ここから本文です
 
ようやく我が家にi-SOBOTがやってきました。

イメージ 1

外見は若干くたびれてますが、中身はまだ生きています。
2007年に発売されたもので正式には「Omnibot 17μ i-SOBOT」といいます。


日本語版はリンク切れですが、英語版からドキュメント類を入手できます。

日本語取説はこちらにありました。
https://faq.takaratomy.co.jp/detail.aspx?id=22022&a=102&isCrawler=1

2008年にグッドデザイン賞を受賞していて「世界で最も小さな人型の量産ロボット」としてギネスにも認定されています。ありがちなコード類が表に出ていないデザインは優秀です。オムニボットのコレクターなのでこれは外すわけにはいけません。

イメージ 3

17個のサーボとジャイロを搭載していて二足歩行をします。
簡単な音声認識と音声合成、180種類のアクションと80ステップまでのプログラムが可能です。当初の計画では無線カメラを搭載したCAMバージョンも発売される予定でしたが販売はされなかったようです。

『Omnibot 2007 i-SOBOT』登場! - タカラトミー
https://www.takaratomy.co.jp/product_release/pdf/p070123.pdf

発売価格は3万円程でしたが当時としては破格値でした。
10年後、我が家にはその10分の一でやったきました。

一時はプレミアが付いてかなりの高額で取引されていましたが、今が底値かもしれません。ローカライズされて海外でも販売されたのでコレクターは沢山いるようで、今でも10万超えで取引されているようです。

イメージ 4


Omnibot 17μ i-SOBOT
https://youtu.be/wKk1wcS-Av4


i-SOBOTで注意が必要なのはバッテリーです。
リモコンは普通の単三乾電池でいいのですが、本体はアルカリ電池などは使用できません。試しにアルカリ電池を入れてみたが、新品の電池だと起動はしますが数分で自動的にシャットダウンします。電池が熱くなってCPUボードも熱を持っていました。長時間使用すると破壊する可能性があるので使用してはいけません。

イメージ 5

i-SOBOTは電源を切った状態では各関節のサーボは自由に動く状態ですが、本体の電源入れて起動すると17個の全てのサーボがホールドされます。小形のサーボですが17個もあれば相当な電力を消費するのでしょう。

イメージ 6

アルカリ電池とニッケル水素蓄電池では電圧も違いますが、アルカリ電池では電圧が高い割には電流が足りていないようです。標準ではエネループ仕様になっていますが、ニッケル水素蓄電池ならダイソーの「ReVoltes」でも問題ありません。何千回も使い続ければエネループのほうがコスト的に安くつきますが、何千回も使うことはありませんし、そもそもi-SOBOTにそれほどの耐久性はないでしょう。

ちなみにダイソーのアルカリ電池も性能がいいようで、値段の高い某有名メーカーの電池より電気的性能的が良いという結果もあるようです。長期保存による劣化や液漏れはどうか?不明ですが、安いからダメということはないようです。電池はダイソーの人気商品ですからね。


もちろん男の子ですからスカートの中が気になるわけです。w
内部解析してみたい方への参考リンクです。

タカラトミー「Omnibot 17μ i-SOBOT」分解・解析レポート
https://robot.watch.impress.co.jp/cda/column/2007/11/08/731.html

i-SOBOT Motion Editor
https://ja.osdn.net/projects/isme/

i-SOBOTに「秘書ロボット」機能を追加する!
https://news.mynavi.jp/series/plus_robot



プロトタイプではリポバッテリーが左右の足の下にあって胸板がスリムでした。このデサインでは電源コードが邪魔になるのと、バッテリー関連の開発コストを抑えるために当時売出し中のエネループとコラボったのかもしれません。背面にはいくつかスイッチもあったようです。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

旬はとっくに過ぎていますが、今でも見劣りしない機能だと思います。
特にArduinoやラズパイのおかずにピッタリです。

ロボット分野って昭和の時代からあまり進歩していない気がします。
結局アタマが進歩してないんでしょう。

今ブームのAIじゃ無理でしょうね。

この記事に

開くトラックバック(0)

夏祭り

 
お盆の夏祭りに行ってきました。

昨日は「ふるさと海南まつり」でした。

イメージ 1

イメージ 2

娘達のパシリでイチゴ飴を買いに行きました。
大きなりんご飴が400円なのはまだいいとして、小さなイチゴ2粒で300円は高杉でしょう!
1粒150円ですよ、しかも私の自腹ですから・・・

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


本日は「下駄市」でした。

イメージ 6

イメージ 7

昔から黒江地区は漆器作りが盛んで、職人さん達がお盆で帰省する時に新しい下駄を買い与えるのに市が立ったのが始まりとされています。今は下駄屋さんは1軒だけで、あとは普通の夜店屋台になります。

以前は舞台も作られて歌手や芸人さんが出演して盛り上がったのですが、今年は舞台もなく屋台だけでした。これも時代の流れでしょうか?

イメージ 8

「かめすくい」が気になって覗いみました。
欲張って10匹ほど獲ってる人がいましたが、あれどうするんでしょうね?
カメは1匹でも飼うのに手間とコストが掛かりますから・・・
絶対に捨てるなよ!

イメージ 9

イメージ 10

今年もマリーナの花火が見れました。
いつものお盆の風景です。

イメージ 11

そろそろ休み明けの仕事が心配・・・

この記事に

開くトラックバック(0)

 
お盆休みのアトラクションとしてカブ号で海岸線をポタってきました。

本日のコースは「紀三井寺」→「和歌浦」→「雑賀崎」→「加太」→「淡嶋神社」→「とっとパーク小島」→「深日港」→「いきいきパークみさき」→「浜の宮ビーチ」のロングコースになっています。


まずは紀三井寺から和歌浦、雑賀崎を目指します。
途中で通過した「浪早ビーチ」はお盆休みの客でいっぱいでした。
雑賀崎は先日の鉄腕DASHでご当地PRとして放送されました。

イメージ 1

「雑賀崎はアマルフィ」の言い出しっぺなのでここまで浸透するとはビックリです。
ただ、PRネタが何故「流しそうめん」だったのかは不明です。

DASH ご当地PR課 〜和歌山県 流しそうめん〜
http://www.ntv.co.jp/dash/tetsuwan_new/past/2018/0729/01/

次は「塩津はリオマッジョーレ」のキャッチコピーを流行らせたいと思っています。
塩津も情緒があっていい所ですよ。

塩津は「日本のリオマッジョーレ」
https://blogs.yahoo.co.jp/kai_yamamoto/63835998.html


和歌山港のフェリー乗り場から加太を目指します。
昔は「100円橋」だった紀の川河口大橋を渡ってみました。
カブ号には厳しい上り坂ですが眺めは最高です。

イメージ 2

淡嶋神社も観光客が多くて、人気の満幸商店には長い行列ができていました。
色々な貝がたっぷり乗った「淡島丼」が有名です。

イメージ 3

イメージ 4

加太、ほぼ軽トラ・ポタ
https://blogs.yahoo.co.jp/kai_yamamoto/64354052.html

加太海水浴場から城ケ崎まで、ここから眺める紀淡海峡は絶景です。
カヤックで淡路島まで渡れないか?検討したことがありますが、この海峡は川のように流れが急で危険です。

イメージ 5

イメージ 6

加太の休暇村から岬町に向かいます。
その昔、大川峠は暴走族と走り屋のメッカでしたが、あまりにも危険ということで今は閉鎖されトンネルが通っています。大川峠は今でも徒歩か自転車なら通れるようです。
トンネルを抜けるとすぐに小島漁港です。

小島漁港から「とっとパーク小島」を目指します。
とっとパークは元は関空を埋め立てる土砂を積み出す桟橋で、現在は釣り公園として利用されています。
見晴らしが良くて気持ちのいいところです。桟橋には土産物屋や食事ができる施設もあります。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

とっとパーク小島
http://minnaga.com/totopark/

とっとパークから深日港を目指します。
現在、深日から淡路島の洲本まで「深日洲本ライナー」が試験運転されています。
そのカッコいい双胴船を見たかったのです。

イメージ 13

イメージ 14

片道1時間で1日に4往復運用されています。
前輪が取り外せるタイプのスポーツ自転車なら持ち込みも可能のようです。
チケットは隣の「さんぽるた」で販売されています。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

深日洲本ライナー
http://fuke-sumotoliner.com/

深日港からリターンして「いきいきパークみさき」を目指します。
ここは関空埋め立ての土砂を採取した跡地ですが、現在は多目的公園としてグランドとソーラー発電所になっています。
炎天下のグランドでは少年サッカーの試合が行われていました。
待ってる親御さん達が大変そうでした。w

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

公園から山越えで和歌山市内にリターンしたかったのですが、予定していた道は途中で通行止めになっていました。工事予定も復旧目処も表示されていなかったので当面は復旧させるつもりはなさそうです。仕方なく迂回路の山越えでリターンしました。

イメージ 21

いつも浜の宮ビーチに戻ってきました。
お盆の海水客で賑わっていました。暑い!

イメージ 22

イメージ 23

編集放棄の記録用ドライブレコーダーです。
約1時間ほどのロードムービーになっています。
ダラダラ&ブレブレなのでザッピングで御覧ください。

01:50〜「紀三井寺」
07:00〜「和歌浦」
11:30〜「雑賀崎」
13:30〜「紀の川河口大橋」
17:00〜「加太」
19:50〜「淡嶋神社」
26:00〜「加太海水浴場」
29:00〜「城ケ崎」
30:50〜「加太休暇村」
35:50〜「小島漁港」
37:00〜「とっとパーク小島」
44:00〜「深日港」
58:00〜「浜の宮ビーチ」

スーパーカブで和歌浦から岬町までポタリング
https://youtu.be/-T2f6gQJg5g


本日は想定外のピーカンでした。
おかげでいい色に日焼けしましたが、夏の良い思い出になりました。

青い空と海、緑の山にクッキリした入道雲が印象的でした。
是非、お出かけください!

この記事に

開くトラックバック(0)

夏の曲 ライブ録音♪

 
暑かった今年の夏!夏!夏!
お盆バージョンのライブ録音です。

全編バースト状態でスピーカーを破壊するかも?
お好きな方はブーストを効かせてどうぞ!
ご近所迷惑!難聴間違いなし!www

Summer Memories 2018 on YAMAHA RM1x
https://youtu.be/LpW9KQROaCU


Hot Summer Time on YAMAHA RM1x
https://youtu.be/eSMtz5h_JDg

この記事に

開くトラックバック(0)

 
暑い!暑い!と言っているうちに段々と秋っぽくなってきました。
季節が移り変わるタイミングは何となくノスタルジックな気持ちになって好きです。

そんなことで、遅すぎる夏の企画をまだ妄想しています。
今年はサーフボードに乗りたかった・・・

イメージ 1

イメージ 2

小さいのはサーフジェットの妄想です。
「ポケバイのエンジンにジェットポンプを組み合わせれば動くんじゃないか?」
と思ったのですが、おそらく2馬力以内だと非力でスタンドアップは無理だと思います。

イメージ 3

イメージ 4

大きいのは折り畳みSUPを検討したものです。
インフレータブルのSUPは一般的ですが、折り畳みのボードは市販されていません。
バイクで運べるサイズに折り畳めるものを妄想中ですが、船体が薄いのでカヤックより難しいです。

イメージ 5

こうして今年も夏の思い出が過ぎ去っていきます。

イメージ 6

もう少し涼しくなればカヤックも出動できるでしょうか?
秋を早くコイ!

この記事に

開くトラックバック(0)

 
Next Thing Co.が倒産して、幻のハンドヘルド・コンピュータになってしまったPocketCHIPですが、倒産記念 特別企画としてPocketCHIPのGPIOを弄ってみたいと思います。

つまり、ドキュメント類が消滅する前にやっておきましょうということです。
有志によるバックアップサイトを見つけました。
こちらから失われた貴重なドキュメント類を閲覧できます。感謝!



PocketCHIPのGPIOはココに付いています。


この穴、よく見ると波打って空けられていますが、これは工作精度の不具合ではなくピンソケットを刺した時にハンダ付けしなくてもホールドされるようにわざと波加工されているようです。優秀!

GPIOにアクセスするためには環境を整える必要があります。
手順はココにあります。


PythonをインストールしてPython用の「CHIP_IO library」を利用する手順になります。

sudo ntpdate pool.ntp.org
chip
sudo apt-get update
sudo apt-get install git build-essential python-dev python-pip -y
git clone git://github.com/xtacocorex/CHIP_IO.git
cd CHIP_IO
sudo python setup.py install
cd ..
sudo rm -rf CHIP_IO

AIブームで今流行のPythonです。
オンラインでもインタプリタを実行できます。


今回はお題通りにLEDのチカチカマーカーを試してみます。
テキストエディタを立ち上げます。

sudo nano blink.py

ソースコードはこれだけです。

import CHIP_IO.GPIO as GPIO
import time
GPIO.cleanup("XIO-P2")
GPIO.setup("XIO-P2", GPIO.OUT)
print "Toggling XIO-P1 10 times..."
for i in range(0,10):
  GPIO.output("XIO-P2", GPIO.LOW)
  time.sleep(0.1)
  GPIO.output("XIO-P2", GPIO.HIGH)
  time.sleep(0.1)
GPIO.cleanup()

では実行してみましょう。

sudo python blink.py

PocketCHIP GPIO test
https://youtu.be/HAsm4rFCRok


やってることは、GPIOの出力ピンを指定して、インターバルを設けながら出力をハイ・ローに切り替える処理を10回ループするだけです。

私の環境では「GPIO.cleanup()」を実行すると落ちました。
GPIO番号を指定「GPIO.cleanup("XIO-P2" )」するとうまく行きました。
原因は不明です。

CHIP_IOライブラリーの仕様
https://github.com/xtacocorex/CHIP_IO


もう一つの方法としてバンドルされているPICO-8からGPIOをコントロールすることもできます。
GPIOのアドレスは「0x5f82..0x5f87 = GPIO1..GPIO6」になります。

t=0
function _draw()
 cls(0)
 val=0
 if (t%2<1) val=255
 poke(0x5f82, val)
 print(t)
 t+=0.1
end

こちらがオススメです。
ただしPICO-8はスーパーユーザーで起動してください。

sudo pico8

GPIOからの入力はpeek(アドレス)で値を取得できます。
ただしPocketCHIPではoff/onの0/255の値になります。

function _draw()
 cls(0)
 val=peek(0x5f82)
 print(val)
end

イメージ 2

GPIOは6個です。
さて何に使えるでしょうか?

夏休みの宿題にしておきます。

この記事に

開くトラックバック(0)

夏の畑

夏の畑がフル稼働です。

オクラ
あぁ〜採り忘れました。もうこうなると木材です。w
オクラは小さい頃に忘れずに収穫しないとね。

イメージ 1

キュウリ
ちょっと油断するとデカ○ンになります。
今も毎日収穫できます。

イメージ 2

ゴーヤ
ようやく生産が始まりました。
毎年、自然に生息している完全天然物です。

イメージ 3

シシトウ
今年は元気で大量収穫が続いています。
これは万願寺で辛くなく大きく育ちます。

イメージ 4

ミニトマト
完熟収穫したミニトマトは市販品とは味が全然違います。
完全オーガニックでチョビも大好きです。

イメージ 5

かぼちゃ
今年は生育が悪くて貴重な1個です。
もう少し大きくなったら収穫します。楽しみ!

イメージ 6

いちじく
今年も生産が始まりました。
大量に実がなっているのでしっかりいただきます。

イメージ 7

キウイ
摘果不足で実が生りすぎです。
高熱で葉っぱが落ちてしまいましたが、どうでしょうか?

イメージ 8

巨峰
猛暑で葉っぱが落ちてしまいました。
当初は調子が良かったので残念です。

イメージ 9

ポップコーン
ようやく実を付け出しました。
市販のポップコーンから育てたものです。

イメージ 10

ヒマワリ
やっぱり夏はヒマワリですね。
食用なので食べれると思いますが、食べたことはありません。

イメージ 11

この記事に

開くトラックバック(0)

MITのScratch 2.0がFlash問題を受けてHTML5バージョンに移行します。



現状はお試しバージョンなので、まだ実装されていない機能もありますが、機能的に大きく変わったところは無く、全体的に左右のデザインが振り返られています。何故振り替えたか?意味不明ですが、現行バージョンに慣れていると違和感があります。全体的に処理速度も遅くなっている感じで、今後の改善に期待したいと思います。

現行バージョン

イメージ 2

次期バージン

イメージ 3

新機能として文字列操作というローカライズが難しいものが加わっています。
Scratchはプログラムを作るだけでなく、コミュニケーションサイトでもあるので、Youtubeでヒットしている「Primitive Technology」を見習って、グローバルサービスでは言葉という厄介なものは排除したほうがいいかもしれません。

細かなデザインも見直されていますが、概ね直感的に継続して利用はできと思います。
しかし使いこなすには以前より大きなモニター環境が必要になるでしょう。


Scratchは命令ブロックをマウス操作で繋ぎ合わせてプログラムを作るコンセプトですが、取っ付きやすい反面、細かな操作が困難で複雑なプログラムには全く向きません。
プログラムを視覚的に捉えるために大きなモニター環境も必要になります。

MIT Scratchは今後始まるプログラミングの義務教育で一番有力視されていますが、教育の現場では資源の問題でよりスマートなものが望まれます。もっとシンプルにスモールパッケージの発想があってもいいと思います。このバージョンを使いこなすには今まで以上に環境コストがかかりです。機能を削ぎ落したスマートバージョンも検討すべきでしょう。

まだ触ったことがない人はこの機会にチャレンジしてみてどうでしょう。
スタートアップするなら今がチャンスです。

PythonやScratch、3DプリンタにAIと技術ベースがどんどんオコチャマ化するのは如何なものか?とも思いますが・・・

50年後は農耕民族に戻っていたりして

この記事に

開くトラックバック(0)

PocketCHIP 完全終了!

 
前回PocketCHIPのサイトをクローリングしたのは5月の上旬でした。
その頃はまだサーバは機能してましたが何かおかしな空気が漂っていました。

PocketCHIPにキーボードを貼り付ける
https://blogs.yahoo.co.jp/kai_yamamoto/65206737.html

本日、久々にサイトを覗きに行くと・・・
オーマイガー!

イメージ 1

マジで店じまいしてました。
どうやら終了したのはPocketCHIPや関連製品のサービスだけでなく、彼らの会社「Next Thing Co.」も終了したようです。(3月に倒産説?)
普通は事前に何らかのアナウンスがあるものですが、そんな最後の一言すらなく木端微塵に吹き飛んだようです。

最近はクラウドファンディングで資金を集めて会社を立ち上げるスタートアップが流行っていますが、そのほとんどは短期間の内に消えて無くなっています。
アイデアだけの一発勝負では難しいようです。


Facebookは消えて、Twitterはとっくに止まっています。
https://twitter.com/nextthingco

現在、辛うじてブログとフォーラムが閲覧できます。
http://blog.nextthing.co/
https://bbs.nextthing.co/

OSを書き換えるフラッシャーは機能してるかも?【未確認】
http://flash.getchip.com/

SDKなどのツールはまだダウンロードできそうです。今の内です!
https://github.com/NextThingCo/


ということで、ほぼ完全終了です。
これでプレミアが付くかもしれない?幻のハンドヘルド・コンピュータになっしまいました。

イメージ 2

お店は潰れましたが、機能的には何の問題もなく最新のPICO-8も快適に動作しています。あまり評価されていませんが持ち運べる「ポータブル・シンセサイザー」としても優秀です。ネットラジオも聴けますし、動画再生もOK!まだ使ってませんが解放されているGPIOを使えばモニター付きの電子工作のベース機としても活用できます。フリーのマインクラフトなんかもスムーズに動作しますし、エミュレータを入れればファミコンだって動きます。

イメージ 3

Wi-FiにBluetooth、キーボードとタッチパネル付きモニターを搭載、PICO-8もバンドルして5千円と意欲的な価格設定でしたが、安すぎたのかもしれません。

お悔やみを申し上げると共に、復活を期待しています。
頑張れ!


【朗報】
有志によるバックアップサイトを見つけました。
こちらから失われた貴重なドキュメント類を閲覧できます。感謝!

この記事に

開くトラックバック(0)

 
台風はどうでしょうか?

こちらは昼頃にパラパラきましたが、今は雨も上がって静かなものです。
夕日が綺麗でした。

不要不急の外出は控えるように!
とのことで納屋で焼き鳥屋やってました。

H鋼をベースに使用済みBBQ網をU字に曲げてコンロを作ります。
網に炭を入れれば焼き鳥コンロの出来上がりです。

イメージ 1

イメージ 2

焼き鳥は焼き加減が大切です。
炭火を調整して直火で焼く串をローテーションしながら均等に火を入れます。

火起こしはヘアードライヤーで一発です。
今時の焼き鳥屋の必需品です。w

イメージ 3

強火で一気に焼き目を付けてから一度火から下ろして、タレの中で少し休ませて予熱で中まで火を通します。こうすればパリッとした焼き目とジューシーな肉質を味わえます。

この道30年のプロの技、その辺の焼き鳥屋には負けませんよ。w
色物として牛串とベーコン串も投入しました。

イメージ 4

ドーンと完成!
串打ちから自前でやれば千円で50本は食べれます。

イメージ 5

まっ、こうなりますわなー w

イメージ 6

台風近づいている地域の方は、くれぐれも飲み過ぎないように!
ほどほどに楽しみましょう!

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事