柿木さんを救う会〜柿木浩和さんは冤罪です〜励ましのコメント募集中

柿木一家奮闘記。それでも私たち頑張っている!ブログ、新しく更新中です。皆さんご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

そろそろ終わり

毎日ブログを書かなければならない・・・
と何かに追い込まれるかのように必死で書いていた頃に比べると、
随分気持ちが楽になりました。

毎日検索数をチェックして、書き込まれるコメントにも一喜一憂しながら、
常にいろんなプレッシャーと闘っていたように思います。
無罪を勝ち取るために苦しくても悲しくても書いていた。
ブログ記事内容が理由で夫とケンカしたこともありました。

何でこんなこと書いてるのか・・・
こんな闘いをいつまで続けるのか?
不安で情けなかったけど、ありのままの姿を見せる事が
支援して下さる方々の心をつなぐことだと信じていた。
書くことで自分のへこたれそうな気持ちを必死で奮い立たせていた。
こんな私ら家族の姿を見せて、反対に人に勇気を与える事が出来ているなら、
闘いの意義は大きいはず。
そして何よりも社会に対して、痴漢えん罪の事実を知らせる!
その使命感みたいなものもありました。
いろんな思いがたくさんこもっているブログだったので、まだまだ愛着がありながらも、
ありのままの今の私の心を綴ることが難しくなってきました。

書きたくても書けないことが多すぎて、もうそろそろ終わりにする時期がきたような
淋しさと、やっと終われる安堵感が交錯しています。

今日は夫婦の24回目の結婚記念日でした。
昨日の朝はもう離婚するか・・・なんて話になってたけど、
今日の夜は一緒にワインを開けて、ケーキでお祝いしてる。

ようやく穏やかに静かに日々を過ごせるかと思ってましたが、
やっぱり何かとあります。
何も無い方がおかしい。
だって、3年間の闘いで夫の心も身体も悲鳴を上げてたんだから、
回復させるのに時間がかかる。
長年抑圧し続けてきた心でしたから。その後のコントロールが難しい。

その夫の苦しみを分かっているようで、最近は、寄り添い切れない私も居たわけです。
「互いの苦しみや哀しみこそ夫婦で分かち合わんとあかんことを柿木夫妻から学びました・・・」
そんな言葉をある方からいただきました。
その言葉に恥じないように、これからも生きていけるのか・・・・
今までも果たして本当にそうだったのか・・・

夫婦はどこまでいっても不完全。
どこがゴールなんだか・・・
25年目以降も一緒に迎えられるよう
これからも向き合っていきますか・・・。
お父さん宜しくお願いします。

閉じる コメント(2)

銀婚式?おめでとうございます。
二人で乗り越えなければならないことは沢山あると思います。25年間続けてこられたのは素晴らしい!これからもお幸せに!

2014/5/21(水) 午前 8:21 [ amb*o*ia*2972 ]

顔アイコン

この柿木さんのブログは、痴漢冤罪の実態とご家族の戦いを世間に知らせてくれた、本当に価値のあるブログです。お忙しい日々のなか、よくここまで頑張って書き続けてくださったと、感謝の気持ちでいっぱいです。

裁判が終わっても、3年間で蓄積した心の疲労が癒されるのは時間がかかると思います。でも、ご夫妻できっと乗り越えられると信じています。
そして、私も含めこのブログを読んできた多くの人たちが、柿木さん事件のことは決して忘れていないことを、時々思い出してくれるとうれしいです。

2014/5/24(土) 午前 2:20 [ 応援しています ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事