ここから本文です
回遊魚DREAMS
二年二組

書庫日記

記事検索
検索

バイク散歩で雨宿り…

道の駅 ほっとぱーく浅科で朝市の野菜売り場に居たおじいさんからの
 
情報を元に向かった先は大河原峠。
 
イメージ 1
 
道の駅から国道141号臼田バイパスまで戻って、大河原峠、蓼科スカイラインの標識に従って右折。
 
県道150号百沢臼田線から蓼科スカイラインに入るが途中には上のような案内板。
 
県単林道大河原線・・・でも、道向かいには蓼科スカイラインと表記。
 
 
イメージ 2
 
 
意外と路面も良く、中々イイ道でした。
 
考え方によってはビーナスラインより心地良い。^^
 
イメージ 3
 
大河原峠までにはちょっと狭い所もありましたがほぼ全体に路面は良く
 
面白い道でした。
 
大河原峠は登山者の車が多く、ヒュッテもありました。
 
標高が2000mを超えるのでかなり涼しい・・・。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
霧が立ち込め始めたので・・・急いで山を下ります。
 
最初は少し狭い道ですが路面は良く、その後に道は二車線へ。
 
山頂付近以外は霧もなく順調に女神湖のすぐそばの白樺高原国際スキー場脇に
 
出てきました。
 
冬場は閉鎖されてる道なので、ここにスキーに来る度に気になってた道でした。
 
 
女神湖に到着すると・・・天候がヤバイ雰囲気。
 
イメージ 6
 
 
休憩もせず・・・急いで山を下りようと、望月方面に向かって県道40号を下り始めます。
 
そこで・・・ポツポツ・・・
 
あれっヤバイ・・・と思って居ると、バッシャーっと。。。汗
 
蓼科牧場脇のお店には雨宿り出来る場所もないので・・・下ります。
 
陣内釣り堀園下に公共の休憩所があるのを思いだし・・・そこまで一気に・・・。
 
 
イメージ 7
 
ここは軒下が広く・・・道路に面していないので人も少ない。
 
雨の中を何台ものバイクが通り過ぎて行きましたが・・・ここを知る人は皆無と思われる。
 
建物の中のベンチで雨宿り&お昼寝(笑)
 
トイレもあって凄くイイのですが・・・販売機はなぁ〜い^^;
 
 
2時間以上もノンビリしてしまって・・・気がつくと雨も止んで路面も乾き始めてる。。。(笑)
 
 
40号を下りて、国道254との交差点のショッピングセンターツルヤへ。
 
長野に来たらやっぱり、ツルヤ。
 
オリジナルの味噌も美味しいらしいがここではパン売り場へ。。。
 
ほとんどの種類が売り切れだったので、仕方なくたこ焼きと缶珈琲を購入。
 
休憩所のレンジでたこ焼きを温めて食べ・・・やっと帰路へ。
 
 
走り始めると、17時半も回り・・・天候のせいもあって、辺りは暗くなり始めて・・・
 
内山峠のトンネル手前では霧雨。
 
カッパを着ずに強行突破すると・・・トンネルの先は雨もなく、路面も半乾きでした。
 
 
道の駅下仁田ジオパークで休憩・・・
 
既に終わっていた道の駅は無料休憩室とトイレ以外は真っ暗。
 
練馬ナンバーのバンデット1250と長話しをして・・・地元コンビニ到着は21時でした^^;
 
13時間300kmの散歩でした(笑)
 
 
終わりっと。。。
 
 
 
いつになく書いた(^^ゞ

ちょっとバイク散歩…

イメージ 3
 
 
土坂峠から上野村…相変わらず通行止めのR299を回避してぶどう峠へ。
 

イメージ 1
 

小海町から佐久穂、佐久市を経由して…道の駅ほっとぱーく浅科へ。


お昼は道の駅で浅間御膳。

イメージ 2




さて、食べたら、何処に行こう⁇

台風の影響か?蒸し暑くて雲が多い…

奥多摩湖は晴れ〜

イメージ 1


奥多摩湖は今日も晴れだったぁ〜!!

日影は心地良い(*^o^*)








米沢牛…

喜多方の道の駅『喜多の郷』を出発し、121号線にて米沢へ。

山間を幾つものトンネルが貫き、爽快な道路が続く。

大峠トンネルを抜けると山形県米沢市。

上杉神社を参拝しましたが、米沢牛を食べずに小国を経由して113号線にて胎内市へ。

村上瀬波温泉ICから日本海東北自動車道を北上し、現在、開通してる新潟最北端の朝日まほろばICへ。

そこから程近い、道の駅『朝日まほろば』にて休憩。

朝日まほろばICからまた、日本海東北自動車道に乗り、そのまま北陸道、関越道を乗り継いで帰宅。

今回も夕立、通り雨を上手くかわして濡れる事なく無事帰宅。

総走行距離、860キロ。

 
イメージ 1
 
 
イメージ 2


しかし…

暑かった。


オッしまい(^O^)/

大内宿から裏磐梯…

イメージ 1
 
大内宿
 
 
イメージ 2
 
猪苗代湖
 
 
イメージ 3
 
レイクライン秋元湖
 


大内宿から猪苗代湖…そして裏磐梯へ

レイクライン、ゴールドラインを走行して、喜多方へ。



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事