ニキタマの万葉集

当て字の繭玉をほぐそう、枕詞で古代を解明しよう。

全体表示

[ リスト ]

サ6 1053;雑歌,作者:田辺福麻呂歌集,久邇京,新都讃美

[題詞](讃久邇新京歌二首[并短歌])

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[原文]ー[訓読]ー[仮名]ー
吾皇ー吾が大君ーわがおほきみー
神乃命乃ー神の命のーかみのみことのー 明きつ神わが大君が
高所知ー高知らすー「たかしらす」ー
布當乃宮者ー布当の宮はーふたぎのみやはー天の下をお治めになる布当の宮は
百樹成ー 百木盛りー「ももきもり」ー
山者木高之ー山は木高しーやまはこだかしー豊かに木々が栄えて
落多藝都ー落ちたぎつー[おちたぎつ]ー
湍音毛清之ー瀬の音も清しーせのおともきよしー瀬音の清き響きよ
鴬乃ー鴬のーうぐひすの
来鳴春部者ー来鳴く春へはーきなくはるへはー鶯鳴く春には
巌者ー巌にはーいはほには
山下耀ー山下光りーやましたひかり
錦成ー錦なすーにしきなす
花咲乎呼里ー花咲きををりーはなさきををりーやまの辺一面に花々が咲き誇り
左<壮>鹿乃ーさを鹿のーさをしかのー牡鹿の
妻呼秋者ー妻呼ぶ秋はーつまよぶあきはー妻呼ぶ秋は
天霧合ー天霧らふー[あまぎらふ]ー空が一面に霧でかすみ霧が掛ったように曇っている状態。
之具礼乎疾ーしぐれをいたみーしぐれをいたみーしぐれにつれて
狭丹頬歴ーさ丹つらふー[さにつらふ]ー 『「さ丹頬ふ」の意。赤みのある顔をしていることから美しいものを形容する』「妹」「君」「紐」「色」「紅葉」などにかかる枕詞。
黄葉散乍ー黄葉散りつつーもみちちりつつー美しさを増した紅葉が舞い散る
八千年尓ー八千年にーやちとせに
安礼衝之乍ー生れ付かしつつーあれつかしつつー生まれながらにしてその身に備わっている。
天下ー 天の下ーあめのした
所知食跡ー知らしめさむとーしらしめさむとー天の下隈なくお治めになる
百代尓母ー百代にもーももよにも
不可易ー変るましじきーかはるましじきーいついつまでも栄える
大宮處ー 大宮所ーおほみやところーみやこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[左注](右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
<個別へ> http://blogs.yahoo.co.jp/kairouwait08/33099685.html



* 38番歌でも、自然界の変化は天皇のための貢ぎ物として喩えている。
「畳はる 青垣山」が目出度いこと、山神が自然を季節の変化をさせたこと、と言う考え方、天皇の国見の歌として、山々が垣のように宮廷の周りを巡らしていることが目出度い、と言う思想がある。その中に含まれてあるのは、一つは天皇が普通の人間ではなくて、「神ながら」「遠つ神」「明つ神」で示しているように、神の存在であるということ、もう一つは「山」という神の所在している環境に身を置くことで、そこにある自然現象、事物が象徴する力を得ることが出来る、と言うことが考えられる。
 1050番の歌の初めに、「明つ神 わご大君」と言う句が言うように、天皇は「明きつ神」である。宮を立てる理想の地として、数々周りの景色を描いている。「山並みの 宜しき国と 川次の たち合う郷と」であり、「川近み 瀬の音ぞ清き 山近み 鳥が音とよむ 春されば 山もとどろに さ男鹿は 妻呼び響め 春されば 岡辺もしじに 巖には 花咲きををり」する所である。 
 1053番の歌にも同様に、宮の周りの山の景色を丹念に描いている。

* 恭仁京は聖武天皇が都としたところである。天平12年(740)に藤原広嗣の乱が起きると、天皇は不可解な彷徨を始める。伊勢、不破、近江を転々とした後、ここ恭仁京を定め、右大臣橘諸兄に命じて京の造営を行い、天平13年(741)遷都した。しかし、3年後にはまた難波京に遷都している。わずか3年間の都であった。

* 聖武天皇の思いつきとも思える矢継ぎ早の諸政策、−「遷都」「国分寺・尼寺の建設」「大仏建立」−は、当然国家予算の窮乏をもたらす。膨大な人員が動員され、民にとってはそれは農作業とは異なった不毛な生産労働であった事だろう。「民は憂い苦しんでいる。都が転々とするために住まいも定まらず、道路には生活に苦しむ者の泣きさけぶ声がたえず、恨みなげく声はまことに多い」と「続日本紀(橘奈良麻呂)」も記す。地方の人民は都へ無理矢理労役にかり出され、造営作業に動員されて自分自身の生活どころではなく、労役から脱走する人々も多く、帰郷の道中に餓死した者の死体が氾濫していたという。また、巨大宮城、大仏殿の造営は巨木を伐採するので、今日と同様に森林破壊に至り、結果それは河川の氾濫、山崩れなどの「自然災害」をもたらし、飢饉をつくりだすという悪循環ももたらした。<京都府相楽郡加茂町瓶原編 >
* 奈良朝で初めての男性天皇、聖武帝のこと
http://urano.org/kankou/topics/shoumu/index.html


サ6 1054;雑歌,作者:田辺福麻呂歌集,久邇京,新都讃美

[題詞](讃久邇新京歌二首[并短歌])反歌五首

泉<川>  徃瀬乃水之  絶者許曽  大宮地  遷徃目

泉川 行く瀬の水の 絶えばこそ 大宮所 移ろひ行かめ 

いづみがは ゆくせのみづの たえばこそ おほみやところ うつろひゆかめ

[左注](右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
泉川を流れる瀬の水がもし絶えるようなことがあったなら

大宮所は遷都がすることでしょう

泉川の川瀬の水の絶えることがないように

この都は磐石である
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「泉川」は木津川のこと。
「絶えば」;
「絶え」はヤ行下二段活用動詞「絶ゆ」の未然形。
「ば」は仮定条件接続助詞=絶えるならば。
「大宮所」は「皇居のある所。皇居」のこと。
「移ろひ」は「場所を変える」こと。
「め」は推量「む」の已然形で係助詞「こそ」の結び。
<個別へ> http://blogs.yahoo.co.jp/kairouwait08/33099679.html



サ6 1055;雑歌,作者:田辺福麻呂歌集,久邇京,新都讃美

[題詞]((讃久邇新京歌二首[并短歌])反歌五首)

布當山  山並見者  百代尓毛  不可易  大宮處

布当山 山なみ見れば 百代にも 変るましじき 大宮所 

ふたぎやま やまなみみれば ももよにも かはるましじき おほみやところ

[左注](右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
布当山の山並を見ると 

万代にも変わりそうにもない大宮所だ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<個別へ> http://blogs.yahoo.co.jp/kairouwait08/33099652.html



田辺福麻呂(たなべのさきまろ)
生没年未詳。『万葉集』末期の代表歌人。748年(天平20)橘諸兄(たちばなのもろえ)の使者として越中(えっちゅう)(富山県)の大伴家持(おおとものやかもち)のもとに下っている。ときに造酒司(さけのつかさ)の令史(そうかん)(大初位(だいそい)上相当官)。福麻呂作とあるのは短歌13首だが、ほかに『田辺福麻呂歌集』に長歌10、短歌21首があって福麻呂の作と認められる。政権担当者橘諸兄のもとで宮廷賛歌などを歌い、宴席に奉仕している点からして、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)や山部赤人(やまべのあかひと)の系統を継ぐ最後の宮廷歌人であった。作風は軽快で装飾美に富み、巧妙・華麗だが、概して平板で迫力に乏しい。

* 『万葉集』とは、7世紀後半から8世紀後半頃にかけて編まれた、日本に現存する最古の歌集である。
天皇、貴族から下級官人、防人など様々な身分の人間が詠んだ歌を4500首以上も集めたもので、成立は759年(天平宝字3)以後と見られる。歌集。20巻。
 数次にわたって編纂されたとみられ、大伴家持が編纂に携わったことが推定されるが、最終的に現在の形にまとめた人物は不明。
 巻1〜16までは基本的に雑歌(ぞうか)相聞歌(そうもんか)挽歌などの部立てによる編纂方針によって貫かれるが、巻一七以降は年月日順で編まれ、部立てはみられない。
 作者は皇族貴族から遊女乞食まで広い階層にわたるが、その中心が皇族貴族官人であったことは無視できない。
特に、額田王・柿本人麻呂・山部赤人・山上憶良・大伴旅人・大伴家持などは著名。
 歌体は、短歌のほか長歌旋頭歌(せどうか)などを含む。初期の集団的な歌謡から大伴家持に代表される繊細優美な歌まで、上代歌謡の進展に伴うさまざまな歌を含む。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事