[週刊]学校が教えない『歴史』『経済』『公民』+大人向け解説!

君達が大人に成ったら直面する『社会問題』や、学校で教わる歴史の『嘘』を解説しているブログです!!
さて、有名な『移民国家』と言えば、【アメリカ】や【オーストラリア】や【カナダ】だが、どうしてこんな事に成ったのか?今回は歴史的に見て行こうと思う!

そもそも、【アメリカ】や【オーストラリア】や【カナダ】は白人経国家の植民地から始まった経緯が有る

【アメリカ】は、1498年英国人ジョン・カボットが北米大陸の東海岸を探検し英国がこれを領有(ニューイングランド植民地)した事から、北米大陸への移民が開始された

【カナダ】は、1534年フランス人ジャック・カルティエがセントローレンス川を遡ってこれをフランスが領有化(カナダ植民地)した事から、現在のカナダ地域への移民が開始された、つまりカナダは【フランス系】と言う事だな

【オーストラリア】は、18世紀半ばから、イギリスの流刑地として移民が始まったのは有名な話だ

さて、アメリカは【カナダ】や【オーストラリア】とは少し異なる

>現在のアメリカ合衆国における植民地活動としての「開発」は、当初から多民族国家となる運命を辿るかの様に行なわれた。ヴァージニアやカロライナにはイギリス人(ニューイングランド)が、ルイジアナにはフランス人が(フレンチルイジアナ)植民地を築くなど、この「開発」は主にイギリス人とフランス人2つの民族によって行われた。しかし、それだけではなくニューヨークやニュージャージーにはオランダ人(ニューネーデルラント)が、デラウェアにはスウェーデン人(ニュースウェーデン)が、フロリダにはスペイン人(ヌエバ・エスパーニャ)が、それぞれ思い思いに今日のアメリカ合衆国の範囲に植民地を築いた。アメリカ東部には、すでに17世紀半ばに現在のアメリカ文化に繋がる欧米文化が移植されていたのである。
(Wikiより抜粋)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

つまり、早くから色々な国から植民地として【移民】が開始されている点で、『カナダ』や『オーストラリア』とは少し異なる

土地が広い分、列強諸国による分割が早くから有った訳だな

それはさておき、これ等の国々に共通する点は、『植民地で働かせる奴隷を有色人種から強制連行して来た』と言う事

それと『原住民を虐殺して土地を強奪した事』だな

まぁ、日本に対してどうこう言える様な『ご立派な国では無い』のは確かだな?

【オーストラリア】や【アメリカ】に関しては、過去に詳しく解説したのでそれを参照して欲しい

さて、これ等の移民国家に共通する『奴隷として、強制連行して来た有色人種』が、最初の【外国人移民】となる

つまり、フランス人から見て『支那人は外国人』

イギリス人やオランダ人から見て、『アフリカ系黒人や支那人は外国人』だよな?

な?外国人移民だろ?

まぁ、奴隷だけどね

アメリカの場合は、農場の労働者(小作農)や家政婦としてアフリカ系黒人を

ゴールドラッシュ時代には、鉱山労働者(ほぼ奴隷扱い)として、支那人を

奴隷が禁止されてからは、農場労働者や鉱山労働者として日本人を(日本人移民の第一世代)

と言う流れに成る

ちなみに、【カナダ】や【オーストラリア】も、殆ど同じ様な流れだ!

つまり『有色人種は、単純労働等の低賃金労働者(当時は奴隷扱い)として、支那人や日本人や朝鮮人を省いて【強制連行して来た】』のが、これ等の国の歴史だ

南米の農場労働者として日本人移民が多くブラジル等に渡ったのも、スペイン人地主の小作農として渡ったり、自分で土地を買って農家として渡った人達だ

つまり、『侵略した白人種が、有色人種を奴隷として強制連行して来た』のが、これ等の国の【外国人移民の始まり】だと言う事になる

で、それからどうなったか?

特に当時は、一度移民したら、そうそう祖国に帰れる筈も無く、移民した地域に定住するしか方法が無い

特にアフリカ系黒人は、アメリカに定住するしか生きる術が無いよな?

それで、特にアメリカ等は、奴隷制度が禁止されて以降、人種差別はともかくとして、【アフリカ系黒人】や【支那人】や【日本人】が、特定地域に【集住】する様に成る

勿論、人種差別的な迫害からの逃避や、お互いに文化や言語が共通な人達と集まる方が、住みやすいし、何より『政治的なプレゼンス』を持つ事が出来る可能性が有る

カナダやオーストラリアにしても、事情は同じだ

アメリカでは、『リトル東京』『リトルチャイナ』等の地域が有るよな?

特にカリフォルニア州は、オールドカマー(古くからの移民)もニューカマー(新たに来た移民)も多い地域だ

何故カリフォルニア州に移民が集まるかは、そりゃカリフォルニア州自体を『移民の政治的なプレゼンスを持てる州』にしたいからに決まっているし、移民の発言権が強いからで有ろう

感の良い読者はもう分かったよな?

地域乗っ取り【コンプリート!】だ!!

しかもアメリカやカナダやオーストラリアは、合衆国型式を取って居るので、州毎の自治権が強い

つまりカリフォルニア州なら、ほぼ『移民による、移民の為の、移民による政治』が可能に成る訳だな!!

な?何故おじちゃんが『道州制』に断固反対なのか?ここからも分かるだろ?

例えば『北海【道】』が支那人に占拠された場合、その高度な自治権により、『日本の中の外国』が完成してしまうからだ!!

ちなみに、自民党(特に安倍晋三)は道州制に前のめりだ(呆)

特に、オーストラリアやカナダが、何故『外国人移民国家に【成ってしまったのか?】』

そもそも、小奴ら侵略して来た白人種が、ほぼ奴隷労働者として外国人移民を受け入れ続けて来たからだ!!

オーストラリア(通称オーストコリアやオーストチャイナ)は売春が合法だが、これも『単純労働者(売春婦たまに売春夫)として、朝鮮人や支那人を受け入れたからに過ぎない

しかも!白人売春婦と殴り合いの喧嘩をして、客の取り合いをすると言う『大変微笑ましい』事態に成ってしまっている(笑)

最早日本も、安倍内閣と自民党と経団連のお陰で、これ等の現実が目の前だぞ?

君達には、目と鼻の先の話なのにな?

これで本当に良いのかな?

安倍晋三何ぞの何処が『代わりが利かない程の人物』なのかな?

もっとマシな奴は、自民党にも腐る程居る様な気もするがな?

まぁ、少なくとも【二階俊博】やら【小泉進次郎】やら【石破茂】では無いけどな(笑)

読者諸兄も、よくよく考えておかないと、君達が背負う未来は『かつて日本と呼ばれた地域』か、『支那の万年属国(エスニッククレンジング付)』に成るぞ?



このブログがお気に召しましたならば、ブログランキングにご協力下さいませ


政治ランキングへ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

>【日本との通貨スワップ再開に向け努力 韓国中銀総裁が意向表明】

【マニラ聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は、金融危機時にドルなどを融通し合う韓日通貨交換(スワップ)の再開に向け努力すると表明した上で、今後このための協議が始まるとの見方を示した。4日の韓国、日本、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)による財務相・中央銀行総裁会議後に報道陣に明らかにした。(以下略)

http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20180506000700882&site=0400000000&mobile


『日韓通貨スワップ再開』など、それこそ【経団連】等の韓国利権の有る連中の差金で有りますしょうが、何せ【経団連】お墨付けの【経済財政諮問会議】に、安倍晋三氏は言い成りなのは今更解説するまでも有りませんので、可也危険な状態で有る事は確かだと思われます


勿論、経済財政諮問会議を解散しない安倍晋三氏にも多大な責任が有りますが、利権絡みで国民の税金を搾取している【経団連】等にも莫大な責任が有ります

更に『日韓通貨スワップ』が万が一再開された場合、それこそ『朝鮮統一』などが実現された場合、アメリカの圧力に関係無く、経済財政諮問会議(つまり経団連等の企業や投資家)が朝鮮利権をあさる為に、国民の税金で朝鮮のインフラ整備をさせ、国内は『プライマリーバランス黒字化が〜!!』『社会保障費で国が破綻する〜!!』と緊縮財政をさせる癖に、海外で自分が儲かる利権の為の投資は日本国政府にさせると言う悪循環は終わりませんね?

基本的には日本の海外援助は私は賛成ですが、経団連等の利権拡大の為の海外インフラ投資(特に反日国家への)を日本国政府にやらせる事は、何が何でもやめさせなければ成りません(安倍内閣に限らず、この状態は戦後長年続いております)

これに関連して、支那の『一帯一路構想』に、日本政府が乗り気で無いのを逆手に取って、『一帯一路に日本の民間企業が投資する』と言う話が通りそうな気配です

恐らくはそのまま通ると思われます?

何せ『民間企業の投資』ですので、幾ら安倍内閣でも止める事は難しいからです

まぁ、本来ならば、そう言った『日本国の未来に禍根を残す可能性が高い案件』は、総理が辞職を覚悟してでも経済界を説得するのが【筋】だと私は思いますが、何せ【民間企業の投資】ですので、安倍内閣の流れからして通すと思われます

あくまでも【予想】ですので、ハズレたら悪しからず(泣)


このブログがお気に召しましたならば、ブログランキングにご協力下さいませ


政治ランキングへ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

さぁ、本日は難民(移民)問題の成れの果てをご覧下さい!


>【衝撃:難民問題】破壊されたパリ:かつての光の街がいかにゴミの街へと変貌したか

https://www.newshonyaku.com/france/life/20180114


私はこの記事を見て【衝撃】を受けました!!

『これは酷い』としか言い様が有りませんよね?

確かに日本にも『ホームレス』が居る地域が有りますが、ここ迄汚い事は有りませんし、行政が宿泊施設にホームレスを受け入れておりますので、昔よりは減ってますよね?

私は『フランスのパリ』には行った事は有りませんが、勝手なイメージとしてはこんな汚らしいイメージは有りません

例えば『韓国』にしても、メインストリートの裏にはスラム街が多数存在したりしますが、基本的には韓国人ホームレスや韓国人低所得者の住む地域です

日本にしてもそうですよね?

【今の所は・・・】

あくまでも、ホームレスと言っても『基本的に日本国民』です

ところが、フランスの場合は【経済難民(移民)】や【難民】で有り、基本的に『他国籍(外国人)』です

そして『ドイツ』や『フランス』で、『受け入れ国の対応が気に食わない』と言って暴動を起こしたりしております

何とも傍若無人な話ですが、果たして日本は此等の事象を『対岸の火事』等と気楽に構えても宜しいのでしょうか?

安倍内閣は、移民を今月から受け入れ数を増やしましたし、もし、北朝鮮とアメリカが交戦状態に入れば、木造漁船で強行に日本へ逃げて来る『反日国の北朝鮮人民』が来るかも知れないのですよ?

安倍内閣が北朝鮮での戦闘を嫌がるのは、この『反日北朝鮮難民問題(勿論工作員も入り込む可能性が高く、日本国内で暴動を起こす危険性が極めて高い)』が有るからですし、何よりアメリカのバックアップ部隊の自衛隊では、単独での作戦行動が難しく、更には北朝鮮のミサイル攻撃に対して、有効な反撃や迎撃装備が【圧倒的に不足している】からです

何せ北朝鮮のミサイルは、【核】搭載とは限りません!!

炭疽菌等の生物化学兵器が搭載されている危険性の方が、余程高いのです

感の良い方はお分かりと思いますが、つまり『北朝鮮が核兵器を放棄しても、生物化学兵器や毒ガス兵器等の、攻撃の可能性が無くなる訳では無い』と言う事です

だから『日本独自で核武装し、北朝鮮や支那やロシアの攻撃を防ぐ』必要性が有るのですよ?

私は『朝鮮総連や朝鮮銀行の業務停止命令や規模縮小』を何度か書きましたが、在日朝鮮人による国内テロを恐れて、安倍内閣が此等の政策を行わないのは理解しております

ならば粛々と、『北朝鮮は日本を敵視しているので、特別在留許可者の法的措置を解除して、北朝鮮への帰還を行う』のが妥当かと思います

これで在日朝鮮人が暴れれば、日本国民が、左翼が何と言おうが『帰国させろ!!』と言う話に成り、少なくとも国内テロの可能性は低くする事が出来、更には『朝鮮総連や朝鮮銀行の廃止』も可能になるかと?

つまり先に『北朝鮮問題を盾に取り、特別在留許可者を全員強制帰国させる』のです

これで『日本の外国人移民問題』の一つが解決しますよね?

此等の政策を出来るだけ早く行わないと、フランスやドイツの二の舞に成りかねません?

今でも、『ヘイトスピーチニダ〜!!』『人種差別ニダ〜!!』と、他国籍の人間がお世話に成っている他国に対して、傍若無人な要求をしていますからねぇ?

既に今でも、フランスやドイツの問題は『対岸の火事』では無いのですよ?



このブログがお気に召しましたならば、ブログランキングにご協力下さいませ


政治ランキングへ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

さて、表題通りに、漸く野党が『至極真っ当な』仕事をしてくれるようです?

まぁ、『森加計が〜!!』だの『セクハラが〜!!』だの言っていても、支持率は【マッタク】上がりませんからねぇ?

自民党や安倍内閣の支持率は下がっても


>『野党 種子法復活案を提出 来週審議入りめざす

立憲民主、希望の党など野党6党は19日、今年度から廃止された主要農作物種子法(種子法)を復活させる法案を衆院に提出した。米、麦、大豆の優良種子の安定供給を都道府県に義務付けてきた廃止前の内容を骨格とする。「現場では都道府県による種子生産が後退するとの不安が大きい」とし、法案をまとめた。早ければ来週にも開く衆院で審議入りを目指す。(後略)』
(日本農業新聞)

https://www.agrinews.co.jp/p43855.html?page=1 ;

都道府県や試験研究機関が持つ種苗生産の知見については、海外流出を防ぐ規定も入ったとのこと

つまり、キチンと【外資規制】についても【新種子法】に入れる見たいです

いや、これが本来の野党の仕事です

今までが『森加計が〜!!』だのと、国会審議時間の無駄遣いをしていたのです

まぁ、それにしても、問題大ありの『働き方改革』の審議を自民党と公明党ノミでやるとか言っているのに、あいも変わらず『セクハラが〜!!』だの言ってる様では話にも成ませんけどね?

良いんですかねぇ?野党が『残業代ゼロ法案』だの『寧ろ残業が増える!!』と散々問題視していた【働き方改革】を審議拒否しても?

何にしても、この【種子法廃止】と言う売国政策を行おうとしているのは『自民党と公明党と安倍内閣』で、正論を言って居るのは今回は野党側です

当たり前です!地方交付税等で、地方が税金をふんだんに掛けて、『種子の純粋性(他種の受粉により、突然変異するのを防ぐ)』を守り、新品種の開発に長年掛けて来た種子を、ことも有ろうに『企業に知見を譲り渡す事』としているのが【自民党の種子法廃止法案】ですよ?

馬鹿以外の何物でも有りませんし、勿論!外資規制も有りませんから、海外に『合法的に流出し放題』に成ります

これを【売国】と言わずして、何を売国と言うのでしょうか?

ちなみに提案者は、皆大好き『小泉進次郎おぼっちゃま』です

この『小泉進次郎おぼっちゃま』は、何と!『既得権益が〜!!』と、【全農解体】や、この【種子法廃止】を提案した、【究極の売国奴】です!!

私は、大嫌いですけどね

『小泉純一郎』は、何も考えずに『原発廃止』等と無責任発言

親子揃って【売国奴】とは、世も末ですねぇ?

まぁ、『小泉純一郎』も大嫌いですけど

まぁ、野党はこの『新種子法』を、是が非でも通して欲しい物です!!

この件ばかりは、皆様も野党を応援して下さいませ

でなければ、『日本の食の安全』が、安倍内閣のせいで崩壊してしまいます

野党各位には、『森加計が〜!!』以上の情熱を持って、【働き方改革】と【新種子法】を審議して欲しい物です!!

審議拒否など、している場合では無いのです!!

北朝鮮問題も逼迫しておるのですから!!


このブログがお気に召しましたならば、ブログランキングにご協力下さいませ


政治ランキングへ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

さて、支那(中国)が、外資出資規制を撤廃するとか?


>【中国:自動車合弁の外資出資制限を撤廃へ、2022年までに】

Bloomberg News

2018年4月17日 17:27 JST更新日時 2018年4月17日 23:06 JST

●電気自動車への出資制限は今年撤廃−発改委

●商用車は20年に、乗用車に関しては22年にそれぞれ出資規制解除

中国は20年以上にわたり課してきた自動車合弁への外資の出資制限を、今後4年以内に撤廃する計画だ。世界最大の自動車市場へのアクセス改善を求めてきたグローバル企業にとっては弾みが付く。

中国国家発展改革委員会(発改委)がウェブサイトに17日掲載した発表文によると、電気自動車メーカーに対する出資制限は年内にも撤廃され、テスラなどがまず恩恵を受けそうだ。商用車については2020年に、乗用車は22年にそれぞれ出資上限を取り除く。

中国は1994年以降、外資自動車メーカーに中国のパートナーとの合弁形態での国内操業を義務付け、50%を超える出資は認められていなかった。

今回の発表を株式市場は好感し、朝方に下げていたドイツの自動車メーカーはすべて上げに転じた。一方、中国国内のメーカーには独自ブランドの構築を加速するよう圧力が増しそうだ。

フォルスクワーゲン(VW)は中国の発表が新たな選択肢を生むものなのかどうかを分析するとしつつ、既存の合弁事業に影響はないと言明。米ゼネラル・モーターズ(GM)は中国での事業拡大はパートナー企業との協力の結果だとし、この形態を維持する方針を示した。テスラはコメントを控えた。
(Bloomberg)

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-17/P7BM646KLVR501

まぁ、アメリカとの【貿易摩擦縮小】も当然思惑として考えられますが、主には『支那の国内景気が悪化して来ている』証拠かと思います

何せ支那の『経済指標』がいい加減な上に、外部から調べ用が無い為に正確には誰にも分かりませんが、年々支那の『経済成長率』が、落ちて行っているのは確かなのです

まぁ、永遠に続く好景気(高度経済成長)はあり得ませんので、当然と言えば当然の結果なのですが・・・

つまり支那がこの時期に『外資の出資規制を撤廃』するのは、最早『国策会社(共産党の資金)で、自動車会社に出資するのが困難だから、外国企業に出資させて事業拡大を狙う』と言う事では?

しかも、ドイツや日本の自動車企業は、『これで巨大マーケットが活かせる!!』等と【馬鹿かいな?】と言う話をしておりますが、支那で外国企業の現地法人の車が買えるのは、約一億人程度の『中間層以上』だけです

たま〜に、日本で支那製の電気自動車が格安で売ってたりしますが、現地の殆どの庶民は、その支那の現地法人(支那100%出資)の、電気自動車【しか】買えません

ましてや、日本の自動車製造業は、支那ではドイツの自動車製造業に、シェアで完璧に負けております

まぁ、主には支那に【反日】思想が有るからなのですが

ハッキリ言って、インドやアメリカ市場程の、市場規模は支那には有りません

あいも変わらず、一番の巨大市場はアメリカなのですよ

何せ『庶民も外国車が買える』のですから

むしろアメ車は高いのです

何せ庶民や若者向けのピックアップトラックが、平気で新車が日本円で500万円以上しますので

日本車(現地生産)の方が、遥かに安いのですよ

話を戻しますが、支那が喫緊で『外資規制を撤廃』しても、何せ【共産主義国(全体主義)】なのですから、共産党の強権発動で、充分景気回復したら、外資を追い出して、技術や設備を奪い取る事も有り得る訳です

本当にこの辺の危機感が、ドイツや日本の自動車製造業者に有るのか?甚だ疑問を感じます

私なら、支那に近い地域で支那の友好国に現地法人を作って、其処から輸出する安全策を取りますけどねぇ?

例えば『ミャンマー』とか?

まぁ、自動車製造業者も、流石にこの程度のリスク管理はしていると思いますが?

話によると、トヨタ何かは支那では『三世代前のカローラ』を作っていたり、ハイブリッド何かも『第1世代や第2世代』しか作っておらず、生産設備も古いから【損切り出来る】とか?

それにしても、余り有望な市場では無いのですけどね?支那は?

寧ろ、インドやらアフリカを開拓した方が良いかも?

まぁ、アフリカは政情がちっとも安定しませんけどね

それは支那も一緒ですけど

それに、支那が『自動車輸出国』に成ったら、それはそれで『家電業界の様に、日本の自動車業界の衰退を招くだけ』なのでは?

まぁ、何にしても、日本としてはこれ以上支那に経済力を付けさせる様な話には、乗ってはいけませんね

更に日本と支那の経済格差が広がったら、もう日本は支那に逆らう術を失いますよ?


このブログがお気に召しましたならば、ブログランキングにご協力下さいませ


政治ランキングへ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事