ここから本文です
全国転勤族の常陸漫遊記
札幌から引っ越してきました!

書庫観光

記事検索
検索
かねふくめんたいパーク大洗を出た後も爆買いツアーは続きますよ。
続いて行ったところは
イメージ 1
大洗シーサイドステーション
イメージ 2
大洗マリンタワーをバックに愛車スイスポを記念撮影。
何せ大洗シーサイドステーションは10時からの営業開始なので少し待ちます。
イメージ 3
このステーションの2階にはガルパンのショップがありますので、ガルパンの痛車も存在。ショップの車ですね。
イメージ 4

大洗シーサイドステーションに運営が変わってから、壁にインスタ映えする絵が描かれています。
イメージ 5
それにしても大洗シーサイドステーションは平日に来ると閑古鳥ですね。お店もたくさん開き店舗があります。
イメージ 6

大洗まいわい市場が開店したので入ってみます。
イメージ 7
ここに来ると茨城のお土産や特産品は大体揃いますよ。
イメージ 8
大洗名物のみつだんごもここで売られてます。私はちゃんとお店に行って炊飯ジャーに入ったみつを付けてもらって出来立てを食べます
昔懐かしい味で、素朴です。
イメージ 9

水戸は納豆生産は日本一ですが、消費と言えば違うのですよ。
イメージ 10

2018年は残念ながら2位とあと一歩でした。水戸は大体納豆はそのままご飯にかけて食べますが、東北はいろいろな料理や味噌汁に入れて食べるので消費は負けるのですよね。
イメージ 11
ネコ好きな人には気になるお菓子も売ってました。
イメージ 12

これってお土産として職場に配ると喜ばれるかもね。
イメージ 13
ガルパンお土産コーナーもあって大洗がもっと活気が出るといいなあ。

3月1日、宮城から奥さんの実家のお母さんとお姉ちゃんが息子の大学入学のお祝いを持って茨城に来るとの知らせを聞いて、急遽振替休日を取りました。

朝早めに起きてブログのコメントをチェックしていると、ピンポンとの音が

8時くらいだったので、何でこんなに早く来ることが出来るのだろうと感心しながらも、お土産などの荷物を車から降ろします。

朝の9時から営業している貴重なところはここ
イメージ 1
かねふくめんたいパーク大洗
イメージ 2

ほら、ちゃんと3月1日でしょう。
イメージ 3

店内にあるイートイン売店のメニューが入口に設置されてました。
朝9時なので店内はほとんどお客さんはいませんでした。
イメージ 4
まずは入ってすぐにある試食の辛子明太子をいただきます。
イメージ 5

かねふくの明太子は出汁が利いていて辛さは控えめです。私の好みはもっと辛味があった方が好きですね。
イメージ 6

イメージ 7

私はいつもの見学ギャラリーに入ります。
イメージ 8
スケトウダラの網を見ながら
イメージ 9

Q&Aのモニターを撮影
イメージ 10

工場内ですが、今日はたくさんのスタッフが働いていますね。
イメージ 11
おお〜今日は5000kg、100名の作業人員なのですか。
イメージ 12

なるほど、一番の稼ぎ時なのでしょうか?
イメージ 13
出口付近にはたくさんの芸能人のサインが飾られてましたよ。





みなとみらい21

横浜中華街で中華料理を食べて満腹になったので、レクです。

元町中華街駅から2駅の馬車道まで戻ります。
イメージ 2
長いエスカレーターですね。
イメージ 3

馬車道駅のコンコースの壁にはこんな銀行の扉が
イメージ 4
恐らく、駅を出たところに、旧横浜正金銀行があるのでこの扉がオブジェになっているのではないでしょうか。

みなとみらい21方面に歩くと
イメージ 5
左手に横浜ランドマークタワーが見えて来ました。そのまま海の方へ歩きます。
イメージ 6

横浜赤レンガ倉庫に到着。
イメージ 7
流石に若いカップルばかりですね。
イメージ 8

息子と2人で来るには不釣り合いです。
イメージ 1
みなとみらい21
都会の夜景が美しいですね。
イメージ 9

横浜コスモワールドの観覧車
イメージ 10
電飾がいろいろ変わってずっと見ても飽きさせません。
イメージ 11

息子が子供の時に来て以来ですが、コスモワールドってもっと乗り物があったような気がしますよ。無くなったのかな?暗くて全容がよくわかりません。
イメージ 12
それにしても夜景が美しいです。茨城の田舎から出てくるとなお一層思います。
イメージ 13

ワールドポーターズという建物があったので中に入ってみましょう。
イメージ 14

建物の一角にハワイタウンがありました。
イメージ 15

好きな人が見ると楽し野でしょうが、おっさんと息子は全く興味なし。
イメージ 16
みなとみらいの美しい夜景に満足してホテルに帰りました。

横浜中華街

夕方ホテルをチェックインしてから、お外へ
イメージ 2

みなとみらい線の馬車道駅に行くと、地下鉄の掲示板を見てびっくり。
みなとみらい線が和光市まで走っているのですか。地下鉄の副都心線は渋谷まででしたが、それから東横線とみなとみらい線まで直通するようになったのですね。

帰りの時刻表では森林公園行まであったので、東武東上線まで行くのですか。
イメージ 3
これじゃ、会社帰りに居酒屋に行って、飲み潰れて電車に乘ったら、気づいてみると森林公園だったという結果になりそうです。(恐ろしい)

親子で向かった先はここ
イメージ 1
横浜中華街

朝暘門です。横浜中華街ってもう、13年くらいぶりですね。
イメージ 4

流石観光地です。平日でも人がいっぱいです。
イメージ 5
赤い提灯が中華街という雰囲気を出してますね。
イメージ 6
中国系インバウンドばっかりかなと思ってましたが、意外の日本人観光客も多くて外国観光客は3〜4割程度。
イメージ 7

中心通りの横の路地を見ると、お店がずらり。
イメージ 8
北京ダックが吊るされていました。これは今も昔も変わらない風景ですね。
イメージ 9

この黄金の提灯は何かな?と、このときはそう思ってましたが・・・
イメージ 10
善隣門までくると西門通りと北門通りに分かれます。
私たちは西門通り方面へ歩き
イメージ 11
延平門までの突き当りまで歩いたのでUターン
イメージ 12

さっきの黄金の提灯の正体が、ドラゴンだったのが、この時分かりました。

全国転勤族の私は、神戸や長崎の中華街も行きましたが、横浜の中華街が一番規模が大きいですね。

続く
アパート探しを終えた後、普通は東京の渋谷くらいのホテルに宿泊するのがセオリーと思ったのですが、それはブロガーの定め、ちょいとばかし面白そうなところに泊まる銀次郎です。

今回のホテルはここ
イメージ 1
ホテルルートイン横浜馬車道です。
みなとみらい線の馬車道駅5番出入口を出たらすぐ、そばにあります。
イメージ 2
一階の出入り口には馬車が展示していました。
イメージ 3
馬車道まつりで活躍する動くモニュメントらしいです。
フロントは2階にあって、そこでチェックインします。
今回はツインの部屋で2名で9000円でした。どうです、コスパ最高でしょう。
イメージ 4
今回の部屋は6階でした。
イメージ 5
部屋の広さは、最新ホテルと違って少し手狭です。
イメージ 6

テレビもそんなに大きくはありません。
イメージ 7
お風呂は普通の広さですが、大浴場があるので、使いませんでした。
イメージ 8

アメニティーグッズもこんな感じです。

それではルートインお楽しみの
イメージ 9
11階にある大浴場へ
イメージ 10

旅人の湯へ
イメージ 11

突き当りの左が男湯、右が女湯です。
イメージ 12

ルームキーを差し込むと扉が開きます。
イメージ 13
脱衣所の中です。奥が大浴場ですね。
イメージ 14
脱衣所の中にはコインランドリーも付いてました。
イメージ 15
ここは天然温泉ではなく、ラジウム人工温泉でした。大浴場内は人が入っていたので撮れませんでした。なかなか良い風呂でしたよ。

翌日の朝も早起きして大浴場に行って
イメージ 16

1階レストラン「花茶屋」で朝食バイキング
--イメージ 17

朝食は和食、洋食もありましたが、パンが食べたかったので洋食にしました。

 ホテルルートイン横浜馬車道

住  所:神奈川県横浜市中区弁天通4-53-1
電  話:045-227-8911

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事