ここから本文です
初音の杜 グループホームのブログ
社会福祉法人一誠会が設置経営するグループホーム初音の杜のスタッフブログです(^.^)/~~~
こんにちは
最近話題に出ることで少子化や働く世代の減少等による働き手の確保という部分ということは切っても切り離せないテーマになっています。
逆にIT化などによって、仕事の簡素化や生産性の向上によって人手の必要としない仕事が増えていくことがいわれています。
                                                         
イメージ 1
 
医療の世界でも、技術の必要とされる手術においても内視鏡手術をおこなう手術支援ロボットによるなどが開発されています。
 ドラマ「ブラックペアン」でも、嵐の二宮和也さん演じる心臓外科医と内視鏡下手術支援ロボットである医療機器が登場します。
 このドラマでは、医療のなかの人間模様が描かれながら、腕のいい技術を持つ医師と普及すれば腕に関わらずより多くの人の命を助けることができる機器の対決?をもとに物語が展開しています。
 
イメージ 2
 ドラマでは、まだ今後の展開が楽しみなのですが、人材の不足の問題や誰でも高い技術を持っているわけでなく、機器の発展によって人の手が必要としない時代が必然的に近づいてきているのだと感じます。
 
 話を戻しますが、介護や高齢者に関する仕事は、将来伸びる仕事としてげらているようです。医療の世界も同様なのかもしれませんが、どんなに機器の発展があっても人が関わることは切り離せないことがあるはずで、対人である以上感情や想いを感じ取りながら患者さんやご利用者を支えていく必要があるからこそ今後あり方は変化していくのかもしれませんが、必要とされる職種とされるのかもしれません。
イメージ 3
 介護でもご利用者の生活を支える専門家として、発展する機器をどのように活用しながら人を支えることができるのか模索していかないといけないと思います。
 
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ 
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 
facebookはじめました!】
 
社会福祉法人一誠会のfacebookも是非ご覧ください♪
 
『いいね!』よろしくお願い致します(・∀・)
 
※以下のURLから一誠会のfacebookにアクセスできます!
 

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
こんにちは
本日は、雨降りで蒸し暑さもあるなか、気温は涼しく、今期の梅雨では降雨とともに暑い日と涼しい日があるとのことで体調の管理も難しさはあるようです。
 
初音の杜のグループホームのご利用者においても、体調を崩される方がいる中で、新規で入居や、ショートステイを利用される等、ユニットの中でも動きがみられます。
 
イメージ 3
 ショートステイを利用される方の場合、自宅から一定の期間離れ、生活を送るようになるわけですが、認知症のある方々にとっては環境の変化に始めは慣れないことで落ち着かなかったり、夜眠れなかったりすることがあります。
 
 そのなかで、ショートステイを利用されているご利用者のご家族からすこしうれしい言葉をいただくことがありました。
 それは、「おちついて過ごしていて、前のおばあちゃんに戻ったみたい」。
在宅介護をされていて、認知症があることで度合いは様々ですが、生活に支障があり眼が離せない状態でご本人は過ごされていて、ご家族の負担もあると思います。
 
 はじめは心配であるかもしれませんが、ショートステイを利用していただいて、グループホームのなかで他のご利用者と交流したり、ちょっとしたことでも役割を持ち過ごすことで本人の心の平穏につながれば何よりです。
 
イメージ 2
 ご家族の感想は、率直にうれしいことです。現場で関わる職員も、ご利用者を介護する中で気を張りながら見させていただいていると思います。ちょっとした自信につなげてほしいですし、普段介護をされているご家族の想いをいいケアの原動力にしていってほしいと感じることがありました。
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ 
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 
facebookはじめました!】
 
社会福祉法人一誠会のfacebookも是非ご覧ください♪
 
『いいね!』よろしくお願い致します(・∀・)
 
※以下のURLから一誠会のfacebookにアクセスできます!
 

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1


こんにちは
一誠会では9月13日に新規事業として第二偕楽園ホームを建設中です。
外観ははっきりとわかるようになっています。現在は内装が造られています。
 
イメージ 2

以前にもお伝えしましたが、職員の採用は重要なとことでもあります。
今回、宮下公会堂にある立て看板を町会からお借りし、求人募集のお知らせを張らせていただくことになりました。
 
イメージ 3

 旧滝山街道の左入方面、戸吹方面両側から見えるようになっていて、目立つようになっていますので、見てみてください。
 
 はじめ求人募集のちらしを掲示板に載せさせていただいてよいかの相談を町会長にしたところ、看板の枠の空いているところを紹介いただきました。
イメージ 4


 町会の方々からも、建築の進み具合について気にしていただいたり、職員の採用のことについても状況を気にしてくださる声を伺います。
 いい職員が集まることを祈って待ちたいと思います。
 
 
 
少し覗いてみてください 社会福祉法人 一誠会 のホームページ
にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 
facebookはじめました!】
 
社会福祉法人一誠会のfacebookも是非ご覧ください
 
『いいね!』よろしくお願い致します()
 
以下のURLから一誠会のfacebookにアクセスできます!
 





この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

こんにちは
介護保険制度において、要介護状態のご利用者が適切なサービスを利用する為に必要なのが「ケアプラン」です。
 
 グループホームでもサービス開始の段階で、事前にアセスメントを行い入居されたその日から必要な介護を受ける為に施設サービス計画書を策定をします。
イメージ 2
 その計画書には、本人の生活の中における希望やできることしたいことなどを聞き取りながら、したい生活やできる生活をどのように支援することで叶えていけるかをサービスをもとに作成していきます。
 
 本人の意向や現状の心身の状態によって、自身だけでは取り組めなくても、介護者が支援することによっておこなえるようになるといった自立を促すことが長期と短期の目標を設定します。
 
イメージ 3
 それに基づき、実施するサービスを決めていきますが介助をおこなう度合いや頻度についてはそれぞれのご利用者によって変わり、介護を行う側の基準になるのと同時にご利用者自身生活のなかで行いづらくなったことを取り戻し、したい生活を送れるようになることが目的です。
 
 ご利用者が送りたい生活を、関係者が共通の認識で関わることができるようにケアプランの活用ができるとご利用者が生活しやすい状況につながっていくものと思います。
 
 
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ 
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 
facebookはじめました!】
 
社会福祉法人一誠会のfacebookも是非ご覧ください♪
 
『いいね!』よろしくお願い致します(・∀・)
 
※以下のURLから一誠会のfacebookにアクセスできます!
 

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1


こんにちは
621日(木)18時30分より平成30年度第一回地域福祉研修を開催します。
この研修は、社会福祉法人一誠会が福祉の拠点となるように地域の介護施設の介護職員等にも参加してもらえる研修機会を設けることで介護のスキルの向上を図るために取り組むものです。
 
 今回は、和泉短期大学の准教授 佐藤美紀先生による「認知症の人を理解する認知症ケアのポイント」をテーマに講義いただいます。
 
 ふるってご参加ください。お待ちしています。
★少し覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ 
↓にほんブログ村に参加しています。応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
 
facebookはじめました!】
 
社会福祉法人一誠会のfacebookも是非ご覧ください♪
 
『いいね!』よろしくお願い致します(・∀・)
 
※以下のURLから一誠会のfacebookにアクセスできます!
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事