池のほとり

茨城県住民:原発事故と医療人グループ

全体表示

[ リスト ]

国土交通省の発表
 
国営ひたち海浜公園は,国土交通省の経営です.
茨城(き)県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で
基準値を超える1時間あたり0.25〜0.7マイクロシーベルト(μSv)
放射性物質を検出しました
民間人が,早い時期から計測をして危険を訴えていて
公園側は2014年になって,やっと重い腰を上げました
放射性セシウム137の半減期は30年もかかります.
ゼロになりません.
半減期とは,放射線を出す力がやっと半分になる時間です.
 
 
検出されたのは,公園内の松林や広場など3カ所
(みはらしエリア近隣,草原エリア付近)
海浜公園は23日から1万2千平方メートル以上の区域を
立ち入り禁止にした

東京新聞より引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
独白
 
ひたち海浜公園の[みはらしの丘]近くの松林の放射線量を測定
測定動画3分 2012年に計測
http://www.youtube.com/watch?v=eDCbdqTcJ8w
↑この動画をクリックして,実際の測定風景をご覧ください
 
基準値は1年間で1mSvです(=1000マイクロシーベルト)
1000÷365日÷24時間=0.11
基準値は,1時間あたり0.11マイクロシーベルトです.
0.7マイクロシーベルトは,1年間に換算すると
6132マイクロシーベルト(μSv)になります.
0.7×24時間×365日
 
福島第1原発からの風で放射性物質が運ばれる図
群馬大学の早川氏の提供
http://gunma.zamurai.jp/pub/2012/0305Gmap.jpg
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ひたち海浜公園の土を表面除去しても 
膨大な放射性物質が消えるわけではない.
一部の土をはいで,一時的に放射線量の数値が下がっても
風雨で移動して来て,再び線量が上がるでしょう

ひたち海浜公園は,ひたちなか市の放射性物質のホットスポットです
国の安全神話にダマされてはいけない.
放射性セシウム137の半減期は30年
半減期とは,放射線を出す力が半分になる時間です.
ゼロになるわけではありません
 
 
放射能汚染地:茨城(き)県の国営「ひたち海浜公園」データ
http://blogs.yahoo.co.jp/kaiun44/25885804.html

この記事に


.


みんなの更新記事