ここから本文です
 
出来たてホヤホヤのグリーンランドパドル(Gパ)を持ってテストに行ってきました。
夏は川遊びが一番、海は暑くて無理・・・

イメージ 1

お盆休みで川下は家族連れで賑わっていました。

イメージ 2

このタイプのパドルを使うのは初めてなので、うまく漕げているかわかりませんが、使っている内にコツが掴めました。
Gパはブレードの幅が狭いのですが長さがあるのでうまく使うとかなりスピードも出ます。
心配した強度も問題無さそうで適度なしなりがいい感じです。
とにかく軽くて全然疲れません。

イメージ 3

例えるなら、今までのパドルはスプーンでバターを掬っていたようなもので、Gパはまさにバターナイフそのもの、スッ入ってサッと掬える感じです。

イメージ 4

短所はやはりブレードの長さがポイントで、川の浅瀬で流れが早い所を登るのはちょっと苦手なようです。
元々海を渡るためのパドルだと思うので目的にあった使い方をしなさいということでしょう。

イメージ 5

何より川の水も綺麗で、風が涼しくて気持ちよかったです。

Handmade Greenland Paddle グリーンランドパドルのテスト
https://youtu.be/Z4JdyIKtZqM

この記事に

開くトラックバック(0)

 
カヤックとカヌーはよく混同されますが、構造的にも用途的にも全く違う別の船です。
生い立ちが違うので当然ですが、日本ではカヌーという言葉が先行したのでカヤックもカヌーと呼ばることが多いようですが、クアッドコプターをドローンと呼ぶような間違った言葉の使い方だと思います。

カヌーは胴体も太く高さもあるので片側で漕ぐシングルブレードパドルを使って湖や川を下るのに利用されます。

カヤックはモノコック構造で人が乗るコックピットだけ穴が空いていて、船と体を一体的にフィットさせて乗るので、船の左右両方で漕げるダブルブレードパドルが使えます。効率的に漕げるのでスピードも出て長距離も走れます。密閉式なので波やうねりのある海を渡るのに適した船になります。

今時のパドルはFRPのカーボン製が軽くて高級品とされますが、デザイン的にもトラディショナルなものではありません。伝統的なものとしてグリーンランド地方で使われていた「グリーンランドパドル」と呼ばれる棒切れのようなデザインのパドルがあります。

イメージ 1

ご近所のカヤック屋さんでも沢山の種類を取り扱っているようで、木製のハンドメイド品が2万円程度で販売されているようです。


エスキモーパドルとも呼ばれるようですが、アリュートパドルという少しデザインが違うものもあるようで、サイズやデザインは色々とあるようです。理論や理屈は色々あるのでしようが、要は細長いブレードの部分を平たく削った棒切れです。
簡単に作れそうなので一つ作ってみることにしました。

材料は庭の縁側として作っていたパーゴラデッキを解体した廃材です。


15年ほど風雨に晒された廃材なのであちこちボロボロですが、長さ1100mm、幅は90mm、厚み35mm程の寸法が取れました。
これを厚み30mmから5mmのテーパーを付けて2枚におろして二分割のグリーンランドパドルを作りたいと思います。

適当な工作なので丸ノコで切り裂いた時点でガタガタです。w
途中、錆びて折れたネジが入っていて摘出するのに苦労しました。

イメージ 2

イメージ 3

穴をパテ埋めして割れたところをボンドで補正してからカンナで適当に整形しました。
持ち手部分は300mm、ブレードは800mmとして鉛筆で大まかなデザインを描いてカットします。

イメージ 4

イメージ 5

ここからはカンナとヤスリとサンドペーパーで仕上げます。
削ったりスリスリするのは大好きでなのでバケツ1杯ほど削りました。w

イメージ 6

イメージ 7

指の感覚だけで削りましたが計量してみると左右とも274gでした。
散々グライダーの翼を削った経験が生かされたようです。w

イメージ 8

イメージ 9

先端部分だけグラスを貼り付けて、防水と表面保護のために全体にポリエステル樹脂を塗布しました。

イメージ 10

イメージ 11

問題の接合部分ですが、グラスマットでFRP加工して継ぎ手を作ります。
まず、オス側をほんの少しテーパーに削ってから、離型用にレジ袋を貼り付けます。
さらにその上にクリアファイルをカットしたものを蒔いてから、グラスマットをメス側と一緒に糸で巻きつけて止めます。

イメージ 12

イメージ 13

これに樹脂を流し込んでクリアファイルで海苔巻き状態にします。
タオルで保温して発熱させるとしっかりと固まります。

イメージ 14

イメージ 15

固まったところで抜き取るだけですが、これが途中で引っかかって抜けませんでした。
仕方なく一部に切り込みを入れて無事に離型出来ました。
出来上がった継ぎ手はカチカチで強度も問題無さそうです。

イメージ 16

イメージ 17

オス側を少し修正して切り込みも補修して完成です。

イメージ 18

イメージ 19

完成サイズは214cmで重量は621gでした。
市販品より300gほど軽量で非常に軽いです

イメージ 20

さて、あとはテストするだけです。
楽しみ!

この記事に

開くトラックバック(0)

お盆に見る映画

 
ICBM(大陸間弾道ミサイル)は高度2800km、飛距離5000kmの宇宙空間(高度100km以上)を飛行します。

これに対してPAC3(パトリオットミサイル)の射程は高度15km、距離20kmと通勤範囲くらいでしょうか?
まさにロケットに竹槍状態です。

しかも現状では、いつ発射されたか?どこを飛んでいるのか?どこに落ちたか?もすぐにわからない状態で、Jアラートは今まで故障と事故以外で鳴ったことがありません。

まず当たることはありませんが、これを配備する意味はメンタル的なプラシーボ効果と政治的なイメージ操作でしょうか?
現政権は火の車ですからね。

前回の大戦はなぜ開戦に至ったのか?
今一度、その原因と経緯を勉強しておいてもいいかと思います。
4本立てのドキュメント映画になっています。

第二次世界大戦 第1回 広がる戦火
https://youtu.be/Nk0eOFMm7OQ

第二次世界大戦 第2回 前線と銃後
https://youtu.be/kB-tel-tiWo

第二次世界大戦 第3回 ヨーロッパでの戦い
https://youtu.be/vlVAnIStDBk

第二次世界大戦 第4回太平洋戦争 アメリカ
https://youtu.be/d8xB9Onp6zE

この記事に

開くトラックバック(0)

 
本日より夏季大型連休がスタートしました。
夏の休日はダラダラしがちですが、充実した休日を過ごすためにはスタートダッシュが大切です。

先日より夜な夜な開発していた水力タービンがようやく形になったので早朝よりテストを行いました。
その前に経過報告です。

ザックリと組み上がった状態です。
全てゴミで作っています。w

イメージ 1

イメージ 2

この状態でテストしてみました。

Hydraulic turbine test 1 水力タービンのテスト1
https://youtu.be/WW3F0rfJ3Lc


全くパワーがありません。
問題はタービンに対する出力ノズルがないためで、殆どの水はタービンとハウジングの隙間から漏れていると思われます。

イメージ 3

イメージ 4

水の出口に出力ノズルを付けてみました。
流れ出る水量は減りますが水圧はかなり高くなります。

イメージ 5

イメージ 6

それではテストです。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


Hydraulic turbine test 2 水力タービンのテスト2
https://youtu.be/F6YHGCLOClY


シャッタースピードの関係で止まっているようにも見えますが、扇風機に使えほど相当な速度で回転しています。
しかし水中に入れる一気に減速してしまいます。完全なパワー不足です。

おそらくギアダウンの減速機を入れればそこそこのパワーが出るかもしれませんがロスの塊です。
エンジンでポンプを回して、その水流でタービンを回して、さらにギアダウンで減速して・・・(アホ)
根本的に方向を見直します。

これにて夏休み特別企画は初日に終了しました。
ここにレポートを提出しておきます。(T_T)


ミニボートはすっかり作業台になっています。
でもこの空間が好きなんです。w

イメージ 10



【追加テスト】

突っ込まれる前に追試しておきました。
減速機の代わりにスクリューをオモチャの扇風機の羽根に小型化してみました。

Hydraulic turbine test 3 水力タービンのテスト3
https://youtu.be/DS17ISmWx2I


そこそこの推力はありますが、この程度ならストレートに放水したほうがバワーがありそうです。
これにて水力タービン・アタッチメントは完全終了します。
南無ーー

この記事に

開くトラックバック(0)

先人達の思い

 
「押すなよ!絶対に押すなよ!」とダチョウ倶楽部状態の北朝鮮のボケにトランプはどう突っ込むんでしょうね。

戦後70年、当時の先人達の思いは忘れ去られようとしています。
今の北朝鮮を見ていると70年前の日本とダブります。

当時、日本は中国などへの侵略の制裁として石油などの資源を断たれ、やがて真珠湾への攻撃で戦争に突入しました。

あの北朝鮮の独特なプロパガンダ放送も当時の日本のそれとそっくりです。
まさに今の北朝鮮は追いつめられた70年前の日本のように見えます。

ちょうど今GYAOで大和の特集がされています。



戦況が悪化し資源の乏しい中、豪華一点主義で造られたのが大和ですが、その巨大な主砲は一発たりとも命中することなく、何一つ成果を挙げず特攻で海に沈められる運命でした。

その戦争にとどめを刺したのは原爆です。

オバマも広島に来てレガシー作りに立派な挨拶だけしましたが、
その裏では核兵器に多額の予算を投入し、核兵器禁止条約には反対しました。

安倍は核兵器容認派で、過去にも小型の核爆弾なら日本が保有しても問題ないと発言しています。核兵器禁止条約にサインするはずがありません。
ほんの少し前まで、夫婦二人三脚で安倍晋三記念小学校を作ろうとしていたのですからね。

何事も「考え方」×「熱意」×「能力」と言われますが、
熱意と能力(努力)があっても、考え方が間違っていれば真逆の方向に進みます。

今日本にとって大切なことは、できるかどうかは別にして、その思いを発信することだと思います。

戦後復興に努力してきた先人達の思いは、経済最優先だけじゃなかったかと思います。
残念な国になったものです。

この記事に

開くトラックバック(0)

 
まだ懲りずに水車に拘っています。
水車といっても「Water wheel」じゃなくて「Water turbine」になります。
ダメなのは百も承知ですが、単に水遊びがしたいのです。w

ウォーター・タービンにも色々なタイプがありますが、今回は極単純なこんなイメージです。

イメージ 1

材料は使い古したポリエチレン製のまな板です。
これに型紙を貼り付けて糸鋸旋盤で切り出しました。

イメージ 2

まな板は昔切っていた木製の歯車に比べると節もなく切りやすいです。
タービンの枠とパイプも廃材を組み合わせたものです。

イメージ 3

イメージ 4

軸受の板を切り出している途中で気づきました。
使い古したまな板はかなり掘り込まれいて水平ではありません。
相当変形してますが気にせず続行します。w

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

ここまで出来たところでタービンをテストしてみました。
楽しい水遊びの時間です。ルン♪ルン♪

Water turbine test by Made with chopping board まな板で作ったタービンのテスト
https://youtu.be/RyeC7-7H9bU


ノズルの形状と噴射方向を調整すれば、かなり高速に回転しそうです。
ただ今回の目的はスクリューを回すことです。
おそらくスクリューを付けると相当な抵抗があるので高速に回転はしないと思います。

かなりの部分で調整が必要ですが、これが完成予想図です。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

この企画、そろそろ止め時かもしれませんね。w

イメージ 11


ちなみに、前回のエンジンポンプのテスト動画
只今、ニコ動で炎上中です。w
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31685271

イメージ 12

この記事に

開くトラックバック(0)

粒取り巨乳

 
野生化した巨峰がキウイフルーツとコラボってます。

イメージ 1

無農薬&無肥料の放置プレーなので、売り物のように綺麗に生りませんが、今年も沢山の実をつけました。あくまでも自然体なので房単位の収穫は出来ませんが、粒単位の収穫で何度も楽しめます。

イメージ 2

甘さも十分!冷やして食べると美味しいですよ。

イメージ 3


タイトルに釣られた方、すみません。m(_ _)m

この記事に

開くトラックバック(0)

 
夏休企画としてプラダンで簡単に作れるカヌーを設計してみました。
子供さんとの川遊びにはいいんじゃないかと思います。

イメージ 1

ノーカットでも綺麗なラインが出ました。
バーチ・バーク・カヌーのようなスタイルになります。

イメージ 2

プラダンを2枚を防水テープで接合して、真ん中にもう一枚重ねて二重にすれば大人が乗っても問題ないと思います。

イメージ 3

船縁に角材(50×10mm程度)を付けて強度を出します。
プラダン自体にある程度の強度があるので、突っ張り用の角材を入れれば完成です。

イメージ 4

工作はインシュロックで縛るだけなので数時間で作れると思います。
材料費は3000円程度なので夏休の工作にもピッタリです。

実艇を作ってみたいのですが・・・
これ以上作ると叱られそうなので模型で我慢です。w

この記事に

開くトラックバック(0)

 
日本にもこんな団体があるようです。

日本ソーラー・人力ボート協会
http://jsha.blue.coocan.jp/

ソーラー・人力ボートレース全日本選手権大会(2016年8月27日) 「JLCニュースプラス」
https://youtu.be/72HbFFfxwNk


今年は8月26、27日に愛知県の「勤労青少年水上スポーツセンター」で大会を開催するようです。エントリー費用が相当高めなので近くなら見学に行くんですがねー・・・


一方ソーラーボートのレキュレーションを確認すると、モーター出力等は2馬力(1.5kw)以内のようですが、船体のサイズが6m以内とミニボートの規格を超えています。本来なら船舶の検査が必要なクラスですが、大会の競技会場内では船舶安全法の適用除外としているようです。
ただ、製作中は相当な事前テストも行っているはずですから小型船舶検査機構又は海運局の船検が必要ですが、おそそらく構造的に検査をパスしないと思うので船検は受けていないと思います。そこは自己責任と大会側はノータッチのようですが、コンプライアンス的に自由に作れるミニボート規格内(全長3m=3.3m)にレギュレーションを見直すべきでしょう。


スピードレースということで抵抗の少ない水中翼を持った船も多いようです。
鳥人間コンテストと同様に大学生のチームも沢山参加されているようですが、ビデオを見る限り相当なコストもかかっているようです。

ソーラー&人力ボートレース全日本選手権大会 2016|Maris
https://youtu.be/Pf_zJariJMk



ソーラー&人力ボートレース全日本選手権大会 2015|Maris
https://youtu.be/zwgtMAmOd4E



ソーラー&人力ボートレース全日本選手権大会 2014|Maris
https://youtu.be/SdYk37QGymg


時間とお金に余裕のある方は挑戦してみてはどうでしょうか?
私はどちらもないので細々と水遊びをしたいと思います。w

この記事に

開くトラックバック(0)

 
2年ぶりにムラムラきてペダルボートにリベンジしています。
こっそり書庫も追加しました。

人間の体は足で歩くことを前提に作られています。
腕力よりも脚力のほうが強力で持続力もあります。
ペダル駆動はパドルで漕ぐより合理的なのは言うまでもありません。

しかし問題はどうしても構造が複雑になることで、これが一般的に普及しなかった大きな原因でしょう。脚力を効率的に推進力に変える装置が必要になります。

ペダルエンジン、バージョン2です。

イメージ 1

前回とどこが変ったのか?パッと見た目では分かり辛いと思いますが、色々と細かいところを改善しています。まずチェーンラインを改めて、ドライブジョイントにビニールパイプを入れてみました。ドライブシャフトの軸受も竹から塩ビパイプに変更しています。

イメージ 2

実験艇はいつものバンブーカヤックですが、そろそろあちこち痛みも出てきています。
今回は船底に穴を空けて、スキンにもドライブシャフトを通す穴を空けました。
つまり確実にチンする特攻艇です。w

イメージ 3

船底に穴が開いてるので浮いていられる時間は5分程度です。
その間にテストをしようという無謀な計画です。

イメージ 4

イメージ 5

チンすることが前提なので一応ライフジャケットを付けていますが、元々ずぶ濡れになりたいがための水遊び企画です。
では入水・・・

Homemade pedal boat 自作ペダルボート
https://youtu.be/93xD_yQu_eg


予想どおり、後方はほぼチンしています。w
前回に比べて、若干前に進んでいる感じはしますが、軽快さとは程遠いものでした。
これ以上早く漕ぐと壊れそうです。

根本的な問題は「1:30」の逆ウォームの直交ギアで、直径15cmほどのスクリューを動かすには重過ぎます。もう少し小さなスクリューにすればよいのでしょうが、素直にギア比を変更するが妥当な方法だと思います。

リカンベント式のペダルボートは背もたれに力がかかるので丈夫な船体が必要です。
それと船底から飛び出たスクリューが川底に当てって何度か壊れました。
やはりペダルボートには専用の船体が必要なようです。



今回の実験結果を踏まえて、新たな妄想艇です。

イメージ 6

ペダルボート用にスビートが出るスリムなスタイルになっています。
ベタ底なので安定感もあるかと思います。

イメージ 7

スクリューはジェットポンプ式にして船底に格納しています。
これで底を擦ってもスクリューを痛めることがないでしょう。

イメージ 8

さらに収納性と可搬性を高めるため三分割の折り畳み艇になっています。折り畳むと120×60×60cmのサイズになるので、ハッチバック車にも楽に積めると思います。組み立ては広げるだけなので簡単です。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

材料的にはコンパネ1枚、ベニア2枚で素材を最大限に活用できるよう設計しています。

イメージ 12

問題は喫水線の高さで、このサイズだと浮力があり過ぎてジェットポンプの上限15cmより下になる可能性があります。
それと専用のドライブユニットを作る必要があります。
ペダルの代わりにエンジンを乗せても面白いかもしれません。

本気を出せば2日ほどで作れるくらい簡単な船です。
夏休みの工作に如何でしょうか?

適当に作ってチンするのも楽しいですよ。w

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事