どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち?

全体目次【最新版】は、http://blogs.yahoo.co.jp/kajiken76xyz/62056235.html

全体表示

[ リスト ]

イメージ 6

 季節はずれの台風が来ています。10月中旬の台風なんて、記憶にある限り2004(H16)年以来ですね。2004年10月の台風23号では、京都・由良川(福知山)や兵庫・円山川(豊岡)で破堤し、大きな水害となりました。いずれも1級水系です。このうち、円山川の破堤は、破堤後1週間後に現地を見に行きましたので、その記憶を思い出して、少し書いて見ます。

 まずはじめに、円山川について。
 円山川は兵庫県北部を南北に流れる1級水系で、河口には城崎温泉があります。中心都市は豊岡市で、立野(豊岡市立野、河口13km)は円山川の治水上の基準点にもなっています。

イメージ 1

円山川直轄河川改修事業【再評価】(平成23年10月・近畿地方整備局)、p2より
イメージ 2

 2004(H16)年の円山川破堤では、支流の出石川と本川の円山川で破堤しました。円山川の破堤は河口13.2km、立野大橋・右岸でした。地図で確認すると、下記の地点です。豊岡駅から、メインストリートである大開通りを円山川に向かって歩くと、そこが立野大橋です。


 破堤地点は、その立野大橋から500〜600mかな、下流の地点で、支流の出石川が合流して数kmの地点です。下記は、2004年・円山川水害の浸水区域図です。図は国土技術政策総合研究所らによる16年風水害検討チームの「平成16年風水害の特徴と今後の課題」に掲載されていたものです。ご覧のように。破堤した右岸が外水氾濫(河川からの洪水)、左岸が内水氾濫(堤内地の排水不良)です。


 この円山川破堤水害、破堤したのは右岸でした。その右岸は、ちょうど田んぼが広がっています。様々な調整は必要ですが、計画的に右岸を破堤させることも可能です(1つの方式として、地役権契約があるかと思います)。これに対して、左岸は豊岡駅があり、豊岡市役所があり、また地域の金融として重要な但馬信用金庫・豊岡本店があり、神戸地裁豊岡支部があり、地域の中心として重要な地域でした。
(注)左岸は、かつて豊岡城があった地域で、この豊岡城は現在では神武山公園に整備され、桜の名所になっています。また、旧藩校を整備した中央図書館もあります。

 そして、破堤を免れた左岸の中で最も川沿いにあったのが、公立・豊岡病院です。豊岡市が但馬地方の中心都市であるように、豊岡病院は地域の中核的な病院でした。内水氾濫ではありますが、この豊岡病院が水没しました。

イメージ 3

(注) 上が左岸で、矢印が破堤点です。

イメージ 4

 こちらの写真に見るように、病院は水没しています。こうなると、完全に機能麻痺です。

 治水計画は目標流量を決め、その目標流量において洪水(河川水位の急激な減少)がおきても、水害にならないようにしますが、残念ながら、自然現象としての洪水には、限度がありません。計画を超える「想定外」の事態はありえます。
 しかし、その時にも「水害を最小化する」ことが求められますし、そのときに重要なのは「人命損傷の最小化」
だと思います。流域全体として、被害を最小化するソフトな手段は、どうしても必要と思います。
 その1つは、まちづくりです。円山川のように、対岸とはいえ、破堤地点のすぐそばに、地域の中核病院があるというのは水防上、大きな欠陥です。しかも、当時(2004年以前)想定されていた破堤点は、破堤点と2km足らずのところでした。つまり、危険なところに地域中核病院をおいていたという話です。




 その豊岡病院ですが、現在では移転しています。移転は、水害直後の2005年です。山陰本線の西側が丘陵になっていますが、その丘陵に移転しました。比較すると、下記の通りです。
イメージ 5


 水害における被害を最小化させるためには、まちづくりを含めた、ソフトな対策も欠かせないと思った、台風23号水害(2004)でした。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事