お茶の細道です

まったく更新できてません。う〜ん、4月末頃には復活したいと思ってます。

京都

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[10] [11] [12]

[ 前のページ | 次のページ ]

京阪電車で通勤しているのですが、駅構内や電車の吊り広告で、とても気になるポスターがあります。


テレビなどでも紹介されたことがあるので、けっこう有名ですが、


ひらかたパーク(ひらパー)という京阪電車系列の遊園地のポスターです。



ひらパーは、関西(京都・大阪系)ではディズニーランド、ユニバーサルスタジオ


の次ぐらいに有名な遊園地です。



そのポスターは、こんな感じです。


  ↓
  ↓
  ↓

イメージ 1


強烈なインパクトです。


ブラックマヨネーズの小杉が、「ひらパー兄さん」というキャラクターで出ています。


相方の吉田は、なぜかかたくなに出演していません。


駅構内でこのポスターを初めて見た時は、急いでいたにもかかわらず、なぜか立ち止まって


2度見をしてしまいました。


うむ。「ひらパー兄さん」かっこいい〜。
来年7月に「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」が公開されるらしいですね。


踊る大捜査線といえば、「THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ」


を思い出します。


青島刑事が「レインボーブリッジ、封鎖できません!!」って言うんでしたね。


レインボーブリッジと言えば、これ ↓


イメージ 1


きれいですね。私も東京に出張したときに2回ほど通ったことがあるんですが、


心の中では「ウヒョ〜」って、ウキウキ気分でした。


お台場付近では、フジテレビの軽部アナウンサーとか大塚さんとかに会えるんじゃないかとドキドキです。

(なんで、軽部・大塚やねん!!と一人突っ込み。)




話は戻りますが、映画のロケで、本当にレインボーブリッジを封鎖できるわけなく、


この高架道路をレインボーブリッジの代わりにロケ使用したとのことです。 

イメージ 2


のどかです。


東京のレインボーブリッジとは、全く異なる田園の中の高架道路


「京滋バイパス 久御山JCT付近」です。


織田裕二は、わざわざあのセリフを吐くために、この京都府久御山町まできたんですね。


当時は、開通前だったのでロケに使えたのでしょう。今は開通してますのでもうロケは無理です。



もはや、「京滋バイパスも、封鎖できません!!」
京阪電車を「祇園四条」という所で下車して、地下から上がりますと、


鴨川に架かる四条大橋と、南座があります。


南座は、師走になると新春の顔見世興行(歌舞伎)の招き看板が上がります。


イメージ 1


歌舞伎役者の名前がずらずらと並んでいます。中央のでっかい看板には「坂東玉三郎」の名前が


挙がってます。


歌舞伎のことは何もわかりませんが、京都では師走を感じさせる風景なのです。

イメージ 2

このあたりは繁華街でして、御出勤前のホステスさんやキャバ嬢が多数歩いてはります。



飲み屋街を歩いてますと(健康のためのウォーキングです!)、おいしそうな土手鍋が


目に映りましたので、思わずカメラに収めました。

イメージ 3


これでぎゅ〜っと日本酒を1杯飲むと美味しいんだろうな。

(下戸なので、雰囲気だけ楽しみました。)
最近、メタボ対策として、出来るだけ歩くようにしています。


朝に1駅分歩いたり、夜に途中下車して街を徘徊したり。


今日の帰りは、京都の繁華街、三条木屋町をうろついてました。


このあたりは、いろいろと、歴史を感じるところなんですよ。


あっちこっちに、石碑が建ってます。



例えば、幕末に新撰組が斬り込みを行った「池田屋ノ変」もこの場所にありました。


長州・薩摩といった勤皇志士が集まっていた旅館「池田屋」を、近藤勇・沖田総司など

の新撰組(浪士組)が襲った事件です。



その池田屋は、昭和の初めに取り壊され、ついこの間まで「パチンコ・スロット屋」になっていました。


しかし、その「パチスロ」も壊れて、今年になって、なんと池田屋が復活してしまいました。


その名も、なんと「海鮮茶屋 池田屋」!! 

イメージ 1

イメージ 3


居酒屋です。


入口には、2階に上がる大階段も付いています。

(映画「蒲田行進曲」で階段落ちするやつです。)



吊ってあった提灯をアップにすると、なんとなく歴史を感じるでしょう?


イメージ 2


ちなみに、この居酒屋は京都東映太秦映画村協力と看板が上がってました。


商魂たくましいねぇ〜

開く トラックバック(1)

紅葉の季節です

う〜、とにかく京都は底冷えで寒いです。

紅葉の季節ですから、このブログの背景も「紅葉」にしたのですが、どんなもんでしょう。

紅葉狩りなどするゆとりは、なかなかありません。

せめて、紅葉イベントのチラシを眺めることとしますか。

イメージ 1

しかし、「紅葉狩り」の「狩り」とは、どーいうことでしょう。早速ヤホーのWikiで調べました。
「狩りとは草花を眺めること、の意味をさし、平安時代には、実際に紅葉した木の枝を手折り(狩り)、手の平にのせて鑑賞した…という」

なるほど、なるほど。1つ勉強になりました。

花よりだんご、紅葉よりお菓子かもしれません。
今日は、こんな菓子を頂きました。

イメージ 2

素朴な味です。しかし、飲み物がないと、口の中がパサパサになります。

全12ページ

[10] [11] [12]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事