1、2本収穫できます。
漬物やサラダに大活躍してくれます。

イメージ 9

茄子も夏の繁忙期に入りました。夏の茄子は皮が硬めなので小茄子の状態で収穫して漬物にするのがいいかもしれません。本番は秋ナスです。

イメージ 10

トマトの実も大きくなってきました。ミニトマトかと思ったらデカトマトでした。

イメージ 11

キウイも数珠なりです。かなり摘果しましたがどうでしょうか?
ゴールデンキウイのほうが実は大きくなって簡単に育ちます。

イメージ 12

おそらくカボチャ?食べて美味しかった種を取っておくのですが、その中から育ったもので何か不明です。美味しいカボチャになればいいのですが・・・

イメージ 13

今年はブドウの当たり年です。巨乳が元気に数珠なりになっています。
このまま育ては秋には巨乳三昧です。w

イメージ 14


この記事に

開くトラックバック(0)

 
カヤックを作っていると布を縫ったりするケースもあるので前々からミシンがほしいと思っていました。色々検討した結果、アマゾンで送料込み249円のミシンを注文しちゃいました。

注文日は2017年6月7日で本日22日に到着しました。
約15日間で届いたことになります。

イメージ 1

イメージ 2

お約束として箱はしっかり潰れていましたが中身は問題無さそうです。
しかも最初っから針に糸が通っています。
これだけでも面倒では?

イメージ 3

早速実験してみましたが、初めて使った一発目から綺麗に縫えました。
これは優れものじゃないでしょうか?

イメージ 4


参考動画です。

中華発送 ハンドミシン。のお話
https://youtu.be/37fNScxpkdk


このミシンは下糸なしの糸1本で縫うタイプなので、最後の糸止の作業が重要になります。上のビデオではその肝心の部分の説明がないので本場の方に説明してもらいます。

D&F 手工縫?套裝 - 手動車衣機?明
https://youtu.be/UytHTT2nI3o


如何でしょうか?
縫い初めの時に糸を布抑えの下に通して糸と布をしっかり押さえながら縫っていけばうまくいくようです。

何よりたった249円で北京から品物が届くのが不思議ですが、これも経済格差なんでしょうか?
今回はアマゾンのアフィリエイで貰ったギフト券で買ったので実質無料でした。
夏の肝試しに一つ注文してみてはどうでしょうか?

もう何かを縫いたくてしょうがない、お裁縫少女になった気分です。w

この記事に

開くトラックバック(0)

みっともない

 
「みっともない」とは「見たくもない」という意味


「総理からいかなる指示もない」萩生田氏が文書内容否定
http://www.asahi.com/articles/ASK6N4J6TK6NULFA00W.html


ズブズブの関係・・・


日本も落ちるところまで落ちたものだ

国会での偽証は法廷偽証罪より重い1年以上10年以下の懲役刑のはずだが?

この記事に

開くトラックバック(0)

  
いよいよテストの日曜日です。
本日は父の日だったようですが、家族からは何の反応もなく、ひとり海で過ごしました。

現場到着!天候はまずまずですが全く風がありません。
海はベタ凪、マリーナにあるナショナルトレーニングセンターからも練習船が出ていません。この風では出艇すら出来ないでしょうね。

イメージ 1

風を待ちしながら淡々と準備をすすめました。
今日は元気に立ってます。w

イメージ 2

お昼前、無風でしたが我慢しきれず出艇しました。
池のようなベタ凪の海はパドリングでスピードも出ます。

イメージ 3

そろそろブームも一息ついたのか?最近SUP族が減ってる気がします。
今日のようなベタ凪の海はSUPに最適なはずですがチラホラしか見かけませんでした。

海上で粘ること約1時間、ほんの少しそよ風が吹きました。
トレーニングセンターからも練習船が出始めました。
では、セイル起動!

イメージ 4

今回はしっかり風をはらんでいます。
微速ですが進み出しました。

イメージ 5

このセイルは風上から風下に走るランニングがメインですが、セイルを支えているロープを調整するとクォータリーや風に対して横に走るアビーム方向にも走ります。タガーボードを付ければ風上にも少し進めるようですが、とにかく風がなくては始まりません。

DIY Kayak Sail 2 手作りセイルとカヤック
https://youtu.be/nWwm0t4S4Tg


すっかりセイルの魅力にハマりました。
もうセイルなしの過去には戻れません。w

今後は装備品として常設したいと思います。
カヤック・セイル楽しいですよ。

この記事に

開くトラックバック(0)

 
関西人ながら、初めてNGK(なんばグランド花月)で吉本を観てきました。
おもろかったです。

イメージ 1

イメージ 2

その後、お食事はステーキ!
もう店構えからして美味しい店でした。(写真なし)
デザートは別室でいただくという凝りようです。(写真なし)

イメージ 3

イメージ 4


と、ここまでの話は前座でして、これからが本題です。
タブレット買っちゃいました。


新品の流れ品です。
Android 6.0のLG製10インチタブレットで、CPUはオクタコア、メモリは2GBとストレージ16GB、画面解像度は1920x1200、ハイレゾ再生対応、バッテリーは7000mAh、カメラは背面前面とも500万画素、GPSにワンセグ/フルセグまで付いています。

お値段的には充電器も付けてもらって、価格.comの最安よりもかなり安かったです。
なにわの商人は頑張ります。(^O^)V

価格.com Qua tab PZ au
http://kakaku.com/item/J0000022144/

この機種はコスパが良くて人気もあるようです。
オクタコアとはコア数8個、まさにオクトパス状態で処理速度もまずまずです。

納屋はWi-Fiも飛んでるので作業時のメディアプレイヤーとして購入しました。
元スマホだと画面が小さ過ぎて全然見えませんからね。
フルセグ付きなので10インチテレビとしても使えます。

ますます納屋生活が充実して終いには寝泊まりしそうです。w

作業は鈍化すること間違い無し!

この記事に

開くトラックバック(0)

 
この空間が好きです。
夜の納屋工房はシップヤードになっています。

イメージ 1

ここに座って夏の虫の声を聞いているだけで癒されます。
そんなことで作業よりボーッとしている時間のほうが長いです。

先週テストしたセイルの改修をやっています。
何度もテストを繰り返してオーソドックな継ぎ手に落ち着きました。

イメージ 2

うまく自立しなかったのは根本の強度が足りなかったのと杖の間隔が広過ぎました。
それとテンション用のゴム紐が弱かったようです。

色々と実験した結果、自転車の廃チューブを細く切ったものが最適でした。
セイルを折り畳んだ状態から離すとパン!と自動的に開くようになりました。
おそらくこれで完璧だと思います。

明日は天気も風もよさそうですが、別件があって実験は日曜日になりそうです。
しかし日曜は風が無さそうですが・・・

イメージ 3

調べてみると、このセイルの発案者がいるそうです。


本当に発明したのか?この写真を見ると疑問ですが・・・

イメージ 4

中国の伝統的な風力を利用した一輪車のようです。
デザイン的には今回のセイルとそっくりです。

How to Downsize a Transport Network: The Chinese Wheelbarrow
http://www.lowtechmagazine.com/2011/12/the-chinese-wheelbarrow.html

しかし、こちらのサイトはカヤックのバイブルとしてオススメです。
カヤックの歴史からテクニックまで下手な専門書より内容が充実していて楽しめます。
英文ですがChromeなら自動翻訳に設定しておくと読みやすいと思います。

Kayarchy - the sea kayaker's online handbook and reference
http://www.kayarchy.com/

セイルの実験台になっているミニタグボートもボチボチ作っています。
こういう小物の細工に時間がかかっています。

イメージ 5

完成するとゴミ化するだけのお遊びです。
出来るだけ早く完成しないようにノンビリ進めます。

この記事に

開くトラックバック(0)

ヤフー終了!

 
ネット企業の草分け的存在のヤフーが23年歴史を閉じるようです。

やっぱりマリッサちゃんはしっかり会社を潰してくれたようです。
子作りだけは頑張っていたようですが・・・
そら−退職金26億+205億円をもらったら会社も売り渡すでしょうね。w

イメージ 1

消える米ヤフー ベライゾンが買収、23年の歴史に幕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN14H0O_U7A610C1000000/


日本にインターネットが繋がって間もなく、仕事の関係でネットを始めました。当時はまだまだ一般の方が簡単に接続できる環境ではありませんでした。ニュースサーバがメインで、そのリンクを辿って数少ないサーバを渡り歩く感じでした。
もちろんHTMLなんて無い時代ですからテキストだけの草の根ネットのようなものです。

しばらくして1ラインずつジワジワと表示される画像を初めて見た時は興奮したものです。同時にインターネットの爆発的普及を確信しました。(爆)

そんな時代にYahooはサーバのアドレスを登録管理するサイトとして立ち上がり人気がありました。アドレスの登録申請を行うと内容の審査が行われて、リンクされるまで相当な日数がかかりましたが、リンクされた時はうれしいものでした。
その当時から「Time Tripper」のハンドルを使っています。

今のところ日本のヤフーは事業を継続するようですが、色々あるサービスがいつまで続くかは不透明です。
特にこのバグだらけで収益性の薄い問題児のブログサービスは真っ先に整理対象にされそうな予感がします。

そんなことで、このブログもいつまで続くかわかりませんが、その日までよろしく!

この記事に

開くトラックバック(0)

 
本日も海でまったりしてました。

今日はお天気もよく大潮だったので浜は潮干狩りの客で賑わっていました。
しかし暑かったー!

そろそろカヤックは危険な気温になってきました。
カヤックって夏が本番だと思ってる方もいるでしょうが、チャリンコと同様に夏はムリです。
山の中での川遊びならOKですが海はダメです。
いくら海風があっても熱がこもってやってられません。
シーカヤックは春と秋がシーズの遊びです。

そんな夏本番が来る前に試しておきたかったセイル・カヤックをやってきました。
今回はシンプルなV型セイルです。

イメージ 1

以前、海で拾ったタープ?とダイソーで買った園芸用の杖2本だけのセイルです。
杖の底に穴を空けて紐をパイプに通して半固定状態にしています。
セイルは杖にインシュロックで固定するだけです。

イメージ的にはこんな感じです。

Pacific action sail on prowler 4.3 & 4.7.
https://youtu.be/xiZpAczQmNQ


セイルを折り畳んで出陣です。

イメージ 2

それではセイルテストを・・・

DIY Kayak Sail 自作のセイルとカヤック
https://youtu.be/r7Utl7ORvNY


んーーーうまく自立しません。
ちょっと大き過ぎたのか?後ろのテンション用ゴム紐が力不足のようです。

このタイプのセイルは風上から風下に進むだけでヨットのように風に向かって進めません。
テストのために何度も風上に移動して風下に流されてを繰り返しましたが、そよ風程度だと大してスピートも出ません。パドルで漕いだほうが全然早く進めます。

まだまだ改善が必要なようです。
来月は海開きで海水客もどっさり来ます。
あと1回行けるでしょうか?

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事