全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全279ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

一番エコな生活スタイルを考えるなら北朝鮮だと思います。
紙幣を持っていても庶民が購入できる物資は限られていますから。
以下、記事の原文です。

■ F1に「エコ」は必要か?
TopNews 5月21日(土)8時7分配信

F1版ハイブリッドシステムとも言えるKERS(運動エネルギー回生システム)の導入や、2013年からの
1.6リッター4気筒ターボエンジン採用など、「エコ」な路線に進んでいる近年のF1。
しかし、F1にエコのイメージは必要ないとの意見もある。

F1最高権威バーニー・エクレストンは以前にも、2013年から導入される1.6リッター4気筒
ターボエンジンでは、F1の大きな魅力になっているエンジン音が魅力のないものになってしまい、
商業的なダメージが発生すると懸念していた。

そのエクレストンが再び、F1にエコは必要ないとして、次のようなコメントを残した。

「KERSはチームによって搭載したりしなかったりだ。KERSに手を染めたチームは、コストを
抑えなければならないこの時期に1,500万ドル(約12億2,460万円)を投資している。
そんな大金を費やしておきながら、いったいその目的は何か、誰も知らないんだ」

「もし追い抜きの増加に使いたいのなら、A1GPの例(レース中に数回、エンジン出力を高める
“ブーストボタン”を使用できた)もある。ボタンを付けるだけだから、数百ドルもあればこと足りる」

「環境にやさしい技術を目指すなら、ツーリングカーだろう。それだったら意味を成す。
レース車両は街で見かける車そのものだからね」

「F1をほかのスポーツと比べるのは悪くない話だ。例えば自転車ロードレースの
ツール・ド・フランスは、われわれより多量の燃料を消費する。
ツールに帯同する膨大な車列を見るがいいよ」

「一番ガソリンを消費するのは、レースを見に来る観客だ。だからといって、レース主催者に
チケットの販売数を10%減らせとは言えない」

■ この記事は下記から引用させていただきました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110521-00000003-fliv-moto

三井物産、原油流出事故で子会社がBPに約870億円の和解金

ロイター 5月20日(金)17時4分配信

 [東京 20日 ロイター]
 三井物産<8031.T>は20日、2010年4月に発生した米国メキシコ湾探鉱鉱区の
原油流出事故で、同社の間接子会社であるMOEXオフショアがBP<BP.L>に
10億6500万ドル(約870億円)を支払うことで和解したと発表した。

 三井物産は和解による影響を反映し、5月6日に公表した11年3月期の当期利益を3679億円
から3060億円に修正する予定。 

 12年3月期の当期利益予想4300億円については変更しない。 

 メキシコ湾探鉱鉱区の掘削プロジェクトのうち、MOEXオフショアが10%のリース権益を
保有していたことから、BPはMOEXオフショアに対し、同事故に関連する費用として
21億4400万ドル(約1751億6500万円)を負担するよう主張していた。

(ロイターニュース 杉山健太郎)

■この記事は下記から引用させていただきました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110520-00000173-reu-bus_all

どこまでが顧客に起因する問題で、どこまでが自動車メーカーに起因する問題なのか
線引きとFMEAなどの予測が難しいと感じたトヨタ自動車のリコール問題。
結果、トヨタ自動車の該当部品には問題なしでした。
膨大な時間とコストを費やした一連の問題。
マスコミに面白おかしく取り上げられ、顧客が離れ、訴訟も頻発。
私も含め、マイナスのイメージを持ったのは事実です。
しかし、問題が無い事が判った今、トヨタ自動車にとっては本当に災難でした。
製造業に関わる者はエンドユーザーからのクレームにどう向き合えば良いのか
考えておかなければならないと思う事件になりました。

■パワステ問題も「シロ判定」=トヨタ「カローラ」で―米当局

時事通信 5月21日(土)7時3分配信

 【ニューヨーク時事】

米運輸省の道路交通安全局(NHTSA)は20日までに、トヨタ自動車の主力車種「カローラ」の
電動パワーステアリング装置について、欠陥は見つからなかったとの調査結果を明らかにした。

 調査は、トヨタの大規模リコール(回収・無償修理)問題さなかの昨年2月、パワステに不具合が
あるとの苦情の急増を受けて開始された。
「カローラ・マトリックス」を含む2009〜10年型約75万台が対象。
トヨタは、パワステの設計や機能に問題はないとする一方、ハンドル操作の感触で不満を持つ顧客に
対し、同装置のコンピューターの交換に応じていた。

 米運輸省は、トヨタ車の「意図しない急加速」についても、今年2月、電子制御装置に欠陥が
見つからなかったとする調査結果を示し、実質的な「シロ」判定を下している。

■この記事は下記から引用させていただきました。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110521-00000024-jij-int

厚木鮎まつりが30年ぶりの中止です。
以下、記事の原文です。

■ 厚木鮎まつり、花火大会など夜間イベント中止へ/神奈川

カナロコ 5月12日(木)21時0分配信

 厚木市は12日、夏の恒例イベントの「あつぎ鮎(あゆ)まつり」について、ことしは花火大会などの
夜間イベントを中止すると発表した。
電力の供給不足に伴い、警備面などでの支障を懸念しての判断。夏の夜空から彩りが消えることに、
地元からは落胆の声も上がっている。

 市観光振興課によると、鮎まつりは、1947年に戦後復興のシンボルとしてスタート。
打ち上げ花火を目玉に8月第1週の土日に実施しており、昨年は前夜祭も含めた3日間で、
延べ75万人が訪れたという。

 市は、東日本大震災発生後、開催の可否を協議。今月11日、小田急線の増発が難しい上に、
機動隊などを被災地に派遣している県警が十分な警備体制を確保できない恐れがあることなどから、
花火などの取りやめを決めた。

 ことしは、「がんばろう!日本」をスローガンに8月6・7の両日に市や商工会議所が主催し、
義援金活動や被災地の物産展、復興支援ライブなどを予定。
オープニングパレードや出店村、鮎の放流などは例年通り行うという。

 毎年、鮎まつりの花火を制作してきた「ファイアート神奈川」(厚木市棚沢)の和田吉二社長(71)
は「花火は、夏に向けて1年掛かりで作る。
大会が中止されれば、収入が入ってこない」と先行きを不安視。
「地元の人に披露できないことも残念だが、来年以降に期待するしかない」と話している。

■この記事は下記から引用させていただきました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000038-kana-l14

パイロット養成ピンチ…航空大、卒業メド立たず

読売新聞 5月14日(土)14時32分配信

仙台空港に隣接する航空大学校の仙台分校

 パイロットを養成する航空大学校の仙台分校が、東日本大震災で被災し、訓練生約50人の卒業のメドが立っていない。

 2年課程の最終訓練を行う同分校では、校舎のほか、練習機10機のうち7機が津波にのまれた。今後の訓練計画が立てられないとして、7月に予定された同大の入試も中止された。国内航空会社のパイロットの4割以上は、同大卒業生が占めている。国土交通省は「この状態が長引けば、パイロット不足にもつながりかねない」としており、航空業界に影響が出そうだ。

 仙台空港では3月11日午後2時45分頃、仙台分校の練習機が訓練生の操縦で最終着陸態勢に入っていた。大きな揺れが起きたのはその直後。管制官から「ただちに着陸中止」と命じられて急上昇。上空にいた他の練習機2機と待機を続けたが、仙台空港は津波で着陸不能になり、それぞれ新潟、福島の各空港に着陸した。

 津波で仙台空港内にある校舎は冠水。訓練用のシミュレーターなど電子機器類が壊れ、駐機中だった練習機7機も流されるなどして使用不能となった。震災当時、仙台分校には5月卒業予定の訓練生17人を含む計35人が在籍。4月には宮崎本校から16人が進級したが、現在、全員が自宅待機している。

 同大は今月末以降、被災を免れた3機を使い、同分校在籍の訓練生計51人のうち15人の訓練を宮崎市の本校で一部再開する。ただ、最終課程で必要な双発機用のシミュレーターなど教習機器が本校にはないなど問題は多い。練習機は1機数億円。「予算の問題に加え、失った専門機器は、車を買うようにすぐには調達できない」(同大)といい、震災前と同様の訓練が出来るようになるには数年はかかるとみられる。同大では、この状態で新たな訓練生を募っても、入学時期が大幅に遅れたり、訓練期間が2年を超える可能性もあることから、例年7月に行う1次入試の中止を決定。新入生の募集についても見通しが立たない状態が続いている。

最終更新:5月14日(土)14時32分

■この記事は下記から引用させていただきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kakifurai05/MYBLOG/write.html

全279ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事