ニキタマの万葉集

当て字の繭玉をほぐそう、枕詞で古代を解明しよう。

全体表示

[ リスト ]

4016高市黒人,羈旅,旅情,伝誦,三国五百国,漂泊,高岡

[題詞]高市連黒人歌一首 [年月不審]

賣比能野能 須々吉於之奈倍 布流由伎尓 夜度加流家敷之 可奈之久於毛倍遊

婦負の野の すすき押しなべ 降る雪に 宿借る今日し 悲しく思ほゆ 

めひののの すすきおしなべ ふるゆきに やどかるけふし かなしくおもほゆ
・・・・・・・・・・・
婦負の野の薄を押し靡かせて降る雪の

一夜の宿りをする今日は深々と悲しく思われる
・・・・・・・・・・・



4017

[題詞]

東風伊多久布久良之 奈呉乃安麻能 都利須流乎夫祢 許藝可久流見由

あゆの風 いたく吹くらし 奈呉の海人の 釣する小船 漕ぎ隠る見ゆ 
[越俗語東風謂<之>安由乃可是也][あゆのかぜ(越の方言では東風)]

あゆのかぜ いたくふくらし なごのあまの つりするをぶね こぎかくるみゆ
・・・・・・・・・・・
あゆの風がえらい吹いているらしい

奈呉の海人の釣りする小舟の

漕いでいるのが

波間に見え隠れしている
・・・・・・・・・・・
* 「隠(かく)る」は奈良時代には四段活用・下二段活用の両方が見られる。平安以後は下二段活用。



4018

[題詞]

美奈刀可是 佐牟久布久良之 奈呉乃江尓 都麻欲<妣>可波之 多豆左波尓奈久

港風 寒く吹くらし 奈呉の江に 妻呼び交し 鶴多に鳴く 

[一云 多豆佐和久奈里][一云 鶴騒くなり]

みなとかぜ さむくふくらし なごのえに つまよびかはし たづさはになく[たづさわくなり]
・・・・・・・・・・・
河口に吹く今朝の風は寒いらしい

奈呉の入江では連れ合いを呼んで

鶴の群れが盛んに鳴き交わしている
・・・・・・・・・・・



4019

[題詞]

安麻射可流 比奈等毛之流久 許己太久母 之氣伎孤悲可毛 奈具流日毛奈久

天離る 鄙ともしるく ここだくも 繁き恋かも なぐる日もなく 

[あまざかる] ひなともしるく ここだくも しげきこひかも なぐるひもなく
・・・・・・・・・・・
遠く都を離れた地方の田舎にいるだけに

こんなにも募る恋しさよ

奈呉にいても 

和むことはない
・・・・・・・・・・・
「略体歌」という特異な表記形式の歌がある。「略体歌」は、助詞助動詞などの表記を最低限にとどめて、漢文風に歌を記している。この「略体歌」の最大文字数は16字である。
万葉仮名を使って、一字一音で、短歌(31音)を書き記すと、1行15字詰めの場合は、3行書きとなり、しかも最後の1行は、1字だけということになる。
 安麻射可流比奈等毛之流久許己太
 久母之気伎孤悲可毛奈具流日毛奈
 久
「略体歌」は、やまと歌を漢詩風に記し、読み下すには最も難しいが、魅惑に満ちたもの。(通称「柿本朝臣人麻呂歌集」)
文字数を規定するものの一つに、書物の「形式」的側面があった。
中国文化圏では、仏教経典・儒教経典・道教経典・法典・歴史書など正式な書物が、1行17字詰めで書かれた。格の高い経典類との区別が意識されていることが窺える。



4020

[題詞]

故之能宇美能 信濃[濱名也]乃波麻乎 由伎久良之 奈我伎波流比毛 和須礼弖於毛倍也

越の海の 信濃[濱名也]の浜を 行き暮らし 長き春日も 忘れて思へや 

こしのうみの しなぬのはまを ゆきくらし ながきはるひも わすれておもへや
・・・・・・・・・・・
越の海に沿った信濃の浜を

一日歩き暮らしたが

この長い春の日

片時も都の妻を思わずにはいない
・・・・・・・・・・・



4021天平20年春,作者:大伴家持,部内巡航,富山,叙景

[題詞]礪波郡雄神河邊作歌一首

乎加未河<泊> 久礼奈為尓保布 乎等賣良之 葦附[水松之類]等流登 湍尓多々須良之

雄神川 紅にほふ 娘子らし 葦付[水松之類]取ると 瀬に立たすらし 

をかみがは くれなゐにほふ をとめらし あしつきとると せにたたすらし
・・・・・・・・・・・
雄神川の川面に紅の色が映っていて美しい

乙女たちが川瀬に立って葦付を採っている

くれない色に照り映えて
・・・・・・・・・・・
* 「雄神川」は、富山県西部を流れる庄川。




4022天平20年春,作者:大伴家持,部内巡航

[題詞]婦負郡渡鵜坂河邊時作一首

宇佐可河<泊> 和多流瀬於保美 許乃安我馬乃 安我枳乃美豆尓 伎<奴>々礼尓家里

鵜坂川 渡る瀬多み この吾が馬の 足掻きの水に 衣濡れにけり 

うさかがは わたるせおほみ このあがまの あがきのみづに きぬぬれにけり
・・・・・・・・・・・
めひ(婦負)の郡(こおり)の鵜坂川は

渡る瀬が多くて

私の乗る馬の足掻きのはね水で

着ている衣がすっかり濡れてしまったことだ 
・・・・・・・・・・・
* 「鵜坂川」は今の神通川。



4023天平20年春,作者:大伴家持,叙景,部内巡航

[題詞]見潜鵜人作歌一首

賣比河波能 波夜伎瀬其等尓 可我里佐之 夜蘇登毛乃乎波 宇加波多知家里

婦負川の 早き瀬ごとに 篝さし 八十伴の男は 鵜川立ちけり 

めひがはの はやきせごとに かがりさし やそとものをは うかはたちけり
・・・・・・・・・・・
婦負川の急流の瀬ごとに篝火を焚いて

連れ立つ大勢の官人たちは鵜飼をしていることだよ
・・・・・・・・・・・



4024天平20年春,作者:大伴家持,部内巡航

[題詞]新川郡渡延槻河時作歌一首

多知夜麻乃 由吉之久良之毛 波比都奇能 可波能和多理瀬 安夫美都加須毛

立山の 雪し消らしも 延槻の 川の渡り瀬 鐙漬かすも 

たちやまの ゆきしくらしも はひつきの かはのわたりせ あぶみつかすも
・・・・・・・・・・・
立山の雪も融けはじめたらしい

水が滔々と押し寄せてくる

この早月川の渡り瀬で

馬の鐙が水に浸かってしまった
・・・・・・・・・・・
* 「延槻川」は、現在の富山県滑川市と魚津市の間を流れる早月川。北アルプスを源流とする、全国屈指の急流河川。




4025天平20年春,作者:大伴家持,石川,部内巡航,能登,叙景,羽咋

[題詞]赴参<氣>太神宮行海邊之時作歌一首

之乎路可良 多太古要久礼婆 波久比能海 安佐奈藝思多理 船梶母我毛

志雄路から 直越え来れば 羽咋の海 朝なぎしたり 船楫もがも 

しをぢから ただこえくれば はくひのうみ あさなぎしたり ふなかぢもがも
・・・・・・・・・・・
氷見から宝達丘陵を越えて

志雄に至る山道を来ると

目の前に羽咋の海が広がる

いましも朝凪に鏡のような海面を見ると

舟と櫂が欲しくなるなあ
・・・・・・・・・・・
* 「もがも」は、「もが」願望の終助詞、「〜がほしい」「〜でありたい」という願望をあらわす語に、詠嘆の助詞「も」が付いたもの。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事