熱海から発信

伊豆山に住み始めて2012年1月で、8年になります

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

3月4日の朝、熱海港出航、ジェット船は、海の上をすべるように走り、全く揺れずあっという間に大島元町港に着いた。(新幹線で東京へ行くのと同じ時間で)

明日は天気が悪くなると言うので、出発間際の観光バスに乗せて貰い、全島をめぐる。椿園の見事な椿、その大きなことにびっくり!  人になついて離れないリスがいっぱいのリス園、150万年も昔から三原山の幾度とない噴火で出来た地層の切断面が1000mもバスの中から見られた。都立大島公園は、あまりの広さに入り口の近くで、若いあんこ娘達の踊りを少しだけ見てバスに戻る。

白岩旅館に宿泊、夜7時半から元町港待合所での夜祭り、胸に響く御神火太鼓、あんこ達の踊り、最後に大島音頭等皆で踊り9時まで楽しんで、宿へ戻る。

翌朝、目が覚めたとき、強風が吹き荒れ館内放送で、熱海行きの船は一日欠航決定、東京行きが一便のみ午後出航すると言う。東京まで約4時間半とか。我々は連泊することに決めた。

さて、同じ旅館ではつまらないので、フロントに聞いてみると、快く推薦してくれた旅館が「ホテル赤門」源為朝の住居跡で、ご主人が直系の子孫とのこと。

近くに椿油を絞るところがあるので見学に。毎日は絞らないので色々説明を受けた。おすすめの昼食を聞いて、突風のなかを歩き磯ラーメンを食べに。喫茶店は?と聞くと、宣伝して悪いけど、良かったら、おやじのやっている店があると言う。ジャズ喫茶。元町港の直ぐそばの2階。なんとお洒落な店。お洒落な生き方をしている店主。大島の話。ジャズの話。椿油の話。大波の押し寄せる海を見ながら、楽しい時間を過ごした。

翌朝、目が覚めたとき、強風は、止んでいなかった。東京行きのジェットは欠航が決まり、熱海行きは未定。とりあえず10時までに岡田港へ行き、待つことになる。熱海からのジェット船が姿を見せたとき、思わず拍手!

かくして熱海に戻ってきた。
写真は、港の待合所での展覧会で撮ったもの。カメラを持たずに観光バスに乗ったバカ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事