全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

※ 2010年は6月末までの間、関東地方のコンビニや私鉄の主要駅でチケットを購入すると、
  入場料が大人1000円引きとなり、4800円で遊べます。


2010年6月 東京ディズニーランドに行って来ました。
天気予報では終日雨。

 ”装はと言うと・・・

濡れない対策よりも、濡れても問題ない対策をして行きました。
服装は半ズボン、ウインドブレーカー(6月の雨は北風が吹き寒いです)、ビーチサンダル、
折りたたみ傘。そしてハンドタオルとポリ袋を多数持参。

ディズニーランドの場合、レインコートと普通の傘はお勧め出来ません。
殆どのアトラクションでレインコートを脱ぐように言われます。
濡れたコートに袖を通すのは気持ち悪いです。


6月は月曜日の開園時間が9:00からなのですが
写真のように駐車場には数十台しか車が止まっていませんでした。

立体駐車場に誘導されていたようですが、来場者は極めて少なかったです。

手荷物検査場、チケット販売窓口も人が僅かでした。

更に雨が強まり、入園時間が早まりました。
8:30には開門されましたが、雨の強さに車から出る気にもならず、9時ごろまでためらって
いました。

当然、人気アトラクションには行列などありません。
ビッグサンダーマウンテン、スプラッシュマウンテンは濡れるのでお客はいません。
ホーンテッドマンションも乗り放題の状態でした。

お昼頃になると、観光客が多数来場します。
中国語を話す客が半数以上を占めているようですが、夕方3時ごろには皆、居なくなります。

ハンバーガーショップは無人状態で開店休業です。
夜になると飲食店は完全に無人状態になります。

閉園が近くなると広い敷地なのに余りにも人が少なすぎて、ゴーストタウンのように
怖いくらいでした。
三脚の持込が禁止され、セルフタイマーで写真を撮る事も出来なくなってしまいました。
従業員(キャスト)もみんな私語をしていて写真のシャッターを押してくれと頼めるような
雰囲気ではありません。

終日、見事な大雨でしたが、無人になった飲食店で昼寝も出来るので
開園から閉園までの間、乗ったアトラクションは何と合計20個を超えました。
夕方5時から10時までビッグサンダーマウンテン20連発も夢ではありません

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事