ニキタマの万葉集

当て字の繭玉をほぐそう、枕詞で古代を解明しよう。

全体表示

[ リスト ]

4142 天平勝宝2年3月2日,作者:大伴家持,望郷,高岡

[題詞]二日攀柳黛思京師歌一首

春日尓 張流柳乎 取持而 見者京之 大路所<念>

春の日に 張れる柳を 取り持ちて 見れば都の 大道し思ほゆ 

はるのひに はれるやなぎを とりもちて みればみやこの おほちしおもほゆ
・・・・・・・・・・・・
春の日差しにふっくらと芽吹いた

柳の枝を手折り つくづく見れば

京の大路の賑わいが思い出されることだ
・・・・・・・・・・・・
「柳黛」「張れる柳」は、平城京柳並木の朱雀大路行き交う都の女たちの美しい眉目、姿を掛けている。




4143 天平勝宝2年3月2日,作者:大伴家持,高岡,枕詞

[題詞]攀折堅香子草花歌一首(花をよじ折る歌)

物部<乃> 八<十>○嬬等之 ○乱 寺井之於乃 堅香子之花

もののふの 八十娘子らが 汲み乱ふ 寺井の上の 堅香子の花 

[もののふの] やそをとめらが くみまがふ てらゐのうへの かたかごのはな
・・・・・・・・・・・・
大勢の乙女たちが水を汲み華やぐ

その寺の井の畔には

片栗の花がひっそりと咲いている
・・・・・・・・・・・・




4144 天平勝宝2年3月2日,作者:大伴家持,高岡

[題詞]見歸鴈歌二首

燕来 時尓成奴等 鴈之鳴者 本郷思都追 雲隠喧

燕来る 時になりぬと 雁がねは 国偲ひつつ 雲隠り鳴く 

つばめくる ときになりぬと かりがねは くにしのひつつ くもがくりなく
・・・・・・・・・・・
燕が来る季節になったと

雁は故郷を偲びながら

雲に隠れて鳴き渡って行く
・・・・・・・・・・・




サ4145 天平勝宝2年3月2日,作者:大伴家持,推敲,帰雁,高岡

[題詞](見歸鴈歌二首)

春設而 如此歸等母 秋風尓 黄葉山乎 不<超>来有米也 [一云 春去者 歸此鴈]

春まけて かく帰るとも 秋風に もみたむ山を 越え来ざらめや 
[一云 春されば 帰るこの雁]

はるまけて かくかへるとも あきかぜに もみたむやまを こえこざらめや[はるされば かへるこのかり]
・・・・・・・・・・・
春になって 

こうして故里に帰って行く雁だけれども

秋風が吹き山が黄葉したら

再び越えて戻って来ないわけがあろうか
・・・・・・・・・・・
* 「春まけて」春かたまけて とも。 古語「かたまく」は、時を待ち受ける、または、時が近づく、時になる、の意がある。



サ19 4146;作者:大伴家持、懐古,望郷,高岡

[題詞]夜裏聞千鳥<喧>歌二首

夜具多知尓  寐覺而居者  河瀬尋  情<毛>之<努>尓  鳴知等理賀毛

夜ぐたちに 寝覚めて居れば 川瀬尋め 心もしのに 鳴く千鳥かも 

よぐたちに ねざめてをれば かはせとめ こころもしのに なくちどりかも

夜中に

目覚めたままいると

川の浅瀬をたずねて

心が萎れるほどかなしげに

千鳥が鳴くことよ




19 4147;作者:大伴家持、懐古,高岡

[題詞](夜裏聞千鳥<喧>歌二首)

夜降而  鳴河波知登里  宇倍之許曽  昔人母  之<努>比来尓家礼

夜くたちて 鳴く川千鳥 うべしこそ 昔の人も 偲ひ来にけれ 

よくたちて なくかはちどり うべしこそ むかしのひとも しのひきにけれ

夜半も過ぎて

川千鳥の鳴く声が聞こえる

なるほど もっともなことだ

昔の人も鳴き声を慕って

歌にも残している

淡海の海 夕浪千鳥 汝が鳴けば 心もしのに 古思ほゆ
 (柿本人麻呂03/0266)

ぬばたまの 夜のふけぬれば 久木生ふる 清き河原に 千鳥しば鳴く
 (山部赤人06/0925)



サ19 4148;作者:大伴家持、

[題詞]聞暁鳴雉歌二首

椙野尓  左乎騰流雉  灼然  啼尓之毛将哭  己母利豆麻可母

杉の野に さ躍る雉 いちしろく 音にしも泣かむ 隠り妻かも 

すぎののに さをどるきぎし いちしろく ねにしもなかむ こもりづまかも

杉の野に踊る雉は

なぜあんなに大声で鳴くのだろう

どこかにいる隠り妻が

それほど恋しいからか
☆ 動くだけでも目立つのに、なぜそんなにも大声で鳴くのか。危険は感じないのか。そうしないではいられない「私」を映しているようではないか。




サ19 4149;作者:大伴家持、叙景,枕詞

[題詞](聞暁鳴雉歌二首)

足引之  八峯之雉  鳴響  朝開之霞  見者可奈之母

あしひきの 八つ峰の雉 鳴き響む 朝明の霞 見れば悲しも 

[あしひきの] やつをのきぎし なきとよむ あさけのかすみ みればかなしも

はるか峯々にこだまする

雉の声の籠もる朝焼けの霞

見れば 一人われはなぜか切ない




サ19 4150;作者:大伴家持、叙景,高岡

[題詞]遥聞泝江船人之唱歌一首

朝床尓 聞者遥之  射水河  朝己藝思都追  唱船人

朝床に 聞けば遥けし 射水川 朝漕ぎしつつ 唄ふ舟人 

あさとこに きけばはるけし いみづかは あさこぎしつつ うたふふなびと

朝の寝床でまどろんでいると

遥かかなたから聞こえてくるのは

射水川を漕ぎながら唄う船人の声だなあ

以上、19/4142「柳黛を攀ぢて京師を思ふ歌」から19/4150までの九首は、三月二日の昼から翌朝明け方にかけての連作。

朝床に聞けば遥けし − 大伴家持 萬葉集 巻十九(4150)【超訳】
https://blogs.yahoo.co.jp/raindrop_5588/56184962.html?vitality



閉じる コメント(2)

顔アイコン

http://blogs.yahoo.co.jp/kairouwait08/27546960.html

2016/12/10(土) 午後 8:19 [ ニキタマの万葉集 ]

顔アイコン

朝床に聞けば遥けし − 大伴家持 萬葉集 巻十九(4150)【超訳】
https://blogs.yahoo.co.jp/raindrop_5588/56184962.html?vitality

2018/8/12(日) 午前 7:26 [ ニキタマの万葉集 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事