ここから本文です
Time Tripper Blog
Here We Go Again
 
ミニボートの強度アップと防水対策でFRPに初めて挑戦してみました。

FRPとは「Fiber Reinforced Plastics」のことで繊維をプラスチックで固めて強度のある材を作ることですが、今まではあえて避けてきました。

その理由はあのガラス繊維の不気味さです。
以前グライダーを作るのに少し使ってみましたが、非常に細かなガラスの繊維はアスベストを想像して気持ちのよい物ではありませんでした。

ネット調べる限り、アスベストのような悪さはしないということですが、売り手の理屈ですし、本当にそうなのか?疑問もあります。所詮、工業製品なので環境や人体に優しいということは全くないわけで、その点も納得して使う覚悟は必要だと思います。
そんなことでマスクなどで些細な抵抗しつつ使ってみました。

ちなみに、よく木製の寄木細工の船体をFRPで固めた高価なカヤックを見かけますが、あれは木製カヤックではなく木目模様のプラスチック船です。
トラディショナルな作りでもなければ性能的にも特に優れているわけでもありません。
あくまでもレンジで固めたブローチと同じ工芸品レベルです。

イメージ 1

もし本当に強度なりの性能を追求するなら、カーボンやアラミドを貼り込めばいいわけですが、強度的にもチープなグラスファイバーを貼るのは透明になって下の木目模様が透けるからです。伝統的な作りではなく最先端技術のエポキシ樹脂で作った工業製品になります。


実際に使ってみるとエポキシ接着剤と同様に粘度の高い塗料といった感じで、ガラス繊維への含浸(がんしん)と脱泡(だっぽう)の作業は理屈では理解していても非常に難しいものでした。

イメージ 2

硬化時間の調整も難しく、最初に使った時は数時間放置しても全然硬化しませんでした。ダメ元で翌日、日光に当てて温度を上げてやると一気に硬化しました。

イメージ 3

ポリエステル樹脂の主材に添加する硬化剤の量や、気温や湿度など色々な要素が複雑に絡む素材のようで、理屈より経験が重要なようです。

オススメの小道具はダイソーで買ったシリコンのヘラです。
本来は料理用のものだと思いますが、適度な柔軟性があって樹脂を塗るのに便利です。
ヘラに付いた樹脂は硬化後に簡単に取れるので何度でも使えて経済的です。

イメージ 4


匠の息吹を伝える〜"絶対"なき技術の伝承〜 (84)繊維と樹脂が作り出す新たな力〜手積み積層成形〜
https://youtu.be/VfcxiqlzORU


このビデオをバイブルにモチベーションを上げています。
もう一つ、同シリーズで勉強になった参考ビデオです。

匠の息吹を伝える〜"絶対"なき技術の伝承〜 (78)平面を制する 〜精密大物きさげ加工〜
https://youtu.be/t0gg9z4gG3A


最近は3Dプリンタが成長産業だのともてはやされていますが、このままいくと人類の工業技術はどんどん低下してしまうんじゃないかと危惧しています。スマホが当たり前の時代に育ったオコチャマの未来は危ういかもしれません。

以前CNCを自作したことがありますが、当初の目論見では自作したCNCで部品を作ってさらに機能を高めていこうと考えていました。しかし実際やってみると、誤差が誤差を呼んで精度がどんどん低下するばかりでさっぱりでした。
つまり一つ上のクラスを目指すためには人の手で引き上げるしか方法は無いわけです。
CNCを作ってみて、この理屈に気付けたのが唯つの収穫でした。(笑)

本当の最先端技術は人の手でしか作り出せないことを再認識すべきでしょう。
さらにそれを進化させられるはAIや機械じゃなく人しかないのです。

数学の計算式を解くは簡単でも現実の世界では通用しないことは沢山あります。
そんな疑似体験をさせてくれる工作は楽しいものです。

「難しい=楽しい」ですね。

この記事に

開くトラックバック(0)

ミニヨットの方向性

 
毎夜、ミニボートを作りながら頭の中はミニヨットのことを考えています。
彼女とデートしながら別の子のことを考えてる優柔不断なタイプです。w

方向性として3つほど考えられます。

まず基本アプローチとして手堅くキッチリとデカイ模型船を作りる方向です。
おそらく時間もコストもかなりかかると思いますがヨット作りの醍醐味はあるでしょう。
たとえばこんな感じです。

very small homemade Sailboat
https://youtu.be/1nlQwaxI7W8


一見、簡単そうにも見えますが、これだけの工作が出来るのは相当な腕前です。
工作方法や装備品も含めて年単位の時間と費用がかかっていると思います。
完成品は実に安定的で帆走の性能もいいようです。

Boat/yawl for sale
https://youtu.be/76ZQff9XSB4


しかし、このタイプになるとサイズ的にもトレーラーは必須になります。
保管するスペースも必要ですし、積み下ろしは専用の施設が必要でしょう。
現実的には実現性が低いタイプです。

妄想の図案はこんな感じになります。

イメージ 1


2案として、細部のディーティルには拘らず簡素化した船体を作る方法です。
サイズも小型化すれば、時間もかからずコストもそこそこで作れると思います。
しかし性能的にもそこそこで満足度も低くなります。

イメージ 2

どうせすぐに飽きるならこれでも十分かもしれません。
後で装備品を追加してそれらしく仕上げることもできます。
ミニボートと同様に車に乗せられるサイズまでコンパクトにすれば実現性は高いでしょう。

しかし、ミニボートと完全にかぶります。
こんなものを2つも納屋に置いておくのは厳しいかもしれません。


3案として、今作っているバイク用の組み立てカヤックのヨットバージョンを作る方法です。
組み立て式なら船体のサイズは気にせず大型化できます。
軽量でコンパクトに収納できるので後々の面倒もありません。
コスト的にも一番安く作れるので実現性は高いでしょう。

イメージ 3

しかし、ヨットらしい細かな細工や見た目の面白さは追求できません。
あくまでも帆走するための機能のみを追求することになります。

組み立て式の超小型ヨットは市販品ではないので挑戦する価値はあると思いますが、
それだったら今のバイク用カヤックを改造すればいいだけとも言えます。
これ以上ゴミを増やさない最善な方法かもしれません。

イメージ 4

まっ、そんなことを毎夜悩んでいるわけです。
実に平和な初夏の夜です。

蚊が・・・

この記事に

開くトラックバック(0)

 
今週もチョビ監督に叱咤激励されながら頑張りました。

イメージ 1

今回のボート作りで最大の難所を工事してます。
厚さ2.5mmの薄いベニアですが、30cm程の幅に3面をねじ込むのは大変です。

イメージ 2

そのまま曲げると割れそうなので、水で湿らせながらアイロンで蒸して徐々に曲げていきます。納屋に丁度良いステンレスの給水管が転がっていたので、それに巻きつけて錘で固定して一晩癖づけました。

イメージ 3

大体それらしく曲がりました。

イメージ 4

残りの面も同様に癖づけます。

イメージ 5

曲面どおし三面を合わせるは難しいものです。
ここはステッチ&グルー工法で組み立てます。
針金で三面を締めながら形を整えます。

イメージ 6

かなりアバウトですが何とか形になりました。
若干の隙間は次のステップのFRP加工で補強します。

イメージ 7

本来、接着用としてはエポキシ樹脂のほうが強度があるようですが、今回は一般的に入手しやすく安価なポリエステル樹脂を使います。Amazonでガラスマット(104cm×2m)と硬化剤付きで2kg(インパラフィン)で3千円でした。まずは内側から樹脂とマットでFRP加工します。

イメージ 8

固定されたら余分な針金をカットして外側もグラスと樹脂で固めます。
これで強度的には問題はないでしょう。

イメージ 9

愛車と比較するとこんな感じです。
リアの荷台にポン積み出来る予定です。

イメージ 10

立てるとこんな感じです。
ガーデン用の物置にピッタリかも?
コイツの余生が見えた気がします。w

イメージ 11


木造船は水漏れしないための熟練の技が必要です。
スウェーデンの造船職人さんの動画を観ながらモチベーションを上げています。
こういう職人に憧れるます。

Fran vrang till sjosattning
https://youtu.be/6o4Ilg2LICM

この記事に

開くトラックバック(0)

夏っぽい海

 
本日は大潮、風強し!
SUP族全滅!カヤック無理!ウインドサーフィン大暴走!、

イメージ 1

潮干狩り客が殺到してマテガイは乱獲で激減してしまったようです。
夏本番に向けて砂浜を整理中、今なら砂浜に小山があります。

イメージ 2

その小山の上からの眺めです。

今日の浜の宮ビーチ
https://youtu.be/ZGwEcl2N1I4


段々と夏っぽくなってきました。

イメージ 3

この記事に

開くトラックバック(0)

ナスとビワ

 
本年度、初ナスです。

イメージ 1

採れたてを味噌汁でいただきました。

イメージ 2

今年、初めてビワの実がなりました。

イメージ 3

バナナが夏らしくなってきました。

イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

ミニ・ヨットへの道

 
スーパーカブでヨット遊びしてきました。

イメージ 1

イメージ 2

本日の追加部品はリーボードです。
といっても単なる杉板ですが・・・(笑)

イメージ 3

今日は風も穏やかでしたが、リーボードのおかげか?微速ながら走りました。

イメージ 4

イメージ 5

カブで海まで走って、海の上はヨットでスィー
風が超気持ちいいです。

イメージ 6


で、気になってるのがこのミニヨットです。


大型のラジコン・ヨットかと思ったら人が乗るヨットです。


minuet maindenhead
https://youtu.be/UbAf9XbJVvc


まだミニボートも完成していませんが、心は既にミニ・ヨットに釘付けです。
そんなことで書庫も立ち上げてやる気満々です。

この記事に

開くトラックバック(0)

 
ニンニクを収穫しました。
これで今シーズはニンニク・フリーで楽しめます。

イメージ 1

ニンニクにはカツオのたたきとビールが最高です。
たまらん!

イメージ 2

ソラマメ終了しました。
冷凍保存用と来年の種用です。

イメージ 3

この記事に

開くトラックバック(0)

 
地元のウォーキング・イベント「きのくに海南 歩っとウォーク」の24kmコースに参加してきました。


イメージ 1

お天気が良過ぎで暑かったのですが、その前に、この大会は町内会のゆるい仲良しウォーキング会だと思っていたのですが、なんと北は北海道から南は鹿児島まで全国から健脚達が参加する公式の競技大会でした。

スタート同時にえっ?えっ!えっ!とビックリする間もないほどのスートダッシュ!もうウォーキンクじゃなくて競歩レベルです。中には小走りに順位を上げる人もいて、あっという間に先頭集団は消えていきました。普段の2倍以上の速度で歩きましたが全く追い付けませんでした。

イメージ 2

どうやら全国を渡り歩いている組織的軍団も参加するポピュラーな大会だったようです。そんなことでコース設定もキツ目でアップダウンの連続、うっかり手を出したら火傷する大会でした。中学の部活以来のバテようです。

イメージ 3

お楽しみは各チエックポイントのふるまいサービスで、しらす丼やかき氷、フルーツ等など色々盛り沢山でした。サポーターの方々に感謝です。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

しかし、参加者を見ると60才前後の高齢者が多かったようようです。
それと女性、おばちゃんから若いギャルまで皆さんお元気です。

逆に元気が無かったのは若い男子で、ほとんど見かけませんでした。
精子の勢いが弱ってるんでしょうか?
少子化になっているのも納得です。

参加賞はこんな感じでした。

イメージ 9

お風呂のスポンジは最初の受付で渡されました。
スポンジ持って24km歩けというアトラクションです。

よくわかりませんが公式の記録チケットをもらいました。
これを集めるのに全国から参加者が来てるようです。

温泉の割引券と飴玉も付いてました。
飴玉はいいとして、温泉の割引券は850円が650円になるという微妙なお得感?でした。

タイムリーな「疲れフットぶ!」は早速使わせもらいました。
明日歩けるでしょうか?

イメージ 10

毎年この時期に開催してますので健脚自慢の方は是非ご参加ください。
実は明日もやってます。当日参加OK!今からでも間に合いますよ。

この記事に

開くトラックバック(0)

 
このところ夜な夜な納屋に篭っています。

夕食後、チョビとのボール遊びをすませてからコーヒーを持って納屋に直行です。
今夜も作業開始です。

初夜、まずは基礎の切り出しです。
実に簡単な工作ですが、このサイズを決心するまでに物凄く時間がかかりました。
エイヤーと切り出したら段々と楽しくなってきました。

イメージ 1

2日目、作業はそれほど進んでませんが、部品を切り出してそれを眺めているのがなんだか楽しいのです。部品が出来てくるとプラモデル感覚になってきます。

イメージ 2

3日目、ようやく枠を立ち上げました。
エンジンを乗せてコックピットに座るとその気になってきます。

イメージ 3

4日目、ここからが難工事です。
サイズの問題で30cmほどの空間にギュッとベニアをねじ込むデザインになっています。この曲げ加工はかなり無理があるかもしれません。
ということで枠まで完成

イメージ 4

こんな具合に毎夜「夢は夜ひらく」のです。
納屋は癒やしの空間なのです。

藤圭子 圭子の夢は夜ひらく
https://youtu.be/AImrOR_qqSg


この曲、子供の頃に聴いた時エロいと思いましたが、
今聴いてもかなりエロいですね。(笑)

この記事に

開くトラックバック(0)

 
最近、JASRACの行動が目に余るようになってきました。

一般社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC
http://www.jasrac.or.jp/

京大HPに歌詞、JASRAC「使用料が発生」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170519-OYT1T50074.html

ヤマハがJASRAC提訴へ 教室演奏の著作権料巡り
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H3W_W7A510C1CR0000/

美容室のBGM「タダじゃない」 JASRAC、全国で簡裁申し立ての強硬
https://www.j-cast.com/2016/06/09269113.html


著作権とは明確な形を持たない無体財産権ということになっていますが、その中に音楽や絵画、ソフトウェアのようなものが含まれています。

もちろん私が今書いているこの文書も自動的に著作権が発生ています。
今、これを読んでいる方は100万円いただきますと言ってもいいわけです。(笑)

JASRACのやってることはこれと同じことで、
権利を守るということと、横暴に権利を振りかざすことは別問題でしょう。

特に音楽のような過去の歴史や文化に深く立脚たものは、個人だけの創造物ではなく、社会全体としてその価値を共感し形成してきたものです。
著作権は極限定的と考えるべきでしょう。

例えば、音楽にはジャズやロック、演歌やポップといったジャンルがあるように、
ある種の暗黙の手続や手順というルールが存在します。
そのベースに乗っかって、ちょっと符号の位置を変えることが作曲という作業です。

おそらく、サルの時代に棒切れで木を叩いた時にある種のリズムが生まれたはずです。
そのリズムを受け継いで現在の全ての音楽は存在しています。

私も中学時代から音楽活動はやってるので、おそらく今までに数百曲以上の作曲をしていますが、今まで金をくれと言ったことは一度もありません。
「それはあなたがアマチュアだから」と言われるかもしれませんが、著作権上はプロもアマも全く同等です。ただ私は請求しないだけです。
ところが、Youtubeなどのネットの世界では大変なことになっています。

Bamboo Shoots on YAMAHA RM1x
https://youtu.be/irmFdsdapaY
イメージ 1


この曲は私のオリジナルの楽曲ですが、何を勘違いしたのか著作権を振りかざしたヤクザ屋が群がってきます。
聴いたこともない売れない曲でも切り刻めばパターンマッチするようで、たまたまマッチしたと判断されるとビデオ全体を乗っ取ってしまい、ビデオ収益の全てが没収さます。ビデオ映像の著作権を無視して音楽の著作者が全ての乗っ取りできる横暴な仕組みになっています。

しかも、この判断について異議申し立てをしてもYoutubeはなんら関与しない仕組みになっています。さらに異議申し立てをすると相手から一方的にアカウントを削除をされる可能性もあります。つまり言ったもの勝ちのあり得ない不平等な仕組みになっているわけです。

現代の錬金術として、基本的な16ビートとか8ビートを著作権登録すれば寝ていても億万長者になれるかもしれません。実際この手法で荒稼ぎしている業者もいるようです。

よくある話として、街頭でビデオ撮影すると有線なんかの音楽がバックに入り込んで、同じように著作権を乗っ取られることもあります。
こちらとしてはそんな音楽は聞きたくもないし、発信する気も全くないのですが、雑踏の騒音と同じレベルで入り込んできた音楽に代金を支払えと恐喝してくるわけです。

もう音楽は悪徳商法以上のウィルスに近い存在になりつつあるようです。
そのためか最近は商店街でも有線放送を垂れ流すことが減ってきているようです。
街から音楽が消える、残念な仕組みです。

ここまでやってくるなら、
逆に「聴きたくもない音楽を聞かされた、賠償金を払え」と聴きたくない権利を主張してもいいかもしれませんね。

今までこれほど著作権団体が横暴な権利主張することはなかったのですが、問題はICT時代、コンピュータが自動的に音声のパターンチェックをして勝手な判断をするようになってきたことです。チープなAIプログラムがもてはやされる風潮の中で、今後ますますこの問題は加速化するでしょう。

こういう一方的な仕組みは非常に問題があると言えます。
将来的には音楽文化そのものが自滅するんじゃないかと危惧します。

根本的に、著作権のような不労所得に対する正しい価値の基準を持つべきでしょう。
ヒット曲1曲で寝て暮らせるなんてことは社会の仕組みとは全く可笑しいわけです。

ある個人が、全くのゼロから突然発想したものなどこの世に一つもないわけで、一人の人間が生み出す価値の創造は極小さなものです。その分をわきまえて行動することが社会的通念を持った大人としての行動です。それが社会そのだとも言えます。

こんなヤクザ商売がまかり通ることのないよう、正しい社会価値の形成されることを期待したいと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事