ニキタマの万葉集

当て字の繭玉をほぐそう、枕詞で古代を解明しよう。

全体表示

[ リスト ]

yahoo《swe*tba*il*007》さんのブログ  


<抜粋転載>大変な問題が示唆されていることをこちらで知りました。日本書紀と日本紀、万葉集の中での明治大日本帝国。大化の改新と天智、鎌足に対して中大兄と藤原卿が否定なら、仁徳から始まる万葉集は日本書紀の筋書に沿って 紀曰は日本書紀なのでしょうか。
――・――・――・――・――・――
「仁徳から始まる万葉集」というのは、巻頭の「籠(こ)もよ み籠持ち 堀串(ふくし)もよ・・・・・」の歌のことでしょうか?
この歌は、学者さんたちの間では雄略天皇の歌だということになっているようですが、私は雄略天皇は架空の人物で、この歌は531年に磯城で即位した欽明天皇の歌だと考えています。
さらに学者さんたちが舒明天皇の国見の歌だとしている
和(やまと)には 郡山(むらやま)あれど とりよろふ 天(あま)の香具山(かぐやま) 登り立ち 国見(くにみ)をすれば 国原(くにはら)は 煙(けぶり)立つ立つ 海原(うなはら)は 鷗(かまめ)立ち立つ うまし国そ 蜻蛉島(あきづしま) 大和の国は
の歌も、舒明天皇は架空の天皇ですし、この歌は天の香具山から見える海原に鴎が群れ飛ぶ情景を詠んでいるのですから、531年にヤマトに入った欽明天皇の国見の歌であろうと思います。欽明天皇の当時の奈良盆地は、鴎の群れ飛ぶ海であって磯城は文字通り磯だったのです。
『万葉集』は大伴家持が編纂したしたもので、「万葉人のおおらかな性の賛歌である」というのが学者さんたちの常識のようですが、その見方は全く違っていると思います。家持は職業歌人や作家ではなく、官人であり政治家だったのですし、https://blogs.yahoo.co.jp/sweetbasil2007/41039417.html
『万葉集』は誰でも見ることのできる出版物ではなかったのですし、当時読み書きができたのは支配階級の人だけで、庶民は歌を作るどころか、文字さえ知らなかったのですから。
私は「大変な問題を示唆」しようとして謎解きを始めたわけではなく、子どもの頃からずっと疑問に思ってきたことを論理的に考えてみようとしただけだったのですが、結果として『記紀』には史実とは矛盾する非論理的な「作り話」が多いこと、『万葉集』は当時大伴氏の「氏の長」であった家持が、表立っては口に出すことも書き記すこともできない事実を、多くの歌に混ぜ込んで一見そうとは分からない形で記した非常に政治的な書であることが見えてきてしまったのです。 その意味では、「万葉集は日本書紀の筋書に沿」って編纂されたものではなく、逆にウソ八百の『記紀』に対して少しでも真実を残したいという目的で編纂されたのではないでしょうか。<抜粋転載終了>
/////////////////////
【コメントへのお返事】
https://blogs.yahoo.co.jp/sweetbasil2007/43749316.html?vitality
【不比等と奈良ホテル26 孝謙天皇と道鏡4】
https://blogs.yahoo.co.jp/sweetbasil2007/39895046.html
【能登半島74 大伴家持の能登巡察】
https://blogs.yahoo.co.jp/sweetbasil2007/41039417.html
/////////////////////


【石舞台古墳8 本当に上円下方形の古墳だったのか?】
https://blogs.yahoo.co.jp/sweetbasil2007/36665373.html
【紀伊國一の宮・伊太祁曽(いたきそ)神社】
https://blogs.yahoo.co.jp/sweetbasil2007/35816899.html
【埼玉の海のサメの歯】
https://blogs.yahoo.co.jp/sweetbasil2007/43040224.html









【学者さんたちの常識17 断層】
https://blogs.yahoo.co.jp/sweetbasil2007/43748482.html?vitality
<抜粋転載>先日、うっかり「初代倭王・讃は崇神天皇」と書いてしまったのですが<(_ _)>、東征して小部族国家の連合体の盟主であった大国主(トミノナガスネヒコ)を殺し、「大国主体制」を滅ぼして河内に統一王朝を開いた初代の王は崇神天皇(諡号)ですが、413年に東晋に遣使した崇神は中国から「倭王」に任じてもらうことはできなかったようで、初めて中国から「倭国王」に任じられたのは421年に遣使した讃ですから、「倭王・讃」は崇神天皇ではなく2代目の垂仁天皇(諡号)でした。<抜粋転載了>

【学者さんたちの常識16 鉄の武器と武具】
https://blogs.yahoo.co.jp/sweetbasil2007/43747763.html?vitality
<抜粋転載>初めて宋から「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓・六国諸軍事安東大将軍倭王」に任じられ、朝鮮南部の軍事権を認められて、世界最大の墓(大山古墳)に葬られたことから見て、余昆(諡号・応神天皇)は、それまでにはなかった強大な力を持っていたことが分かるのですが、少し腑に落ちなかったのは、462年に百済から渡来してきたばかりの余昆が、なぜそれほどまでに強大な力を持ち、たった2年という短期間で倭王になることができたのだろう?ということでした。<抜粋転載了>

【学者さんたちの常識15 雄略天皇陵は円墳である】
https://blogs.yahoo.co.jp/sweetbasil2007/43746918.html?vitality
<抜粋転載>学者さんたちは、古墳群の中でも最大の古墳である大山古墳の被葬者が特定できないことが世界遺産登録の認定にはネックだと考えているようですが、実は大山古墳だけではなく、ほかの古墳の被葬者もみな違っているようですから、問題は大山古墳の被葬者だけではないのですよね。<抜粋転載了>

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事