ここから本文です
 
そろそろゴールデンウィーク直前が、もうバカンスの計画は立てたでしょうか?
今年はカレンダーどおりで5連休、中2日間も休めば9連休です。
南の島でノンビリするものいいでしょうねー

イメージ 1

まぁーしかし、現実は家庭の事情とか色々とあって、そんなに人生は甘くはないのですが、色々と妄想するのは楽しいものです。
そんな妄想ネタです。



糸井重里の「徳川埋蔵金」って番組が好きだったんですが、最近はやってないのかな?
出ないのはわかってるのですが、何故か最後まで見てしまう夢のある番組でした。w

糸井重里・徳川埋蔵金伝説 360万両は赤城山にある! 1/9
https://youtu.be/j32zj63E3zw


ただ現実的には、もしお宝が見つかっても文化的な遺産の場合、文化財保護法でほぼ没収されてしまうようです。たとえ時価4000億円でもスズメの涙しか手元には残りません。もしこっそり持ち出したら「遺失物等横領」で刑事罰を受けることになるのでお気を付けください。


ちょっと残念な夢のない話になってしまいましたが、アメリカのある大金持ちが「ロッキー山脈のどこかに2億円相当のお宝隠した」と公表したようです。
そんな人騒がせなオッチャンがこの方です。


彼はベトナム戦争時はパイロットだったようで、退役後に古美術商を営んで大金持ちになったようです。古美術の目利きの才能があったようです。


手がかりは「宝の地図」と意味深な「ポエム」となります。

宝の地図

イメージ 2

ポエム

As I have gone alone in there
And with my treasures bold,
I can keep my secret where,
And hint of riches new and old.

Begin it where warm waters halt
And take it in the canyon down,
Not far, but too far to walk.
Put in below the home of Brown.

From there it’s no place for the meek,
The end is ever drawing nigh;
There’ll be no paddle up your creek,
Just heavy loads and water high.

If you’ve been wise and found the blaze,
Look quickly down, your quest to cease,
But tarry scant with marvel gaze,
Just take the chest and go in peace.

So why is it that I must go
And leave my trove for all to seek?
The answers I already know,
I’ve done it tired, and now I’m weak.

So hear me all and listen good,
Your effort will be worth the cold.
If you are brave and in the wood
I give you title to the gold.


ここに詳しく載ってます。(激重ページなので注意!)

In search of Forrest Fenn’s treasure
https://www.vox.com/a/fenn-treasure-hunt-map

宝箱はロマネスク様式でサイズは10×10インチのブロンズ製、重さは40ポンドだそうです。大きさ的にはミカン箱くらいでしょうか?重さが18kgもあるのなら80才の爺さんが素手で運べるものじゃないでしょう。

宝箱は水の中じゃなくて、リオグランデ川の近くでもなくて、大きな岩石を動かす必要もなく、険しい崖を登ったり降りたりする必要もなく、人工物の下には無いそうです。
もっと知りたい人は彼のブログから「カンニングペーパー」を見てください。


既に35万人以上がお宝探しにチャレンジして、4人が事故死しているようです。
まさに命がけでお宝探しに夢中になってる人がいるようです。



ただ、気になるのはこの記事のコメントです。

An 87-year-old millionaire buried treasure in the Rockies?and he’s offered one main clue
https://www.cnbc.com/2018/04/17/millionaire-forrest-fenn-hid-treasure-in-the-rockies-and-left-a-clue.html

"It could be found soon or 1,000 years from now,"

「それはすぐに見つかるか1000年後」

この方、古美術商でしたよね。
古美術って、その当時は大した価値のないガラクタでも時間と共に価値が増大するという商売です。つまりどんなゴミでも1000年も経てば価値が出るわけです。

例えば、女子高生に大流行している「iPhone」を厳重なタイムカプセルに入れて1000年後に取り出したとしたら?相当な価値が付くかもしれません。
ひょっとしたらそんなゴミを隠したのかもしれませんね?

ただ隠したのは20年前に用意した宝箱のようなのでiPhoneじゃないでしょう。
20年前といえば何が流行ってたかな?・・・ファミコン???



しかしロッキー山脈と一言で言ってもとてつもなく広大です。
一度はトレッキングしてみたい綺麗なところです。

ROCKY MOUNTAIN 8K
https://youtu.be/9Gh44EYQ2zw


さっ!ゴールデンウィークはロッキー山脈に行きますか?

ただし、もしお宝を見つけたとしても、それをどうやってアメリカから持ち出すか?
かなりハードルは高そうです・・・

どちら様もご無事で!

この記事に

開くトラックバック(0)

 
やってみたかったのは無限にスムーススクロールするインフィニティーな世界です。
マップは「パーリンノイズ」という計算式で、四方どの方向にも地理的に不変的なマップを無限に生成します。

ただこれは簡単なテストプログラムなので、ゲームとしては成立していません。
サンプルとして適当な当たり判定を付けていますので、シューティングゲームのベースして使えるか?と思います。

カーソルキーで移動と「Z」「X」キーでミサイルを発射します。
どこまで飛べるか試してみてください。w

TIC-80 Drone Attack #TIC80
https://tic.computer/play?cart=514

イメージ 1

ただしブラウザ版では処理落ちが激しく正常に動作しません。
ダウンロードしてからローカルで実行してください。

この記事に

開くトラックバック(0)

 
音楽の時間です。

今夜はちょっと新し目の1990年の曲です。

浪漫飛行 - 米米CLUB cover on YAMAHA RM1x
https://youtu.be/-YyE8s5mfGQ




でね、問題はコイツです。

イメージ 1

ソニー製の「MDR-XD100」メーカー希望小売価格は2300円(税別)となってますが、何故かアマゾンで5千円ほどで売ってる謎の商品です。


お店で試聴できなかったのですが、腐ってもソニーだろう?と思って買ったのですが、これが全くダメ!、スッカスカ!の100均レベルのチープな代物でした。

最近は千円程のイヤフォンでもけっこう重低音もあっていい音がするので多少は期待したのですが・・・

ひょっとしたら中華品のOEMでしょうか?
もうソニーは二度と信用しません。

お気をつけください。

この記事に

開くトラックバック(0)

 
小林麻美「雨音はショパンの調べ」
急にこの曲が流れ出して止まらなくなったのでコピーしてみました。

あの頃はゲジゲジ眉毛が流行りましたね。w
青春のど真ん中でした。

'Rainy days never say goodbye' cover on YAMAHA RM1x
https://youtu.be/nJuyqKS1wYc

この記事に

開くトラックバック(0)

週末のタケノコ掘り

 
朝からタケノコ掘りです。

イメージ 1

今日は焚き火なしです。

イメージ 2

ちょっと使い物にするのに少し多めに掘ってきました。
ほぼ竹に近いのもありますが硬いのも美味しいです。

イメージ 3

立派な竹の兄貴に育ってました。

イメージ 4

本年度はこれにて終了です。

この記事に

開くトラックバック(0)

 
所さんのインタビュー記事をネットで読んだ。

新入社員に伝えたい本当のトコロ
https://ex.yahoo.co.jp/buzzfeedjapan/ashitano-interview/13.html

所さんといえば「世田谷ベース」が有名ですが、出たとこ勝負感は自分も同じで、趣味的にも近いところがあるので、あえて見ないようにしてます。

「世田谷一郎」というハンドルでYoutubeやってるは知りませんでしたが、しっかり「所ジョージ」って名前も出して顔出して3万人近くフォロワーがいてるのに、再生回数が千回程度って寂しい感じですが、今時のYoutubeは小学生にウケないとヒットしませんからね。w


この記事で面白かったところは
「トースターで焼いたパンをそのままかじって家を出るんじゃなくて、皿を置いて、紅茶を淹れて、バナナを添えて。ゆっくりした雰囲気のなかで食べるってことが健全なの。面倒くさいけど、皿を洗うとか、雑巾を絞るとか、そういう刺激が大事。冷たい水は触らない、いいところだけを口に入れる、っていうのは健全でも健康でもないと俺は思うのね。」
というところ。人生をしっかり楽しむという姿勢は共感できます。


ちなみにYouTubeのアカウント登録は13歳以上って知ってたかな?
小学生は見ちゃダメなんだぞ!


「本サービスは13歳未満の子供による利用を意図していません。あなたが13歳未満の場合、YouTubeウェブサイトを利用しないで下さい。あなたに、より適しているサイトが他にも沢山あります。あなたにそのサイトが適しているか、ご両親に相談してください。」

ママと相談しようね。

この記事に

開くトラックバック(0)

 
ひっそりとまだやってるTIC-80

TIC-80 Rubber Texture Mapping #TIC80
https://tic.computer/play?cart=509

イメージ 1


「textri」を使ったテクスチャーマッピングの例題です。
マウスでドラッグすると画像がグニャグニャに動きます。
元画像は0x4000〜のスプライト領域に貼ってますが、どうも関数の動きがイマイチです?

lua言語を勉強しませんか?
TIC-80、日本でやってる人ほぼゼロかも?

チャレンジャー求む!


============================================
以下ソースコードです。
============================================

-- title: Rubber
-- author: Time Tripper
-- desc: Rubber Texture Mapping
-- script: lua

pic_data={
"000000
:
【省略】
:
0000000"
}

pal={
"000000",
"070707",
"0E0E0E",
"151515",
"1C1C1C",
"232323",
"2A2A2A",
"313131",
"383838",
"3F3F3F",
"464646",
"4D4D4D",
"545454",
"5B5B5B",
"626262",
"696969"
}

function pallet()
i=0x3FC0
for y=1,16 do
for x=1,6,2 do
poke(i,tonumber(string.sub(pal[y],x,x+1),16))
i=i+1
end
end
end

function draw_pic()
cls()
i=0x4000
for sy=0,16 do
for sx=5,20 do
for iy=0,7 do
for ix=0,3 do
x=sx*8+ix*2+1
y=sy*8+iy+1
poke(i,tonumber(string.sub(pic_data[y],x+1,x+1)..string.sub(pic_data[y],x,x),16))
i=i+1
end
end
end
end
end

--
sqrt=math.sqrt
max=math.max
min=math.min
abs=math.abs
rand=math.random
--

function len(x1,y1,x2,y2)
return sqrt((x1-x2)^2+(y1-y2)^2)
end

par={}
function make_data()
for y=-10,150,5 do
for x=-10,250,5 do
local p={}
p.px=x
p.py=y
p.vx=0
p.vy=0
p.pc=15
table.insert(par,p)
end
end
end

function move()
for y=1,31 do
for x=2,52 do
i=x+y*53
local p=par[i]
p.px=p.px+p.vx
p.py=p.py+p.vy
p.vx=p.vx*0.93
p.vy=p.vy*0.93
p.vx=p.vx+(par[i-1].px-p.px)/50
p.vx=p.vx+(par[i+1].px-p.px)/50
p.vx=p.vx+(par[i-53].px-p.px)/50
p.vx=p.vx+(par[i+53].px-p.px)/50
p.vy=p.vy+(par[i-1].py-p.py)/50
p.vy=p.vy+(par[i+1].py-p.py)/50
p.vy=p.vy+(par[i-53].py-p.py)/50
p.vy=p.vy+(par[i+53].py-p.py)/50
end
end
end

function draw()
--cls()
for y=0,31 do
for x=1,52 do
i=x+y*53
local p=par[i]
textri(par[i].px,par[i].py,
par[i+1].px,par[i+1].py,
par[i+53].px,par[i+53].py,
(x-1)*5,y*5,
x*5,y*5,
(x-1)*5,(y+1)*5,
false,
0)
textri(par[i+54].px,par[i+54].py,
par[i+1].px,par[i+1].py,
par[i+53].px,par[i+53].py,
x*5,(y+1)*5,
x*5,y*5,
(x-1)*5,(y+1)*5,
false,
0)
--pix(p.px,p.py,15)
end
end
end

function init()
draw_pic()
pallet()
make_data()
end

--
init()
--

function TIC()
mx,my,md=mouse()
if md then
for i=1,#par do
local p=par[i]
w=len(mx,my,p.px,p.py)
if w<10 then
p.px=mx
p.py=my
end
end
end
move()
draw()
end

この記事に

開くトラックバック(0)

Afro head !


散髪行ってきたで、Afro head !

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

 
本日も朝から山に籠もってました。
昨日のブログと絵面がほぼ変わりませんが・・・


昨日作った水場は綺麗に澄んでいました。
これで水には不自由しません。

イメージ 1


本日は囲炉裏作りです。
といっても何もないのですが、竹のベンチを作りました。

まず竹を適当な長さにカットします。

イメージ 10

竹を縛る紐は天然のツルを使います。

イメージ 2

竹をツルで編んでいきます。

イメージ 3

両方編めばベンチシートの完成です。簡単!

イメージ 4

竹の表面をバナーでさっと炙ると油分が溶けて綺麗な緑色になります。
本来は竹を茹でて油抜きすると軽くて固く長持ちする竹材が作れます。

イメージ 5

100%天然素材なので不要になれば囲炉裏の燃料にもなります。w

イメージ 6

ラジオを聞きながら、オヤツ付きで火守してると超リラックスできます。
まさに人間の原風景、ストレス解消にはもってこいです。

イメージ 7


竹ベンチと囲炉裏
https://youtu.be/ccIQOTL87xs


この竹藪は当時値段で11万円で購入したようです。
よって年間の税金もたったの数百円、維持費は原チャリより安い!です。
田舎生活の醍醐味ですね。w

元は栗を植えてたようですが、ウサギにやられてしまって、そのまま放置してたら隣の竹藪に飲み込まれて竹林になってしまったようです。
竹の勢いは凄まじいですからね。

ちなみに孟宗竹の寿命は67年と言われています。
最後に花を付けて米のような実がなります。
実は米と同様に食べれるようですが美味しくないようです。

DNAにタイマーを持っていて、枯れる時は地域の竹林が一斉に枯れるようです。
竹はイネ科の植物ですが、草なのか?樹木なのか?不思議な植物のようです。


もう一つ、帰りに隣の山にも行ってきました。
こちらのほうが見晴らしもいいので別荘を建てるにはいいかも?

イメージ 8

本日の収穫はこれだけです。

イメージ 9

皮を剥いているので小さく見えますが、一番小さいのが市販されている上品なサイズです。それと比較するとほぼ商品価値のない巨大な竹の兄貴達ですが、これがまた美味いのです。

リタイヤしたら山の仙人になります。

この記事に

開くトラックバック(0)

 
いつも焚き火をするので水場を整備しました。

イメージ 1

竹で足場も作って、濁ってますがしばらくすれば澄んでくると思います。

イメージ 2

ということで本日もファイヤー!

イメージ 3

チェーンソー「STIHL 023」も投入したので作業もラクラクです。

イメージ 4

イメージ 5

手頃な竹が揃ってきました。
何かクラフトでも始めようかな?w

イメージ 6

本日の収穫はこれだけ
デカくて太くて竹の兄貴ぐらいだけど、柔らかいのよりちょっと硬めが好きなんです。

イメージ 7

畑ではサヤエンドウもスタートしました。

イメージ 8

春は自給自足の季節です。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事