ここから本文です

447円の香港旅行

 
鬱陶しい梅雨時期はアウトドアの活動が出来なくてつい内向きになりますが、そんなタイミングでSteamから誘惑のメールが届きました。

只今サマーセール中!!
なんと香港旅行が85%引きの447円(税込)で行けます。

もちろんバーチャルですが・・・

イメージ 1


5分で解かる、スリーピングドッグス
https://youtu.be/OujVoFLgUeg



このゲームは2012年にリリースされたオープンワールド型のゲームで、香港島をギュッと圧縮したような世界がゲームの舞台となっています。

イメージ 2

GTAなどと比べるとマップの大きさそれ程でもありませんが、香港独特の雰囲気を細かいディテールまでしっかり作り込まれていて2,3日で観光するには広すぎます。
世界的に見ても香港は人口密度が高くて一昔前は九龍城が有名でしたが、そんな活気あるアジアの混沌とした雰囲気が街全体に漂っています。

ゲームを始めると強制的にミッションがスタートしますが、2つほどクリアすると自分のアパートを手に入れて解放されます。アパートから出ると島全体を自由に行動できるようになるので観光旅行に出かけましょう。

イメージ 3

街中の露店やお店などは利用できる店舗もあって、食事をしたり服を買ったりすることもできます。

イメージ 4

徒歩で歩き回るには広すぎるので自動車などの乗り物を利用しましょう。
乗り物は乗用車やスポーツカー、ミニバンやマイクロバスにタクシー、バイクやボートなど沢山用意されています。

街を散策しているとスーパーカブ?を見つけたのでちょっと拝借してみました。

イメージ 5

とりあえずカブて海までツーリングしてみました。
波の映像効果もよく出来ていて海を眺めているだけでまったりできます。

イメージ 6

このゲームでは時間の概念もあって昼夜の変化や、天候も変って雨が降ったりもします。
空の描写もリアルで、雲が風に流れていて朝日や夕日が綺麗です。
同じ場所でも時間や天候で違った雰囲気を楽しめます。まさに観光の醍醐味ですね。

イメージ 7

離島には泳ぐかボートで渡ることができます。
実はこのボートに乗りたくて買ったようなものです。w
離島めぐりや周辺の探索をボートでノンビリ走るのは楽しいものです。

イメージ 8

神社仏閣など様々な施設も細かく作り込まれているので、そんな観光地を回ってみるのもいいかもしれません。

イメージ 9

たった447円でたっぷり楽しめる観光旅行パックになっていますが、その447円もないという方には無料の体験版コースも用意されています。
下記アドレスの「デモをダウンロード」からインストールできます。
残念ながら自由に観光旅行はできませんが、繁華街の雰囲気は楽しめるかと思います。


しばらくはバーチャルな香港に出張してるので、こちらのリアルな世界にはいないかもしれません。香港生活をエンジョイしたいと思います。

もちろん、ムフフな大人のデートコースも用意されていますので・・・w

この記事に

開くトラックバック(0)

 
休日はチョビに散歩に連れて行ってもらいます。

イメージ 1

梅雨空は天候が不安定で、超高価なスーパーコンピュータで計算している天気占いもハズレまくりですが、チョビには直感でわかるようです。w

いつものパトロールコースは水田に囲まれた熊野古道ですが、人も車もほとんど通らないので、ご近所の犬達が集まるワンコ専用コースになっています。

イメージ 2

この辺の水田にはジャンボタニシが大繁殖しています。

イメージ 3

ジャンボタニシは、食用として80年代に長崎県と和歌山県に初めて持ち込まてから全国に広まったようです。フランス料理ではエスカルゴというカタツムリまで食べますからタニシを食べても不思議ではありませんが、ジャンボタニシはタニシではなく巻き貝の一種のようです。

イメージ 4

その後、食用ビジネスは失敗して、破棄されたものが繁殖したようです。
このピンク色の玉子は有毒です。派手なキャビアのようですが食べないように!
この卵は水中では生きられないので、卵を水中に落とせば駆除できます。

イメージ 5

ジャンボタニシは稲を食べるので害虫とされていますが、稲が大きく育つと食べられないようで、うまく育成をコントロールすれば雑草駆除に利用できるようです。

しかし、水田のコントロール非常に難しいものです。
小泉進次郎君は、単純に農地を集約して大規模化すれば効率よく耕作できると思っているようですが、水田の集約化はそんな簡単なことではありません。

水は例え1mmの高低差でも高い所から低い所に流れますが、数センチの水位をコントロールする水田では微妙な高低差が重要となります。
平地に見えるこの水田も細かく区画整理されているのには意味があるのです。
日本は平地の少ない島国です。先人たちはこの棚田の知恵で生き抜いてきたのです。

イメージ 6


とにかくチョビは雨が降らなければご機嫌です。
明日は晴れるそうです。

イメージ 7


ジャンボタニシは元々は食用です。
内蔵をうまく処理してしっかり調理すれば実はサザエのように美味しいようです。

北朝鮮では国策としてジャンボタニシの育成に力を入れているようです。
ジャンボタニシは有機物なら植物でも動物でも何でも食べて繁殖力が優れています。
うまく活用すればジビエ料理にも使えるかもしれません。

チャレンジャー求む!

この記事に

開くトラックバック(0)

島らっきょう 完成!

 
待つこと1年、ようやく島らっきょうを収穫しました。
5個植えたのが40個に増えました。8倍です。

イメージ 1



塩もみして一晩で完成!です。
オススメの泡盛は「残波プレミアム」です。

イメージ 2

沖縄の夜を思い出しながら・・・最高です。
今年は20個植えたので来年は160個の予定です。フフフ

この記事に

開くトラックバック(0)

 
本日も朝からピーカンでした。
日差しが強く暑かったのでカヤックで出動するか?迷っていたのですが、納屋をウロウロしていたら小さな元まな板を見つけました。ひょっとするとこれは使えるかも?と思い立ってラダーを作りはじめました。

このカヤックは20年ほど前のビンテージモデルなので、現在市販されている一般的なラダーは装着できません。もちろん当時物も手に入りませんので自作するしかありません。

ゼロ円工作はまず材料のゴミ探しからスタートします。
今回見つけたゴミは、まな板と錆びた蝶番、ステンレスの棒、塩ビ板、ネジとワッシャーです。ステンレス棒は食器を入れるカゴから切り出して、蝶番をカットして軸受を作りました。難関はネジとナットとワッシャーですが幸運にも4組見つけることが来ました。

イメージ 1

なんとか形になったのが14時です。
いつもなら海から上がる時間ですが、ここまで来るとテストをしたいわけです。
慌てて支度をして出動しました。


カヤックを組み立てて、ラダーの取り付けが終わったのが15時です。

イメージ 2

一般的なカヤックのラダーは折り畳むデザインになっていますが、このラダーは折り畳みません。
カヤックの全長は460cmで全幅は65cm、喫水線は船底から約10cmほどです。カヤックは流線型なので、ラダーが多少でも水面に浸かっていれば水流の流れを変えることができます。

イメージ 3

ラダーのコントロールはフットペダルで行うが一般的ですが、折り畳みカヤックで毎回リンケージロープを船体に通して、ペダルと接続して調整するのは現実的ではありません。

ラダーのリンケージロープはコックピットのコーミングで折り返して途中にハンドルを付けました。これならロープを引っ掛けるだけで簡単に装着できます。ラダーは主にセイルで帆走する時に使うので、ハンドルでコントロールするのは都合がいいのです。

イメージ 4

何より、先日の砂の撤去工事でスロープから海までの水路が復活していました。
これでまた、しばらくはここを利用できそうです。

イメージ 5

さてラダーはどうでしょうか?
期待したほど水中に浸かっていませんでしたが、ハンドルでコントロールコードを操作してみると確かに効果があります。
海は海流や風や波の影響でまっすぐ漕ぐのが結構難しいのですが、ラダーで当て舵をすることで楽にコントロールできました。使えそうです。

イメージ 6

まず風上に向かって漕いで、セイルを上げて帆走でリターンするというのを1時間ほど繰り返していました。微風でしたが気持ちよかったです。

Homemade Sail & Rudder Kayak
https://youtu.be/adxZMtmFUDE


市販のラダーは安いもので2〜3万円ほどしますが、自作のゼロ円ラダーでもそこそこ楽しめました。

ハンドル式のラダーコントロールシステムを実用新案に登録しようかな?w

この記事に

開くトラックバック(0)

海風が気持ちいい!

 
オネーちゃんのお下がりバイク2です。

新車並みにピッカピカに磨いてやりました。

イメージ 1

イメージ 2

とにかく海風が最高!でした。

イメージ 3

暑いというか日差しが痛いです。



ラジオを聞きながら木陰のベンチで昼寝をしてきました。
夏の海はいいですねー

イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

 
バケツ一杯のニンニクが完成しました。
収穫量は約3.5kgほどです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

これで今シーズンはニンニクに困ることはありません。
市販品のように化学肥料や農薬を使っていない放置プレーの完全オーガニックなので、玉が不揃いですが、安全安心です。

イメージ 4

食べ残ったらまた来年の種になります。
毎年ニンニクはオートマチックです。

この記事に

開くトラックバック(0)

水と砂 TIC-80

 
水と砂の違いは何でしょうか?

イメージ 1

同じ粒子ですが、簡単には粒子の大きさと摩擦抵抗が違います。

イメージ 2

このプログラムでは、キャラクタージェネレーターで適当に作った敵を撃つと水や砂の粒子に変化します。

プログラム的にはキャタクターを管理するパーティクルとビット粒子を処理するプレーンを別管理しています。

処理は簡単で、当たり判定で敵と弾がヒットした場合、敵のスプライトのメモリを粒子メモリに転送しているだけです。

粒子の移動処理は砂なら真下、右斜め下、左斜め下をチェックして空白ならビットを移動します。水の場合はさらに真横にも移動チェックするだけです。応用すると煙や炎といった他の動きも処理できます。

イメージ 3

パーティクルの粒子処理としてよくある古典的なアルゴリズムですが、ゲームの映像効果に利用すると面白いかもしれません。

この記事に

開くトラックバック(0)

 
休みをもらったので海に行ってきました。
久々にカブ号でミニヨットをやってきました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


今回はダガーボードの取り付けを変更してみました。
チャリンコのサドルを止めるネジを利用して簡単に出し入れできます。

イメージ 6

イメージ 7

本日は大潮で遠浅です。
お天気と風は良いのですが、少し波がありました。

イメージ 8


Folding mini yacht which can be carried with Honda Super Cub
https://youtu.be/th4_VBdlTAk


すっかり砂で埋まっていた湾内を掻き出す作業をしていました。
またゲレンデが使えるようになればいいのですが・・・

イメージ 9

イメージ 10

ほぼ陸ですから・・・

イメージ 11

この記事に

開くトラックバック(0)

米朝落語

 
オバマは「チェンジ」の合言葉で耳触りの良いことばかり言ってましたが、結局は何も変らず過去を踏襲しただけでした。トランプは「うまくやる」と言っただけですが、今のところ良い結果を残しているように思います。

日本では民主党が大好きなNHKが人格的攻撃も含めて日々トランプを叩いていますが、案外いいヤツなのかもしれません。NHKの担当は、よほどクリントンが落選したのが悔しかったのでしょう。w

それと、こんなこと言ってた人もいましたが・・・

安倍「対話のための対話は何の解決にもつながらない」
菅官「対話のための対話は意味がない」

対話に対話を重ねて粘り強く互いの考えを理解し合い、共に歩む道を模索するのが人の道でしょう。

以前ブログにも書きましたが両国は今も戦争状態です。
まずは戦争を終結し、国交を正常化することが第一歩で、全てはその後の事です。
圧力や制裁だけで拉致問題を解決できると考えるのは愚かなことでしょう。
子供の頃に「北風と太陽」を読まなかったのでしょうか?

蚊帳の外の人達は海外からの評価も低いようです。
そらそうでしょうね。w

IRを急ぐ裏にはラスベガスのドンがいるようで、トランプの中間選挙のためにポチは必死に働いているわけです。それにシッポを振る本県は痛恨の極みである。
賭博は胴元が儲かる仕組みですから・・・


安倍は保護主義を悪魔の考えのようにバッシングしています。
おそらく取り巻きのグローバリストの利益にならないためでしょうが、保護主義は国の根幹であって、守らなけばならないものはしっかりと守らなければいけません。ある意味トランプの考えは間違っているわけではありません。車の代わりに食料を差し出すなんてアホの極みです。

何もかもオープンにしてしまえば国の枠組みも無意味になり民族も文化も無くなります。かといって彼らは世界を統一して一つの国にしようなんて微塵も考えていません。
つまりはイナゴの如く、弱者を食い物にしたいだけの理屈です。

「自由で民主的」という上っ面の言葉に騙されてはいけません。
誰が君主か?の違いだけで、トップが誰になっても一般庶民の暮らしはさほど変わりません。むしろ新自由主義的な資本主義の社会では、格差ばかり広がり民の暮らしは疲弊するばかりです。

イメージ 1

もし朝鮮戦争が終結し、国交が正常化すればアジアに大きな経済圏が誕生することになります。グローバルビジネスを展開している出稼族にはビックチャンスになるでしょう。

今回の会談を受けて、すでに観光業界が動き出しているようです。
北朝鮮への観光ビジネスはビックビジネスになるのは間違いありません。
もし自由な往来が可能になれば、拉致問題も自然に解決する可能性もあります。


一方、それを望まない人も沢山います。
特に軍需産業に携われる人達は青色吐息でしょう。
冷戦こそが彼らのビジネスコアであって、軍需産業は裾野が広くそれで飯を食っている人は沢山います。

おそらく、推進派と反対派でロビー活動がもの凄い状態になってるはずですが、これから色々な陰謀論も沢山仕掛けてくるはずです。過去のアメリカの歴史では大統領の暗殺事件も多々ありましたからね。

一筋縄ではいかないでしょう。
しかし、いずれは必ず終わります。それが今か?少し先か?の違いです。
できれば拉致問題も含めて、今その答えが出ることを望みたいと思います。

頑張れトランプ! 死ぬなよ。

元CIA工作員が証言 「トランプ暗殺計画」が水面下で進んでいる
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48829


【おまけ】
桂米朝大全集
https://goo.gl/RTPsJ2

この記事に

開くトラックバック(0)

初夏のガーデニング

 
初夏の日差しと風が気持ちいいです。
朝からファーマー的なガーデニングしてました。

イメージ 1


右端、ポップコーンが発芽しました。冷蔵庫の野菜室で2年ほど放置していた種ですが、見事にほとんど発芽しました。残りはポップコーンにして食べました。今年も実がなるでしょうか?楽しみです。

ポップコーンの種からポップコーン
https://blogs.yahoo.co.jp/kai_yamamoto/64532712.html

中央、普通のトウモロコシです。ちょっと発芽率が悪くて足りなさそうです。追加投入を考え中です。

左手前、バナナの脇芽が邪魔なところに生えてきたので鉢に植え替えてやりました。
バナナは観葉植物になるのか?わかりませんが、畑のバナナも実がならない観葉植物ですから・・・w

一番奥はアサガオです。毎年勝手に生えてきます。この鉢は代々アサガオ専用になっています。

手前、ミントです。一つはレモンバーム、もう一つはペパーミントだと思います。以前畑に植えていたのですが、雑草状態になったので刈り取った子孫です。もう一度チャンスを与えてやろうかと思っています。

もうガーデニングには蚊取り線香は必須です。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事