ニキタマの万葉集

当て字の繭玉をほぐそう、枕詞で古代を解明しよう。

全体表示

[ リスト ]

万葉集6 1062

6 1062;雑歌,作者:田辺福麻呂歌集,難波,新都讃美

[題詞]難波宮作歌一首[并短歌]

[左注](右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)

↓[原文]ー[訓読]ー[仮名]ー   []は枕詞。
安見知之ー[やすみしし]ー
吾大王乃ー我が大君のーわがおほきみのー我らの大君が
在通ーあり通ふーありがよふーいつもお通いになる
名庭乃宮者ー難波の宮はーなにはのみやはー難波の宮は
不知魚取ー鯨魚取りー[いさなとり]ー
海片就而ー海片付きてーうみかたづきてー海に面していて
玉拾ー玉拾ふーたまひりふー玉を拾う
濱邊乎近見ー浜辺を清みーはまへをきよみー浜辺が清いので
朝羽振ー朝羽振るーあさはふるー朝には鳥が羽を振るわせるように
浪之聲せー波の音騒きーなみのおとさわくー波の音が騒ぎ
夕薙丹ー夕なぎにーゆふなぎにー夕凪には
櫂合之聲所聆ー楫の音聞こゆーかぢのおときこゆー船の楫の音が聞える
暁之ー暁のーあかときのー暁の
寐覺尓聞者ー寝覚に聞けばーねざめにきけばー寝覚に耳を澄ませれば
海石之ー海石のーいくりのー暗礁が
塩干乃共ー潮干の共ーしほひのむたー引潮と共に現れる
<*>渚尓波ー浦洲にはーうらすにはーその浦洲で
千鳥妻呼ー千鳥妻呼びーちどりつまよびー千鳥が妻を呼んで鳴き
葭部尓波ー葦辺にはーあしへにはー葦の生える岸辺では
鶴鳴動ー鶴が音響むーたづがねとよむー鶴が鳴き声を響かせる
視人乃ー見る人のーみるひとのー見る人が
語丹為者ー語りにすればーかたりにすればー語り草にすると
聞人之ー聞く人のーきくひとのー聞く人も
視巻欲為ー見まく欲りするーみまくほりするー見たくなる
御食向ー御食向ふー[みけむかふ]ー
味原宮者ー味経の宮はーあぢふのみやはーこの味経の宮は
雖見不飽香聞ー見れど飽かぬかもーみれどあかぬかもーいくら見ても飽きることがないことよ

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事