ニキタマの万葉集

当て字の繭玉をほぐそう、枕詞で古代を解明しよう。

全体表示

[ リスト ]

万葉集6 1053

6 1053;雑歌,作者:田辺福麻呂歌集,久邇京,新都讃美

[題詞](讃久邇新京歌二首[并短歌])

[左注](右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓[原文]ー[訓読]ー[仮名]ー
吾皇ー吾が大君ーわがおほきみー
神乃命乃ー神の命のーかみのみことのー 明きつ神わが大君が
高所知ー高知らすー「たかしらす」ー
布當乃宮者ー布当の宮はーふたぎのみやはー天の下をお治めになる布当の宮は
百樹成ー 百木盛りー「ももきもり」ー
山者木高之ー山は木高しーやまはこだかしー豊かに木々が栄えて
落多藝都ー落ちたぎつー[おちたぎつ]ー
湍音毛清之ー瀬の音も清しーせのおともきよしー瀬音の清き響きよ
鴬乃ー鴬のーうぐひすの
来鳴春部者ー来鳴く春へはーきなくはるへはー鶯鳴く春には
巌者ー巌にはーいはほには
山下耀ー山下光りーやましたひかり
錦成ー錦なすーにしきなす
花咲乎呼里ー花咲きををりーはなさきををりーやまの辺一面に花々が咲き誇り
左<壮>鹿乃ーさを鹿のーさをしかのー牡鹿の
妻呼秋者ー妻呼ぶ秋はーつまよぶあきはー妻呼ぶ秋は
天霧合ー天霧らふー[あまぎらふ]ー空が一面に霧でかすみ霧が掛ったように曇っている状態。
之具礼乎疾ーしぐれをいたみーしぐれをいたみーしぐれにつれて
狭丹頬歴ーさ丹つらふー[さにつらふ]ー 『「さ丹頬ふ」の意。赤みのある顔をしていることから美しいものを形容する』「妹」「君」「紐」「色」「紅葉」などにかかる枕詞。
黄葉散乍ー黄葉散りつつーもみちちりつつー美しさを増した紅葉が舞い散る
八千年尓ー八千年にーやちとせに
安礼衝之乍ー生れ付かしつつーあれつかしつつー生まれながらにしてその身に備わっている。
天下ー 天の下ーあめのした
所知食跡ー知らしめさむとーしらしめさむとー天の下隈なくお治めになる
百代尓母ー百代にもーももよにも
不可易ー変るましじきーかはるましじきーいついつまでも栄える
大宮處ー 大宮所ーおほみやところーみやこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事