神奈川県藤沢市 辻堂海浜整骨院 スタッフブログ

辻堂団地商店街内にある整骨院 交通事故・労災・往診 まかせて安心 お気軽にお越しください
こんにちは。

本日は、患者様から最近よく質問を受ける、肩関節周囲炎(五十肩)についてお話します。

肩関節周囲炎(五十肩)とは
肩関節に痛みと運動制限をもたらす疾患で、50歳代を中心に多発することから一般に五十肩と呼ばれることがあります。

原因
発症の原因は様々ですが、肩周囲の組織(筋肉、腱、靭帯、関節包、滑液包など)が加齢や過労により炎症を起こすことが要因と考えられます。また、肩周辺の怪我から起こることもあります。

症状
主な症状は、肩周囲の痛み・可動域の低下・夜間痛(就寝時の痛み)などが特徴的です。
病態は、炎症期・拘縮期・回復期に分けられそれぞれの時期により症状も異なります。

炎症期・・・痛みがとても強い時期。
この時期は安静にして炎症を抑えます。
(症状に応じて三角巾やアームストラップで腕を吊ります。)

拘縮期・・・痛みはやわらぐが、肩関節の動きが悪くなる時期。
縮んでしまった肩周囲の組織に含まれるコラーゲン線維をリハビリで少しずつ壊していきます。

回復期・・・運動時痛や可動域制限が少しずつ改善してくる時期。 
可動域も広がってきたら、肩の運動時に肩関節を安定させる為に必要なインナーマッスルの強化をしていきます。


症状には個人差があります。
肩関節周囲炎になってしまったら、焦らず治療していくことが大切です。
気になる方は一度ご相談ください。

 


開く コメント(0)

イメージ 1
①骨盤矯正 ②スマートツール ③加圧トレーニング ④血流改善
この中から受けたい施術を2つ選んで
初回のみ1000円で体験できます
予約優先!駐車場完備!

①骨盤矯正・・・足の長さ、骨盤の傾き、腰椎のゆがみ等検査して腰椎→骨盤→下腿と診ていきます
必要であれば背中の矯正も加えます。痛みを感じる矯正は行いませんのでご安心ください。
担当者 安達カイロプラクティック 定期セミナー 7段取得

②スマートツール・・・欧米にて軟部組織治療のテクニックの1つとして行われている金属機器を使用した治療です。筋、腱、靭帯などの癒着や瘢痕化から起こる可動域制限や可動時痛に対しての効果にきたいできる治療方法です。
担当者 国家資格を有し指定の研修を受けスマートツール認定資格取得

③加圧トレーニング・・・空気圧カフ(血圧計の腕に巻くようなもの)によって筋肉の毛細血管に血流制限をかけると筋肉内が低酸素状態になります。低酸素状態でのトレーニングで血液中の乳酸濃度が高くなります。乳酸が溜まると筋肉内にあるレセプターを刺激して成長ホルモンの分泌を増加させます。そしてこの成長ホルモン濃度の増加こそが筋肉の増強につながっていくと考えられています。重い負荷をかけずに筋肉強化を目指せます。

④血流改善・・・③同様に空気圧を太ももに巻いて2分加圧したあと30秒除圧します。それにより蓄積された乳酸、分泌された成長ホルモンが一気に全身をかけめぐり、様々な症状の改善に効果があると期待できる健康法です。(冷え症、肩こり、筋肉痛、むくみ、便秘、高血圧、しびれ、関節痛等々)
担当者 MCCトレーナー認定資格取得

③④の使用不可
・深部静脈血栓症 ・骨や筋肉の手術を受けて7日以内 ・感染、炎症、重度の皮膚炎のある部位
・受傷後5日以内の創傷、骨折、捻挫、肉離れがある部位 ・重度の浮腫みや腫れがある部位
・ペースメーカー使用している方 ・悪性腫瘍のある方 ・妊娠中や出産直後の方 ・発熱のある方
・風邪や胃腸炎などの急性症状のある方 ・めまい、ふらつき、全身の震えなどのある方 
・上記以外にも特に身体の異常を感じているとき

開く コメント(0)



開く コメント(0)

SMART Toolsを使った治療

こんにちは。

本日は当院で行っている、上腕骨外側上顆炎(テニス肘)に対してSMART Toolsを使った治療をご紹介します。

<上腕骨外側上顆炎とは>
上腕骨外側上顆炎は、テニスプレーヤーに起こることが多いことから、テニス肘と呼ばれることもあります。
これは上腕骨の外側上顆から指の骨をつなぐ筋肉(主に短橈側手根伸筋)によって繰り返し引っ張られることで、上腕骨外側上顆が障害され炎症が起こると考えられています。
テニスラケットを振る動作、ゴルフや剣道など他の競技でも短橈側手根伸筋を酷使すると発生します。また、スポーツ以外でもパソコンのキーボード操作や重い荷物を持ち上げるなどの動作でも起こります。

イメージ 1
×印の場所が上腕骨外側上顆です

<上腕骨外側上顆炎の症状>
短橈側手根伸筋は、手首を伸ばす作用を持つ筋肉ですので、タオルを絞ったり物をつかんで持ち上げたりする動作で肘の外側が痛くなります。安静時に痛みを感じることはあまりありません。

<上腕骨外側上顆炎の治療法>
原則的に保存治療で症状は治まります。
一番大切なことは、痛みを感じる動作をやめて安静を保つということです。
その際、当院ではステンレス製の特殊な器具(SMART Tools)を使い、原因となる筋肉や軟部組織にアプローチしていきます。これにより徒手治療だけでは難しい疼痛緩和、筋膜リリース、また外傷から起こる変性した組織修復を促し可動域の回復を行います。
イメージ 2
原因となる筋肉をストレッチしてのアプローチ



イメージ 3
患部に直接アプローチ


開く コメント(0)

RIC 血流改善コース

↓こんなことやります

火・水・木曜日使用できます
予約が必要ですので
電話にてご連絡ください!

↓MCCのホームページ

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事