たまーにブログ 14th シーズン

ブログラム終了と容量いっぱいで、新ブログ本格始動っ!!Wカップ ベスト16っ!!、ブログ14年目・・・

全体表示

[ リスト ]

 今回の大地震で被災された多くの皆様に心からお見舞い申し上げます。
皆様に、一日も早く、暖かい春がくることを願っております。
 
 テレビ朝日『サ・スクープ』にて4月3日(日)に、黒木昭雄と岩手事件にかんする番組が放送されます。ご覧いただけたら幸いです。
 
 
 
 
第34弾『ザ・スクープ』放送について
  テレビ朝日 2011年4月3日(日)  14:00-15:25
 
 
(ザ・スクープHPより)
特集1 「”殉職” ジャーナリスト黒木昭雄さん自殺の真相」
 
特集2 「”濡れ衣” 看護士『爪きり事件』で逆転無罪」
患者の「爪をはいだ」として逮捕された看護師が、逆転無罪を勝ち取るまでの3年2ヶ月の長く過酷な闘いに独占密着。なぜ、彼女は「虐待看護師」の濡れ衣を着せられたのか、えん罪の構図を検証する。
 
 
 
【出演者】キャスター:鳥越俊太郎、長野智子
【おしらせ】
放送翌日、4月4日夜から番組の動画配信をスタートします。
下記の番組HPにアクセスしてください。
http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/index.html(テレビ朝日 ザ・スクープ)
 
 
(時間が変更になることも考えられますので、番組表などをご確認下さい)
yahoo!の番組表より
 
テレビ朝日の番組表より
 
 
 
 
この記事は転載可能です。
 

初めてご覧になった皆様へ
 
『たった一人の捜査本部』トップページ。http://blogs.yahoo.co.jp/kuroki_aki/17088323.html
  事件の新聞記事や取材メモなどは、 「【復元】ステージ1〜3-39」 、「【追悼】復元3-40〜4」というカテゴリの中にあります。
 
読者の皆様へ
 
ブログ「たった一人の捜査本部」更新再開について
 
週刊朝日11月19日号 
 
【メッセージ】清水弁護士より(1)
 
月刊『創』3月号
 
 
・亡くなった当日(2010.11.1)に追記した記事はこちらです。
 
 
・たくさんのメッセージありがとうございました。メッセージの確認などすべて手作業で行っております。大震災の関係もあり、お返事、掲載を全てが追いつかない状態になっている事をお詫びいたします。 
 
 事実はブログに掲載したとおりでございます。
 家族・関係者すべて、大切な人を亡くした悲しみのなか過ごしております。
死因について1日に何度も同じ内容の文章を送ってこられる方がおられますが、強く抗議いたします。
皆様、メッセージをお送りになります前に、今一度お読みいただきますよう深くお願いいたします。
 
繰り返しになりますが、
一緒に事実をうけとめ、今も応援してくださる皆さまに心からお礼を申し上げます。
取材にご協力いただきました東北地方の皆様、大災害の中でのお知らせにもかかわらずツイッターなどで拡散してくださっている方、この間ずっとブログをみてきてくださった方々に感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございました。 
 

転載元転載元: 黒木昭雄の「たった一人の捜査本部」

閉じる コメント(15)

ジャーナリスト黒木昭雄氏は私のような拙ブログまでお気に入り登録をしてくれた謙遜で研究熱心なお方でしたので是非とも真相が明らかになってほしいものです。

2011/4/3(日) 午後 2:53 [ 彩帆好男 ] 返信する

顔アイコン

「警察に裏切られた」という言葉は響きました。
特に今原発に関して警視庁によって検閲がスタートしたみたいですが、今まで警察に対して持っていた良い印象が崩れ落ちてしまいました。

2011/4/3(日) 午後 3:38 [ オレンジトマト ] 返信する

顔アイコン

黒木さんが命をかけてまで、真相を追究していた岩手の事件・・・

亡くなった黒木さんのためにも、真相をオープンにしてほしいものです・・・

2011/4/3(日) 午後 3:50 かいざぁー 返信する

顔アイコン

カイザーさんこんばんは〜

ブログを通して黒木さんとほんの少し交流いたしました。
それだけに黒木氏の死は信じ難くて受け入れ出来なかったものです。
今日新聞覧でザスクープで黒木氏のことが入るのを知り、わたくしは観ましたよ。
権力の怖さを、組織の壁の厚さ、孤独な戦いだったことを思うと胸が詰まりました。

2011/4/3(日) 午後 6:29 ariel 返信する

かいざぁーさんこんばんわm(_ _)m患者さんの爪はいだってずいぶん物騒な話材ですね〜!実際そうだったらやだなぁ(T_T)

2011/4/4(月) 午後 10:32 [ ボビー777 ] 返信する

顔アイコン

異様な円高株安はいつまで続くのか?迷走する「大震災相場」の行き着く先



「これからどうなるか、株式市場の見通しはかなり不透明です。投資家向けに市場予測のレポートを作ろうにも、ポジティブな材料が見当たらない。何より、福島原発の放射能漏れや計画停電が報じられる度に会社から自宅待機命令が出るため、仕事になりません……」

こう苦笑するのは、ある大手証券会社に勤めるアナリストである。

3月11日、東北・関東地方を中心に未曾有の大地震が日本列島を襲った。この東日本大震災は、最大の被災地である東北地方に大津波や原発事故などの深刻な被害をもたらし、発生から10日あまりで2万人近くの死者・行方不明者を出す大惨事となった。

大地震発生後の混沌とした週末が明けた14日、日本の株式市場は底抜けの下落に見舞われた。保険金の支払い負担急増が予想される保険会社、製油所で大規模火災が発生した石油会社、原発を手がける電機メーカーなどを中心に幅広い銘柄が売られ、日経平均株価は終値ベースで、前営業日の1万250円台から9600円台へと急落した。

2011/4/29(金) 午後 9:36 かいざぁー 返信する

顔アイコン

さらに翌15日、政府が福島原発の放射能漏れの可能性を発表すると、恐れおののいた投資家たちは、蜘蛛の子を散らしたように株式市場から逃げ出した。パニック売りが起きた結果、日経平均は前日から1000円近くも急落し、8600円台へと落ち込んだのである。これは、1987年のブラックマンデー、そして世界を出口の見えない大不況へと追い込んだ2008年のリーマンショック時に次ぐ、歴代三番目の下げ幅と言われている。

世界景気の先行きにも不透明感が強まり、ニューヨークをはじめとする世界の株式市場も、一時顕著な下げに見舞われた。日本株買いの主力だった外国人投資家からは、「日本が震源となって再び金融危機が起きるのではないか」という声まで上がったほどだ。

「もう、呆然とニュースを見ているしかなかったですね。投資家には面と向かって言えませんが、リーマンショックのときと同様に、今回のような不測の事態が起きると、我々にアドバイスできることなど、何1つないのです」と、冒頭のアナリストは語る。

2011/4/29(金) 午後 9:37 かいざぁー 返信する

顔アイコン

東電社員「東電は国民を見殺しにしている」と退社し海外移住


東日本大震災以前、東京電力社員は「準公務員」と呼ばれていた。事業の公共性と独占性、それがもたらす安定感から、羨望まじりに揶揄されていたのが、いまや懐かしい。

〈東京電力1100人採用へ 大卒335人高卒595人 今一番の勝ち組だぞ〉

昨年2月16日に発表された2011年度の東電採用計画に関して、ネット掲示板にはこんなスレッドが立っていた。「当初の計画では、福島の第一・第二原発で新しく稼動する発電施設にも配置する予定だった」(東京電力広報部)が、「勝ち組」だったはずの新入社員たちは、華やかな入社式も取り止めになり、今ひっそりと新人研修に入っている。

そんななか、東京電力を後にする人も出始めている。ある東電社員は、3月いっぱいで東電を辞め、海外に移住するという。退社前の挨拶回りを受けた人によれば、その際、「東電も政府も、原発事故の恐ろしさを公表せず、国民を見殺しにしている。自分は海外に逃げる形になるが、せめて自分が関わった方々には、この気持ちを伝えたく、こうしてご挨拶に来た」と語っていたという。

2011/6/29(水) 午前 10:25 かいざぁー 返信する

顔アイコン

こうした一部の例外を除く大多数の社員は、退社など考えもせず、「真夏の東京大停電」回避に向けて走り回る日々を送っている。だがその一方で、将来への不安も当然、頭をよぎる。

「若手社員の間では、東電はつぶれる、もうおしまいって話で持ちきりですよ」(20代男性)

「子供がいて、家のローンが残っている社員は大変ですよ。みんな表だってはいいませんが、親しい人だけで集まれば、カネの不安を口にします。給料は半分になるかもしれない。いや、半分で済めばまだいいかも……」(50代男性)

2011/6/29(水) 午前 10:27 かいざぁー 返信する

顔アイコン

海江田経産相 今、辞めなければ意味ないゾ




●辞任を鮮明にしながらグズグズ

海江田万里経産相が先週末のテレビ番組で、改めて、辞任する考えを示した。TBSの番組で23日、「(国会で)『責任を取る』といったのは『辞める』と受け取るのが当たり前」と言い、ケツをまくる覚悟を鮮明にしたのだ。

これには「よく言った!」とエールを送りたくなるが、ただし、辞任時期については「原子力損害賠償支援機構のための法案もあるし、再生可能エネルギー特措法案もある」とムニャムニャ。ン? これじゃあ、菅の退陣条件と同じじゃないか、という懸念が出てくる。菅政権が退陣して、一緒に辞めるのでは意味がない。あくまで菅を辞めさせるために、閣僚が自ら捨て石になることが重要なのだ。やめる決意を固めたのであれば、明日にでも辞めた方がいい。その方が男が上がるというものだ。

2011/8/26(金) 午後 3:52 かいざぁー 返信する

顔アイコン

「その通りですよ、海江田さんは菅首相から食事に誘われているのに何度も断っていて、その溝は決定的とみられている。菅さんの脱原発依存発言について、『鴻毛より軽い』とこき下ろし、手のひらに忍の字を書いて、国会答弁をしているのですから、とっととケツをまくればいい。そうなれば、閣僚の辞任ドミノになり、次の代表選でポスト菅の有力候補になれる。ここでグズグズしていると、ただの人になってしまいますよ」(民主党衆院議員)

海江田周辺では最近、中間派による勉強会が本格稼働し、本人もポスト菅に意欲的とされる。だったらますます、迷うことはない。

2011/8/26(金) 午後 3:53 かいざぁー 返信する

おそくなりました。
はじめ、ショックで何もいえませんでした。

転載賜ります。(礼)

2012/1/8(日) 午前 3:03 [ mokeihiki ] 返信する

顔アイコン

クビになる一川防衛相と山岡消費者相後任にまたアノ人



<場当たり人事では乗り切れないぞ>

片山さつき参院議員の質問におびえたような表情の一川保夫防衛相。7日の国会の一幕だ。この表情を見るだけで、もうダメじゃないか。2004年、沖縄国際大学に在日米軍ヘリが墜落した一件を聞かれ、後ろの官僚とヒソヒソ。で、こんな表情になったのだが、ここまで緊張が顔に出ると、「大臣は無理」がハッキリする。

野田首相も9日に問責決議案が可決するのは覚悟の上で、焦点は年明けの改造人事に移ってきた。つまり、問責が可決されても国会を閉じて続投させる。年明けの通常国会前に内閣改造をやって、交代させる。昨年の仙谷、馬淵のパターンである。今年は一川と山岡国家公安委員長が交代する。で、後任人事だ。

2012/1/10(火) 午後 4:46 かいざぁー 返信する

顔アイコン

「早くもさまざまな名前が飛び交っていますが、防衛相は沖縄や米国との交渉などが控えていて、ド素人には務まらない。一川大臣の後がまた素人大臣では国会が持ちません。そこで渡辺周副大臣の昇格や北沢前防衛相の再登板などが噂されています。しかし、前原グループの渡辺氏や小沢氏と距離を置く北沢氏では、小沢グループが反発する。そこで山岡大臣の後任には鳩山グループの平野国対委員長の名前が挙がっています」(政治ジャーナリスト・角谷浩一氏)

後任の国対委員長には、小沢氏に近い松本剛明国対委員長代理の昇格が有力視されているが、さて、どうなるか。姑息な人事で逃げ切れるほど甘くない。

2012/1/10(火) 午後 4:48 かいざぁー 返信する

顔アイコン

欧州危機は日本にとって“ピンチはチャンス”
次は「政治」によるEU崩壊のステージへと昇華する?

売りに出る欧州の企業&技術

ただ、ピンチはチャンス。欧州財政危機は円高とそれを活かすビジネスチャンスを日本に与えてくれる。欧州の金融機関はすでにバランスシート調整を始めているが、その過程で欧州の素晴らしい技術やブランドや事業が売りに出ている。ピカピカのブランドや事業の売り案件が、私や私の知人の周りに殺到し始めている。

中でもこれからアジア展開を狙っていた、アジアで受けそうなブランドや技術や事業がたくさんある。これを「アジアに近い日本企業よ引き受けてくれ」と、けっこういい条件で売りに来ているのだ。

先端技術、ファッション・デザインのブランド、サービス等非常に面白いものが多い。ユーロに対しても円高だし、取引はドルでもできる。日本の技術でアジア展開もいいが、欧州の優れたブランドや技術を安く買ってアジアで展開もいいかもしれない。

2012/3/21(水) 午前 3:25 かいざぁー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(13)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事