神奈川県藤沢市 辻堂海浜整骨院 スタッフブログ

辻堂団地商店街内にある整骨院 交通事故・労災・往診 まかせて安心 お気軽にお越しください

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

こんにちは。

本日は、患者様から最近よく質問を受ける、肩関節周囲炎(五十肩)についてお話します。

肩関節周囲炎(五十肩)とは
肩関節に痛みと運動制限をもたらす疾患で、50歳代を中心に多発することから一般に五十肩と呼ばれることがあります。

原因
発症の原因は様々ですが、肩周囲の組織(筋肉、腱、靭帯、関節包、滑液包など)が加齢や過労により炎症を起こすことが要因と考えられます。また、肩周辺の怪我から起こることもあります。

症状
主な症状は、肩周囲の痛み・可動域の低下・夜間痛(就寝時の痛み)などが特徴的です。
病態は、炎症期・拘縮期・回復期に分けられそれぞれの時期により症状も異なります。

炎症期・・・痛みがとても強い時期。
この時期は安静にして炎症を抑えます。
(症状に応じて三角巾やアームストラップで腕を吊ります。)

拘縮期・・・痛みはやわらぐが、肩関節の動きが悪くなる時期。
縮んでしまった肩周囲の組織に含まれるコラーゲン線維をリハビリで少しずつ壊していきます。

回復期・・・運動時痛や可動域制限が少しずつ改善してくる時期。 
可動域も広がってきたら、肩の運動時に肩関節を安定させる為に必要なインナーマッスルの強化をしていきます。


症状には個人差があります。
肩関節周囲炎になってしまったら、焦らず治療していくことが大切です。
気になる方は一度ご相談ください。

 


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事