カジマブログ

フリーボーカリスト・鹿嶋敏行の気まぐれコラム

全体表示

[ リスト ]

"Vol.4"後記 その1

なにを今さら、と自分で思ってしまうほど時間が経ってしまったのですが…(>_<)

 
やっぱり書いておこう。

思い出だもの。

 
6/26、鈴ん小屋にて行われました"Serious Playground vol.4"、

無事に終了いたしました☆

 
お越しいただいたみなさま、

鈴ん小屋スタッフのみなさま、
 
そしてもちろん、すんばらしい出演者のみなさま方。
 
本当に本当に、ありがとうございました。

こころから!(≧▽≦)
 
 
...と、本題に入るその前に。
 
私がのろのろしている間に、すでにこの日のことをブログに書いてくださっている方々が。
 
しかもほぼ当日の内にだったり、翌日すぐだったり...はげしく反省(-_-;)
 
 
 
 
 
しかもしかも、どちらもうれしい内容ではないですか!
 
いまさらながら、さっこちゃん・たけうち氏、ありがとう(ToT)
 
 
イベントの雰囲気は十分こちらのお二人が的確に伝えてくれていると思うので、
 
私はまた違ったこと書いてこうと思います...できるかな(^^;
 

 
オープニング・アクトは水井くんと私とで。
 
 
イメージ 1
 

宮沢賢治を2曲。
 
イーハトーブの光と風、そして大地から紡がれたかのよう。

日本人にとってのスピリチュアル・ソングって、

こういうものだと思います。
 
 
 
そして本編。
 
トップバッターは斎藤奏江嬢。
 
 
イメージ 2
 

個性的に響く、独特のピアノのリズムとハーモニー。

そしてことば。

 
これだけでも、

私がかなえさんのファンになる条件は十分なのだけど、

そんな要素のいくつか以前に、

なによりもまず「斎藤奏江のトーン」というものを、

持っている人なのだなあ、と。
 

そんなことに気づかされた夜でした。
 
 
イメージ 3

 
共演曲は、Paula Coleの"Hush,Hush,Hush"。
 

かなえさんからのアイディアだったのですが、

私にとってはなつかしい曲でした。

 
…っていうか、

私がこの曲を知っていたことに、かなえさん、驚かれたようで。

そういう私もまさかこの曲を?と、驚きました(^^;

 
ひと頃よくきいていたのですよ、ポーラ・コール。
 
ただその話を始めてしまうと、非常に長くなりますので、

いずれ改めて別の機会に書いておこうと思います☆

 
…って、これも十分長い記事になったな(^^;

 
こんな感じで、分割で参ります♪

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事