ここから本文です

書庫全体表示

水で動くエンジン

 
本日は科学の時間です。
キン♪コン♪カン♪コン♪〜 「起立、礼、着席」

普通のエンジンの燃料は、ガソリンとか軽油とか灯油などの石油が主に使われています。
最近は鍋料理によく使うカセットボンベで動く小型耕運機や草刈機などもあります。

エコビジネスが盛んなご時勢ですから、色々と目先を変えた商品が出てきていますが、
昔から夢の燃料とされてきた「水」を使ったエンジンは意外と簡単に作れるようです。

水の元素記号はH2Oなんて習いましたし、科学の実験で水の電気分解なんてやったと思います。
学校実験ではガラス管に小さな火をつけるか、ガスをビーカーにとってポン♪と小さな爆発実験をさせる程度だったと思いますが、少し大きめな装置でガスを発生させると小型のエンジンなら簡単に動くようです。

現実感のある、出来るだけチープなものを選んでみました。

イメージ 1

Water Powered Bike (See Part 2 & WFC Fundamentals)
http://www.youtube.com/watch?v=TT-HqgEmG2k

イメージ 2

hho standalone fuel supply 3
http://www.youtube.com/watch?v=S3JAAY2mEa0

イメージ 3

HHO Cell hydrogen 誰にでも出来る自家発水素
http://www.youtube.com/watch?v=2fhgwtYGY-s

どれもかなりチープですが、見事にエンジンが動いています。
水素パワーは凄いものですねー
しかも排気のほとんどは水ですからCO2削減でクリーンです。

もちろん上記以外にもっと本格的な商品も沢山あります。
「Water Powered」とか「Hydrogen」とか「HHO generator」とか色々な呼び方がされているようです。
一部ガスを添加して燃費を向上させるといった現実的なものもありました。

・ ・ ・ ・

しかし、これって本当に効率が良いのか疑問もあります。
まずバッテリーで水を電気分解して水素ガスを取り出しますが、そのガスでエンジンを回すのと、直接バッテリーでモーターを回すのはどちらが効率的なのか?
どうも電気分解したところでロスが大きい様な気もします。

逆に、媒体に水という燃料を使いますから、その分のエネルギーは合算されることになるので、直接電力だけを使うよりもパワーが増しそうな気もします。
こんな動きになると思います。

1.バッテリーでガスを発生させる。
2.ガスでエンジンを回す。
3.エンジンで発電してガスを発生させる。
4.2に戻る

もし与えた電力より大きな力が取り出せたら永久機関じゃないの?と思えますがそうじゃないですね。
バッテリーと水は確実に消費されます。
ただ水は砂漠のど真ん中でない限り簡単に手に入りますので燃料の心配はなさそうです。

ガスでエンジンを回すということは、既存の技術ベースでよいので、回生ブレーキのようなトラブルも起こさないと思います。おそらくロシアの車でも動くと思います。(笑)
何よりイメージで商売出来るご時勢ですから、環境面をアピールすれば売れるんじゃないでしょうか?

ポイントはガスを発生させるジェネレーターですね。
これの効率化に取り組めは億万長者、いや一国の主も夢じゃありません。

キアヌリーブス主演の「チェーン・リアクション」のように、ある特定の音波の共振が有効かもしれません。
あの超音波加湿器と組み合わせると効率化が図れるかも・・・

でもあんまり凄いものを開発すると映画のように刺客に狙われるかもしれません。
まずはお手ごろなオコチャマの実験から初めるのがいいかもしれませんね。

空のペットボトル1本あれば実験は始められます。
いかがでしょうか?

この記事に

  • 顔アイコン

    エンジンシリーズ、いろいろあるんですね〜。

    笑いで動くエンジンとかありませんかね?

    あ、私、おね〜ちゃんで動くエンジンがいい!(笑

    hide

    2010/2/25(木) 午後 4:39

    返信する
  • 顔アイコン

    空気エンジンから、水を使ってエンジンを回す…
    「デロリアン号」が空き缶とバナナの皮で動くのも不思議ではなくなって来ました。

    satotyan

    2010/2/25(木) 午後 5:09

    返信する
  • 水素の爆発力を還元するとして、どういった機構にするかが問題です。水素って体積はあるけれど、油圧式ジャッキのように強い力に変換することは難しそうです。
    重水素の核融合のほうが、まだ現実的かも。

    [ 時雨 ]

    2010/2/25(木) 午後 7:16

    返信する
  • 顔アイコン

    HIDEさん、おねーちゃんに1票入れさせてもらいます。(笑)
    出来れば膝の上でリラックス出来る機能も搭載してほしいですねー
    笑いは結構なエネルギーを消費すると言われていますので、うまく取り出せればいいかもしれませんねー。モンスターインクに頼みましょうか?

    TimeTripper

    2010/2/25(木) 午後 7:55

    返信する
  • 顔アイコン

    さとちゃん、デロリアンによく似たものをネットで見かけたことがあります。たぶんメタンガスで動くんだと思いますが、また探してみますね。
    水で動くエンジンも注意しないといけないのは、ペットボトルの水を買うとガソリンより高くなると思います。・・・ダメじゃん。

    TimeTripper

    2010/2/25(木) 午後 7:58

    返信する
  • 顔アイコン

    時雨さん、案外と簡単に動くようですよ。
    ただオイルはどうなっているのか心配です。
    空焚きしているようものですからね。
    核融合は不味いと思います。(笑)

    TimeTripper

    2010/2/25(木) 午後 7:59

    返信する
  • 水が燃料ですか。
    エンジンはいろんなのがあるのですね。
    私もオイルが気になりました。やっぱり往復運動は滑らかでないと。

    gdigalant

    2010/2/25(木) 午後 9:57

    返信する
  • 顔アイコン

    GDIさん、紹介したビデオのような実験程度ならしばらく動くのでしょうが、連続的に通常運転するにはオイル対策が必要でしょうね。
    でも楽しそうな実験ですねー

    TimeTripper

    2010/2/25(木) 午後 10:56

    返信する
  • メカって機構と訳すのが好きです。
    水素は新しい次元の、循環システムにつながるかも。
    システムというからにはビジネスです。水資源開発は鵜の目鷹の目ですよ。フランス系強し。

    [ 時雨 ]

    2010/2/26(金) 午後 7:47

    返信する
  • 顔アイコン

    時雨さん、リチウム電池のビジネスに飽きたら水素ビジネスが始まるかもしれませんね。
    100%水素エンジンより水素混合の燃費向上型が現実的で実用性も高いような気がします。
    その内に水の値段が上がったりして・・・

    TimeTripper

    2010/2/26(金) 午後 9:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事