ニキタマの万葉集

当て字の繭玉をほぐそう、枕詞で古代を解明しよう。

全体表示

[ リスト ]

6 1058;雑歌,作者:田辺福麻呂歌集,久邇京,新都讃美

[題詞]((讃久邇新京歌二首[并短歌])反歌五首)

狛山尓 鳴霍公鳥 泉河 渡乎遠見 此間尓不通 [一云 渡遠哉 不通<有>武]

狛山に 鳴く霍公鳥 泉川 渡りを遠み ここに通はず [一云 渡り遠みか通はずあるらむ] 

こまやまに なくほととぎす いづみがは わたりをとほみ ここにかよはず[わたりとほみか,かよはずあるらむ]

[左注](右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)

対岸の狛山に鳴くホトトギスは
泉川の川幅があまりに広いので
こちらには通ってこないことだなあ

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事