ここから本文です
全国転勤族の常陸漫遊記
札幌から引っ越してきました!

書庫観光

記事検索
検索

袋田の滝

竜神大吊橋まで来ると、道路に袋田の滝まで20kmの看板が見えて来ます。

すると私はいつもついでに袋田の滝でも見てみようかな?という気持ちになってくるのです。

観光いばらきのホームページをよく拝見しているのですが、袋田の滝氷瀑7割とかの文字を見ると、袋田の滝の氷瀑も見たくてね。

しかし4日は立春ですが、気温が朝からどんどん上がり常陸太田市を走っていると気温が17℃まで上がっていました。

これじゃ袋田の滝の氷瀑も3割くらいかなと思いながらも
町営の無料駐車場に到着。
イメージ 2

そこから袋田の滝の料金所までは1.5kmくらいでしょうか。
まあ、毎日10km歩いている私には朝飯前ですけどね。
イメージ 3
袋田の滝の瀧見橋の下を除くと川が少し凍ってます。
イメージ 4
袋田の滝の案内図です、料金所からトンネルになっていて
イメージ 5
第一観瀑台から滝を見た後エレベーターに乗って第二観瀑台に行きます。
イメージ 6
まずは袋田の滝入場券販売所に行ってチケットを購入します。
「大人1枚ください」と言うと、スタッフさんが「700円になります」だって

「えっ〜700円ですか」と尋ねると、「間違えました、300円です」って

そんな簡単な間違えしますか?受け狙ったのかなと思っちゃいましたよ。
イメージ 7
それでは袋田の滝トンネルに入ります。
イメージ 8
流石にトンネル内は冷っとしますね。袋田の滝トンネルは昭和54年12月に完成。長さ276メートル、高さメートル、幅4メートルらしい。
イメージ 10
途中に「恋人の聖地」モニュメントがあります。大子町の鳥であるオシドリがモチーフだって


イメージ 1
第一観瀑台からの袋田の滝
イメージ 9
昨日から今日にかけて温かい気温になっている割には氷瀑しているような・・・
というか降雪量が少なかった関東なので、滝の流れる水の量が少なすぎる。
イメージ 11

四度滝不動尊を横目に見ながら
イメージ 12
エレベーターの前に並びます。
上に上がると
イメージ 13
第二観瀑台から見る袋田の滝

イメージ 14
一段上の方は、まだ凍ってますね。
イメージ 15

2弾目はよく見えませんが、3段目はほとんど凍ってません。
袋田の滝は高さ120メートル、幅73メートル、四段に落下することから別名「四度の滝」と呼ぶそうです。
イメージ 16
エレベーターを降りて、また第一観瀑台から袋田の滝を見る。
イメージ 17

やはり第二観瀑台よりも第一観瀑台の方がスケール感があって好きですね。
イメージ 18
吊橋方面の出口から撮った、横からの袋田の滝
イメージ 19
さて吊橋でも渡りますか。
イメージ 20

この吊橋が結構揺れるのですよね。
イメージ 21

吊橋の下は岩がゴツゴツしています。
イメージ 22
この岩がせまってくるかのような狭い通路を通って袋田の滝を後にしました

竜神大吊橋

昨日会社から自宅に帰ると、娘から車のエンジンがかからないとのこと。
なんじゃと思ってスイスポに乘ってエンジンをかけると、エンジンがかかりません。

そうです。バッテリー切れです。

私は徒歩通勤ですし、最近遠くに行くときはバイクで行っていたので、車は娘がバイトに行ったり、買い物に行ったりするくらいです。それも1〜2kmの距離ばかりですので、バッテリー切れになったようです。

セルモーターを回していると、近所方がブースターケーブルを繋げてもらいまして、エンジンがかかりました。\(^o^)/

さてバッテリーは何時交換したのだろうと作業記録を確認すると、前回の車検のときに交換しています。それじゃ1年ちょっとなのでバッテリー自体が悪いということではありませんね。

ということで翌日の2月4日の休みにスイスポでドライブすることにしました。

そう、バイクや車のエンジンを調子よくするためにいつも行くところはここです。
イメージ 1
竜神大吊橋
自宅から40kmですのでちょっと走りに行くには良い距離ですね。
イメージ 2
歩行専用の吊橋です。青い色が綺麗ですね。
イメージ 3

竜の絵が可愛いです。
イメージ 4
あの橋の左側にある料金所からが有料となります。
竜神大吊橋は何回も見ていますし、今の時期はこいのぼりもないので有料エリアには入りません。
イメージ 5

車を走らせて竜神ダムへ来ました。
イメージ 6
竜神ダムから竜神大吊橋を眺めます。今日は雲一つない良い天気ですね。
イメージ 7

ダム湖の水位は低いですね。茨城県は12月半ばから1月までほとんど雨降ってませんから。
イメージ 8
あの橋の真ん中の下の方からバンジージャンプをするのですよ。
料金がもっと安ければ私も飛んでみたいのですが。
イメージ 9

やっぱり竜神大吊橋は高いですね。
イメージ 10

竜神ダムは41億円で建設され、昭和54年3月に完成した多目的ダムなのですか。
イメージ 11

高さ45m、総貯水量300万㎡。

エンジンの調子が良くなって来ましたので、もう少し距離を伸ばします




酒列磯前神社


先日の休み、奥さんと一緒に行ったところはここ
イメージ 1

酒列磯前神社
以前大洗の大洗磯前神社と酒列磯前神社が兄弟神社で神様2人が共にのちに神磯の鳥居が建ったところにご降臨したことはブログで紹介しましたよね。覚えてますでしょうか。
イメージ 2
この高木のトンネルは樹齢300年を超える樹叢はヤブツバキやタブノキスダジイなどの木が生育しているのです。
イメージ 3

海の方へ降りる鳥居の向こうは磯前漁港です。
イメージ 4

今日酒列磯前神社に来たのはこれです。
イメージ 5
この亀さんが目的なのです。
酒列磯前神社はひたちなか地区にあるジョイフル本田の宝くじ売り場にジャンボ宝くじ発売日などに宮司が来て拝んでいると高額宝くじ当選が出るわ出るわで有名なのです。
この亀さんはジャンボ高額当選した方がお礼に寄付した石像なのですよ。
イメージ 6
せっかく年末ジャンボを買いに行くなら、セオリーに習って酒列磯前神社の作法にのって買ってみようと来ました。
イメージ 7
まずは酒列磯前神社の本殿に行って拝みます。
イメージ 8

次に授与所に行って金運のお守りをGET
イメージ 9

最後にカメさんをなでなでしてご利益をいただきました。
イメージ 10

それにしても樹叢はパワースポットですね。ビリビリきます。
イメージ 11
ひたちなか商業施設のジョイフル本田の宝くじ売り場に行って
イメージ 12
無事に年末ジャンボ宝くじを購入しました。
ブログネタも出来て最高ですね。

年明けて私の車がスイスポからベンツなどの高級外車に変わっていたら宝くじの高額当選者になったと思ってください。

まあそんなことはないですね。

水戸駅散策

26日は休みですが、用事があったので水戸へ。
イメージ 1
今回は久々に鉄道。JRで行くことにしてJR勝田駅へ
平日の通勤時間帯でない常磐線って20分間隔なのですね。知りませんでした。東京や埼玉、札幌の地下鉄などに乘り馴れてる私にとっては凄く不便です。
イメージ 2
2番線ホームにはひたちなか海浜鉄道のホームもありましたよ。
イメージ 3

平日だと1両の列車でしたね。
イメージ 4
勝田駅で20分待って、ようやく電車が来ました。扉の前に立って待っていたのですが、扉が開きません。なんで開かないとと思いながら隣の扉から電車に入ったのですが、ここで気付く。
扉はボタンを押さないと開かないんだ?
北海道や仙台などの雪国では経験していたのですが、北関東の常磐線でもボタンでの扉の開きが必要と走りませんでしたよ。
イメージ 5
勝田駅から水戸駅までは5分くらいです。まずは水戸駅南口です。ここには
イメージ 6

水戸の納豆記念碑があります。昨年は納豆消費量日本一から落ちてしまいましたね。生産量では日本一ですけど。
イメージ 7
南口から下を見ると、変な模様のバスが・・・最初は納豆模様のバスかと思っていたのですが
イメージ 8
カメラをズームすると・・・・もしかして干し芋の絵柄のバスなのですかね?
納豆?干し芋?どちらかわからないまま水戸駅の北口に移動
イメージ 9
水戸駅の北口は昔住んでいた27年前と変わりませんね。
イメージ 10

ちゃんと水戸黄門の御老公と助さん格さんがいます。
イメージ 11
ここで初めて知る、この像は水戸黄門助さん格さん像って言うのですね。
イメージ 12
水戸黄門ルつながりで前回行ったところにも訪問しますよ。
イメージ 13
水戸黄門神社
イメージ 14

水戸黄門の光圀(義公)の生誕の地に作られた神社なのです。
イメージ 15
水戸駅から5分くらいのところにありますので、水戸に来たら立ち寄ってみてください。

偕楽園もみじ谷の紅葉

今回の水戸のラーメンまつりは桜山駐車場にバイクを止めました。なので昨年見て綺麗だった偕楽園もみじ谷の紅葉を見てみましょう。
イメージ 1
こちらがもみじ谷の入口です。隣は護国神社があります。
それでは中に入って見ましょう。
イメージ 2
入ると右側のもみじの紅葉に小さなお子様連れのファミリーがいて写真を撮ってましたよ。
イメージ 3
今年の紅葉は秋が温かい気温だったので、コキア同様例年より遅いようで。やっと見頃になってきたくらいです。何本かはまだ緑の部分がありました。
イメージ 4
それでも紅葉は綺麗ですね。三連休の初日で天気も晴天であったこともあって大勢の市民や観光客が訪れてました。
イメージ 5
みなさんカメラやスマートフォンで記念撮影 
イメージ 6
真っ赤なもみじの紅葉はインバウンドの観光客に大人気です。いろんな国の言葉が飛び交ってました。
イメージ 7
もみじ谷の奥の方になるともみじの紅葉のトンネルです。
イメージ 8
偕楽園のもみじ谷は好文亭のある偕楽園とは違い、都市公園として広げた拡張部に位置します。
イメージ 9

もみじ谷はそれほど広くはありませんが、約170本のもみじやかえでがあります。
イメージ 10

昨年は紅葉が綺麗だったので、昼と夜も行きましたっけ。偕楽園のもみじ谷の紅葉ライトアップは今週末の25日までです。
綺麗ですので、お近くに立ち寄ったら見てください。
#偕楽園 #水戸市 #もみじ谷 #紅葉

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事