[週刊]学校が教えない『歴史』『経済』『公民』+大人向け解説!

君達が大人に成ったら直面する『社会問題』や、学校で教わる歴史の『嘘』を解説しているブログです!!
よろしければ、ブログランキングにご協力下さいませ!




選挙も終わって、まぁ、予想通りの結果が出た(泣)

簡単に選挙を振り返れば、投票率の低さから見ても、組織票で当落が決まった印象が有る

つまり、国民の約半数近くが、投票しない事によって、安倍内閣に【信任】を与えて仕舞った事に成る

特に酷い結果だと言わざるを得ないのが、北海道選挙区と京都選挙区だ!

あの、悪名高い『アイヌ新法改正』を国会に働き掛けた張本人の【鈴木宗男】が当選して仕舞った(泣)

イメージ 1



あれ程チャンネル北海道等が、『アイヌ新法』の出鱈目ぶりや、鈴木宗男氏のヤバさを報道したにも関わらず、この低堕落だ!!

イメージ 2



『アイヌ新法』の出鱈目さは、おじちゃんもここで指摘した

この結果を見ても、『アイヌ民族とやら』と『人権マフィア』の組織票が動いた事は言うまでもなく、ノンポリの一般国民が投票をしなかったから、こうした低堕落が起きて仕舞う

そして同じく!国民の権利で有り、民主主義の根幹を成す『表現と結社の自由(憲法第21条 所謂言論の自由)』を壊した、【西田昌司】が当選した事だ!!

イメージ 3



幾ら『積極財政』に前向きでも、民主主義の根幹を成す『言論の自由』を、【言論弾圧】【言論統制】する、正しく『全体主義丸出し』の輩を、当選させるのは有り得ない!!

さて、これ等ノンポリの人達は、消費税増税に賛成したのと同じ事何だぞ?!

何せ、明確に『消費税増税に反対する投票』を、無視してしなかったからこそ、組織票に勝る『自公』が勝って仕舞った

もう、何かウルトラCが無い限り、消費税増税は止められ無くなった!!

この選挙結果から、おじちゃん的には、日本はもう、終わった国としか思えないな

一番、消費税増税で苦労する筈の低所得者や若年層が、こんなザマでは日本に未来は無い

おじちゃんに出来る事は最大限頑張ったが、もう、おじちゃんにはどうにも出来ない

※『腐った民主主義から新自由主義(資本原理主義)が生まれ、その腐った民主主義から、最悪の全体主義が生まれる』

つまり、『中国倭人自治区』が、また一歩近づいたと言う事だし、散々経済破壊した安倍晋三は、あと数年で『おら、知らね(笑)』と、無責任に政治家も引退するだろう

まるで小泉純一郎の様にな!!

イメージ 4



さぁ、今年末から『破滅的な景気後退』に突入すると予想する

それが『日本国民の出した結果』なのだから、諦めて貧乏になるしかない

イメージ 5



そして、平均寿命も、今後は盛大に落ちて行く事で有ろうな?

何せ、医療費も更に負担が増えるし、消費税増税で、食費すら減らすだろうし、サービス業の『外食産業』も、消費税増税と軽減税率で、寧ろ安い外食産業から、倒産して行くだろう

勿論!地元のラーメン屋さんや、小さな食堂、場末のスナック等に、生き残るすべは無い

そうした支出から、低所得者は減らして行くから、当然低所得者が行く様な外食産業から、倒産が相次ぐだろう

そして、とうとう『デフレによる、就職率低迷局面』に入ると予測する

そして、盛大な低所得者の増加と、貧富の差の拡大

そして、非正規雇用の加速度的な増加だろう

イメージ 6



仕方が無いよな?自分達が選んだ結果だ!!

だからあれ程、投票して消費税増税に反対しろと、何ヶ月も訴えて来たが、そもそもノンポリは、こうした政治解説を読まないから、どうしても伝わらない

伝わらない部分は、読者の口伝えに頼る他無かったし、おじちゃん自身も身内や知り合いには散々解説した

これが素人で有る、おじちゃんの限界何だよ

この選挙結果には、おじちゃんも少なからず責任を感じている

その点は『本当に申し訳なかった』と謝罪致します

しかし、結果は結果だ!!

消費税増税を、皆も甘んじて受けなければ成らない

広島の水害被災者も

熊本県の水害被災者も

そして、大学生にせよ、中学生にせよ、小遣いが実質2%減少する事に成る!!

ましてや、親の給与が減ったら、小遣いも減るだろう

スマホの維持すら難しい人達も、洒落抜きで出て来る可能性も否定出来ない

嫌な事、恐ろしい事ばかり書いているが、全て【現実に起こり得る事】何だぞ!!

最早『デフレ最悪化』は約束されて仕舞った(泣)

おじちゃんの老後は、『出来るだけ安楽にサッサと死ぬ方法』を考えるしか無いな?

何せ、恐らく医療費も払えないと思われるからな?

『生活保護受給者』に、成れない限りは

だって、食費も減らさざる得ない上に、老体に鞭打って、働かざるを得ない

若年層の未来は、このまま行けば、『もっと酷い事に成る』のは、充分【約束された未来】だ

それだけ、この選挙結果は【最悪】だったし、日本国民の馬鹿さ加減の象徴だったと思う

そして、恐らく安倍内閣では『9条改正』は出来ないと思われるし、そもそもやる気が無いと思う

安倍晋三の残り任期では、100%間に合わないからだな

その時に成って『騙された!!』と思うだろう

改憲の為に『自公過半数』のレトリックに騙された事にな!!

正直、これ程日本国民が【馬鹿】だとは思わなかったし、思いたく無かった

しかし、選挙結果が、『日本国民は世界最悪の愚か者』で有る事を、自ら証明して仕舞った

これでは、韓国人を笑え無い

と言う訳で、おじちゃんは暫く落ち込みます・・・



amazon Kindleの電子書籍で本を発売しました!

>【何故日本は景気回復出来ないのか?】

価格 99円

著者等: 小笠原健二郎

【販売ページへ】

完全新作【外国人移民問題の本質とは】をリリース致しました!

価格 250円

【販売ページへ】



このブログがお気に召しましたならば、ブログランキングにご協力下さいませ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

よろしければ、ブログランキングにご協力下さいませ!




さて、毎度毎度の嫌なお知らせ(泣)

またもや!実質賃金が下がりましたよ
(ノД`)シクシク


>【実質賃金1.0%のマイナス、物価高響き5カ月連続=5月の毎月勤労統計】

厚生労働省が9日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、5月の実質賃金は1.0%のマイナスと、前年同月を5カ月連続で下回った。消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)の高止まりが響いた。
名目賃金に当たる現金給与総額は27万5597円と、前年同月を0.2%下回った。パートタイムを除く一般労働者では0.3%増と2カ月連続のプラスとなっており、賃金動向について同省は「基調としては緩やかに増加している」(賃金福祉統計室)としている。(後略)
(ロイター通信)

https://jp.reuters.com/article/wage-japan-may-idJPKCN1U32NQ

イメージ 1



ちなみに、2014年の実質賃金は、現金給与総額で対前年比−2.8%。きまって支給する給与で対前年比−3.2%

まぁ、リフレ派の方々は『実質賃金は問題に成らない!!』等と訳わかめな事を言っておりますが、そんな彼等の論拠は

※『実質賃金は、上昇に転じても、タイムラグが有るから』

と言いますが、対前年比で5ヶ月連続で下がったのに、何言ってんの?と

イメージ 2



いやまぁ、酷い物ですよね?自公連立政権は?(安倍内閣)

イメージ 3



ここまで、国民を【貧困化】させた政権は、戦後初だと言う【単なる事実】

まぁ、橋本龍太郎政権、小泉純一郎政権も、国民を貧困化させたと言う意味では、全く同罪ですがね?

イメージ 4


【橋本龍太郎】

イメージ 5


【小泉純一郎】

あれ?何方も自民党政権なのは、気のせいですかね?

きっと、気のせいですよね?安倍晋三氏?

何せ安倍晋三おじさんは、『悪夢の民主党政権が〜!!』と、選挙戦でも国会でも、言っておりましたからね?

まぁ、事実は『自民党政権が、国民を戦後一番貧困化させた』ので、私からすれば

※【悪夢の安倍政権】

イメージ 6



なのですが?


>『名目賃金に当たる現金給与総額は27万5597円と、前年同月を0.2%下回った。パートタイムを除く一般労働者では0.3%増と2カ月連続のプラスとなっており、賃金動向について同省は「基調としては緩やかに増加している」(賃金福祉統計室)としている。』


と言いますかね?

名目賃金も0.2%下がってますから、所謂リフレ派の皆様は、一体どう説明して下さるのですかねぇ?

ちなみに、わかりにくい【パートタイムを除く一般労働者】とは?


>『厚生労働省:主な用語の定義 次のいずれかに該当する労働者をいう。 常用労働者のうち、1日の所定労働時間がその事業所の一般労働者より短い者、又はその事業所の一般労働者と1日の所定労働時間が同じでも1週の所定労働日数が少ない者をいう。 常用労働者のうち、パートタイム労働者以外の労働者をいう。』


つまり、非正規雇用者ですな

イメージ 7



非正規雇用者の【名目賃金】は増えたが、実質賃金は下がった

と言う事に成ります

そして、正規雇用者の名目賃金は増えて無い(泣)

つまり、増税やら負担増やらで、実際賃金(可処分所得)が減ったと言う事です

何も増税は、消費税だけでは有りませんよ?

軽自動車税、酒税等が、消費税増税以降に上がっております

社会保障費の個人負担も、毎年引き上げられて来ました

ですので、たったの0.3%【名目賃金】が増えた所で、実質賃金(可処分所得)が増える訳が無いのですよ!!リフレ派の皆様?

ね?リフレ派の皆様の『頭の中身を疑わざるを得ない』ですよね?

イメージ 8



まぁ、財務官僚やら、財界やら、殆どの政治家も同じですけどね

で、こいつ等に騙されている『自分で考え無い、思考停止の国民』も同じです

酷くない?(ノД`)シクシク

これが自公連立政権(主に自民党)ですが何か?

少しばかり『保守派ぽい』ことしてればマトモなら(もっとも、保守的な事は何一つ実行してませんが)その辺の右翼でも内閣総理大臣は務まりますよ?

寧ろ、その辺の右翼の方が、余程保守派が喜ぶ政策をすると思いますよ?

もっとも、暴力団系の【似非右翼】では駄目ですけどね

もういい加減、『これ程酷い政権も無い』と言う【単なる事実】は認めないと、何時まで経っても景気回復などしませんよ?

私は別に『安倍晋三憎し!!』で言っている訳では有りません

単に事実として『戦後、これ程酷い政権は無い』事を、データーを元に解説しておるだけですよ?!

安倍晋三が、単にこの時期においては最悪な『新自由主義の信奉者』で有ると言う、【単なる事実(現実)】を言っているに過ぎません

安倍晋三が内閣総理大臣で無ければ、別に安倍晋三の事など、【心底どうでも良い】のです

鳩山由紀夫が総理大臣で、安倍晋三と同じ事をしておれば、同じく『馬鹿カス』批判するだけの話です

内閣総理大臣は、日本の政治において『一番の責任者』なのですから、批判の矢面に立たされて当然なのですから

政策がおかしければ、幾らでも『馬鹿カス』批判しますよ!!

もう一度申しますが、『安倍内閣こそ、戦後最悪の【悪夢の政権】です!!』



amazon Kindleの電子書籍で本を発売しました!

>【何故日本は景気回復出来ないのか?】

価格 99円

著者等: 小笠原健二郎

【販売ページへ】

完全新作【外国人移民問題の本質とは】をリリース致しました!

価格 250円

【販売ページへ】



このブログがお気に召しましたならば、ブログランキングにご協力下さいませ


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

よろしければ、ブログランキングにご協力下さいませ!




さて、明日はいよいよ『参議院議員選挙投票日』です!

イメージ 1



私のブログをご愛読頂いている読者諸兄の皆様は、『投票に行かない』と言う選択肢は無いと確信しております

明日に向けて、もう一度念押しをしておきたいと思います

まず、先日、熊本県において、震災復興中にも関わらず、天災による【大水害】が発災しました

イメージ 2



謹んで、御見舞申し上げます

さて、この震災復興中及び大水害復興中の熊本県民にも、容赦無く『消費税増税』が襲い掛ります

※『Imagine all The People(想像して見て下さい)』

酷くない?(ノД`)シクシク

これが、自分の立場だと想像して見て下さいませ!

熊本県に住んでいて、震災で家が半壊し、やっと家を建て直した所に水害で家が床上浸水し、更に家の修繕にお金が掛かるのに、修繕費に容赦無く『消費税10%が襲い掛かる』のですよ?

「残酷極まりない」と、普通なら思いますよね?

イメージ 3



例えば、今まで修繕費が200万円と仮定して、税込み(8%)216万円だった修繕費が、220万円(10%)に成るのですよ!!

よ・よ・よ・4万円も、余計に修繕費が掛かって仕舞うのですよ!!

しかも!!別に内装業者や建築業者が、4万円儲かる訳では無いのですよ!!

これでも、『震災復興!水害復興!!大変だ!!消費税増税して、復興費用を賄なわねば!!』とか思えます?

こんな事を言う奴らは、所詮現場の生活者の苦労等、微塵も理解して無い【相当に頭の不自由なウルトラ愚か者】ですよ!!

ましてや、復興中の方々も、霞を食って生活は出来ませんので、衣食住や医療費の負担は、普通に有るのです

その『必要最低限の生活費』にも、容赦無く消費税増税が襲い掛かるのですよ?

酷くない?(ノД`)シクシク

ちなみに、東日本大震災の復興費用として、国民に復興増税が行われておりますが(注 今でも継続中)、何と!!復興している東北地方の皆様にも、『復興増税が課されている』のを、ご存知の方は少ないと思います?(勿論!熊本県民にも加算されております!!)


>東日本大震災からの復興に当てる財源の確保を目的として所得税、住民税、法人税に上乗せするという形で徴収される。所得税は2013年(平成25年)1月1日からの25年間、税額に2.1%を上乗せするという形で徴収される。法人税は2012年(平成24年)4月1日以降から始まる事業年度からの2年間[2]、減税をいったん実施した上で、税額の10%を追加徴収する。住民税は2014年度(平成26年度)年度から10年間、年間(給与から天引きの特別徴収では6月から翌年5月)1,000円引き上げる。個人所得税が25年間であるのに対し法人税はわずか2年間である。

税の使途は被災地に限定しており、政府はこれらの増税で10.5兆円を捻出する予定。

※[2]当初は3年とされたが2014年の税制改正で2年で打ち切りになった。(現安倍内閣)
(ウイキペディア)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A9%E8%88%88%E7%89%B9%E5%88%A5%E7%A8%8E


てな訳で、2024年まで増税されっ放しですよと

新自由主義者の権化!!安倍晋三大先生のお陰で、企業は、な・な・なんと!!たったの2年間で増税終了!!

そしてその後、企業の内部留保が過去最大になり、労働者への分配率は下がる一方なのはご存知の通り!!


>【内部留保446兆円、6年連続で過去最高更新 企業統計】

財務省が3日に公表した2017年度の法人企業統計で、企業が得た利益から株主への配当などを差し引いた利益剰余金(金融業、保険業を除く)は前年度より40兆2496億円(9.9%)増えて446兆4844億円だった。6年連続で過去最高を更新。第2次安倍政権が発足する直前の11年度末に比べ、いわゆる企業の「内部留保」は約164兆円積み上がった。
(朝日新聞デジタル)

https://www.asahi.com/amp/articles/ASL933C3QL93ULFA002.html


>【コラム:下がり続ける労働分配率、需要鈍化で企業の価格転嫁の妨げに】

労働分配率は、財務省が発表する法人企業統計のデータから割り出すことができる。2018年9月発表の2017年度データによると、労働分配率は66.2%と43年ぶりの低さとなった。(中略)

第2次安倍晋三内閣が発足した直後の13年7─9月期は、付加価値が70兆8724億円、人件費が40兆7621億円、労働分配率は57.5%だった。

労働分配率は、57.5%、56.4%、55.9%と低下傾向を描いている。

企業の利益が大幅に伸びている割合に比べ、賃金上昇率が伸び悩んでいる
(ロイター通信)

https://jp.reuters.com/article/cmpny-labour-idJPKCN1PX0KU


と言う訳ですが、何か?

素晴らしいでしょう?

自公連立政権と安倍晋三大先生は?

イメージ 4



本当に【悪い意味で】変わりが無いですわ(呆)

何度も書いてますが、データーを元に【事実】を指摘しているに過ぎませんよ?私は?

ひ・ひ・酷くない?(ノД`)シクシク

この様に、消費性向の高い低所得者に厳しい(逆累進性が高い)と言うだけでは無く、天災で被災した被災地民にも容赦無く襲い掛かるのが、【消費税と言う、およそ悪魔の諸行と言うべき最悪の税制】なのですよ!!

イメージ 5



それを、デフレ期に増税するなど言語道断!!

絶対に『消費税増税を公約に掲げる政党や候補』に投票しては成りませんよ!!

【党の公約だから仕方が無い】と言う、己の政治生命維持にしか興味の無い、候補者も論外です!!

本当に国民の為を思うのなら、党を離脱して無所属に成るか、消費税増税に反対や、消費税廃止を訴える政党に移動するのが、本当に国民の為の政治活動なのでは?

消費税増税を訴える候補者や政党に投票する事は、この【悪魔の諸行】に同意し、手を貸した事に他ならないのですから!!

そして、貴方の生活も、『より苦しくなる』のですよ!!

約束です!!

絶対に『消費税増税を公約にする政党や候補者に投票しないで下さい!!』

そして、投票に必ず行って『消費税増税に反対する候補者や政党』に投票して下さい

投票しなければ、組織票で『消費税増税を公約にする某有名【リベラリストパーティー】』に、『消費税増税の、信任を得られた!』と、消費税増税されて仕舞い、更に生活が苦しくなりますよ?!


amazon Kindleの電子書籍で本を発売しました!

>【何故日本は景気回復出来ないのか?】

価格 99円

著者等: 小笠原健二郎

【販売ページへ】

完全新作【外国人移民問題の本質とは】をリリース致しました!

価格 250円

【販売ページへ】



このブログがお気に召しましたならば、ブログランキングにご協力下さいませ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

これでも消費税増税?

よろしければ、ブログランキングにご協力下さいませ!




さて、週末には参議院議員選挙投票日が、10月にはこのまま行けば皆大好き【消費税増税】&【医療費窓口負担増】が待ち受けておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか?

そんな中、とっても芳しい話題が舞い降りました!


>【3月の実質賃金、前年比2.5%減 2015年6月以来の下げ幅 毎月勤労統計】

厚生労働省が10日発表した3月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比2.5%減少した。2015年6月以来3年9カ月ぶりの低下幅となる。相対的に賃金が低いパートタイム労働者の比率が増加したことが減少につながった。

名目賃金にあたる1人あたりの現金給与総額は前年同月比1.9%減の27万9922円だった。基本給にあたる所定内給与が0.9%減、残業代など所定外給与は3.1%減だった。ボーナスなど特別に支払われた給与は12.4%減だった。

パートタイム労働者の時間あたり給与は前年同月比2.2%増の1148円だった。パートタイム労働者比率は0.77ポイント上昇の31.56%となった。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL09HTE_Z00C19A5000000/


ヤッホー!実質賃金ダダ下がりですよ皆様!!(怒)ヽ(`Д´)ノプンプン

この記事をつぶさに見て行きますと


>『相対的に賃金が低いパートタイム労働者の比率が増加したことが減少につながった』

おやおや?非正規雇用が増えましよ、皆様?

イメージ 1



私が何度も指摘しておりましたよね?

※【働き方改革と言う名の非正規雇用化】

だと!!

ね?言った通りだった訳ですよ

これからは、『フリーランスと言う名の、役付き社員の非正規雇用化』も進んで、実質賃金は盛大に下がる一方ですし、仕事の出来不出来で、賃金格差(ギャラ)も盛大に進んで行く訳ですよ

その証拠が、上記の記事にも出ておりますよね?


>『名目賃金にあたる1人あたりの現金給与総額は前年同月比1.9%減の27万9922円だった。基本給にあたる所定内給与が0.9%減、残業代など所定外給与は3.1%減だった。ボーナスなど特別に支払われた給与は12.4%減だった。』

わお!ボーナスその物も12.4%【も】減っておりますが、普段支払われる給与も、0.9%減!

しかも、『働き方改革(残業規制』で、残業代が3.1%とご機嫌に減りましたよ (´д⊂)‥ハゥ

と言いますか、平均給与が何と!月収30万円切りましたよ!!(年収360万円)

2015年時点では、日本の平均給与は年収ベースで400万円

ちなみに、平均給与が世界一のルクセンブルクは、668万円

OECD諸国33か国の平均年収約450万円よりも、2015年時点でも低い(ノД`)シクシク

※【データー出典 Morebiz】

およそ4年間で、な・な・なんと!!40万円も年収が減った事に!!

イメージ 2



此等の事を、私は馬鹿カス語りながら散々指摘して参りましたが、言った通りに成っておる訳ですよ

じゃあ具体的に、1年間でどれ位減ったのか?

仮にボーナスが一度の支給で1月分と仮定するなら

28万円なら、ボーナス1回支給辺り34,720円減った事に成ります(年間合計約7万円)

ほほう?32インチTVが余裕で買えますねぇ?(およそ29,800円)

年間なら、ミドルスペックのノートパソコンが買えますよ?

酷くない? (´д⊂)‥ハゥ

これが、すんばらいしいアベノミクスの結果ですよ!

「政治は結果論」なら、全然駄目ですよね?これでは

イメージ 3



と言いますか、公約の『景気回復』が出来てませんよ?


>『パートタイム労働者の時間あたり給与は前年同月比2.2%増の1148円だった。パートタイム労働者比率は0.77ポイント上昇の31.56%となった。』

つまりは、非正規短時間労働者を特にサービス業が増やした結果、時給は増えたが、総支給額が減り、更には雇用者数は増えたと

ちなみに、日本は既にサービス業が全産業の32.9%を占め、製造業の30.8%を上回っております
(出典 経済産業省)

要するに、外食産業やスーパーマーケット等の小売が短時間労働者を増やしていると言う事ですな

先日、コンビニ店主の方々が、フランチャイズ元の企業に、『24時間営業の見直し』を訴えておりましたが、外国人労働者を『高度人材』等と称して雇うくらいなら、24時間営業の見直しの方がマシですし、深夜営業時間の来店数に対して、運営コストが見合わない事も原因には有ると思われます

何にしても、産業構造が変わるにつれて、非正規雇用社員数が増えて行く日本の現実が見えておりますが、これも『製造業の海外進出による、国内製造業の空洞化』も原因の一因なのは間違い有りませんね

イメージ 4



と言う具合に、国民のお財布状況を見ても、とても『消費税増税』などしている場合では無いのですが、相変わらず【壊国の財務省】は、『国の借金が〜!!』と、出鱈目なプロパガンダに余念が有りません


>【国の借金1103兆円で過去最大】

財務省は、国債や借入金などを合わせたいわゆる「国の借金」が、昨年度末の時点で1103兆円あまりとなり、過去最大を更新したことを発表しました。
財務省の発表によりますと、昨年度末の時点で国債と借入金、それに政府短期証券をあわせた政府の債務いわゆる「国の借金」は、1103兆3543億円でした。
前の年度末よりも、15兆5414億円増えて3年連続で過去最大を更新しました。
これは、高齢化で増え続ける社会保障費などを税収だけではまかなえず、新たな借金にあたる国債の発行などで補っているためです。
内訳は、国債が976兆8035億円、政府短期証券が73兆3490億円、借入金が53兆2018億円となっています。
総額を先月1日時点の日本の総人口で単純に割ると、1人あたり874万円あまりとなります。
財務省は、国の財政の立て直しは引き続き、避けては通れない課題だとしています。』
(NHK Webニュース)

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190510/0029510.html


※『学が有るだけの馬鹿の集まり』

が、財務省の正体だと散々罵倒して来ましたが、正確に言えば

※『国の借金問題など存在しないのに、分かっていて出鱈目なプロパガンダを吹聴しているので、余計に質が悪い【大変悪質な省庁】』

が正解です!

その程度の事を本当に分からないのなら、そもそも財務官僚等に成れる訳が無いのです

つまりは、分かっていてやっているのだから、本当に質が悪い

私程度が分かる事を、国大や有名私大出て分からない訳が無い

※『政府の借金(国の借金)などは、自国通貨建て国債なら、増発して国債買いオペを実行すれば解消出来る』

のは、現実にマネタリーベースが増え続けている事を踏まえれば、容易に理解可能な筈なのですよ

そしてこの、『アベノミクスでデフレ逆戻り』のご時世に、「国のの借金で破綻する〜!!」と大嘘を付いて、消費税増税しようとする財務省と、財務省に騙され続ける財界と政治家達

この国は終わってますな?
\(^o^)/オワタ

そうならない為には、皆様が正しい経済知識を持ち、正しい経済政策を行う政治家を、国政や地方議員に誕生させるしか有りませんよ?

週末の参議院議員選挙投票で、その真価が問われます!!



amazon Kindleの電子書籍で本を発売しました!

>【何故日本は景気回復出来ないのか?】

価格 99円

著者等: 小笠原健二郎

【販売ページへ】

完全新作【外国人移民問題の本質とは】をリリース致しました!

価格 250円

【販売ページへ】



このブログがお気に召しましたならば、ブログランキングにご協力下さいませ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

よろしければ、ブログランキングにご協力下さいませ!




言い換えれば『大阪都構想』にしても、政府や財務省がこのザマですから、やむ終えずやっている部分も否定は致しません!

何せ『地方交付税や、建設国債によるインフラ整備やメンテナンス費用を、日本政府が出してくれない』のですから、より効率的な財政運用だと大阪維新の会が考えて、『大阪都構想』を出して来たのも事実でしょう(私は反対ですが)

大阪都構想の誤りは、藤井聡氏が詳しく解説しておりますので、ご参照下さいませ!

イメージ 1



>【藤井聡】大阪都構想を巡る公明・維新の「党利党略」が導く、最悪の日本の未来

https://the-criterion.jp/mail-magazine/m20190527/


ましてや、北海道や沖縄

対馬等の支那や韓国による経済侵略も、国に見放された地方自治体の、やむにやまれぬ事情も有るのですよ

だからこそ、MMT(現代貨幣理論)を使って、積極財政をしなければ成らないのですよ!!

イメージ 2


【ステファニー・ケルトン ニューヨーク州立大学教授 MMT理論の第一人者】

国を守り、次世代に禍根を残さない為にはね!!

消費税増税など、以ての外です!

では、記事のおさらい


>【地方公務員数、抑制を=人口減反映、効率化要求−財政審】

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は22日、財政制度分科会を開き、地方財政について討議した。財務省は地方公務員の人数に関し、人口減少を反映して抑制することを柱とした改革案を提示。職員が減る中で住民サービスを維持するため、人工知能(AI)導入や業務広域化を通じて事務を効率化すべきだと指摘した。

財政審が近くまとめる建議(意見書)に盛り込む方向だ。

改革案は、少子高齢化に伴って官民ともに労働力が不足し、地方公務員の採用も難しくなると分析。将来の人口動態の推計を基にすると、足元で約92万人だった全自治体の一般行政部門の職員数を25年に3万人減らしても、人口当たりの職員数は一定に保てるとの試算も提示した。

また、住民1人当たりの医療費は都道府県の間で最大1.3倍強の格差があると指摘し、医療の効率化努力を促した。さらに、地方自治体が国民健康保険や公立病院に対して多額の予算を支出している状況を早期に是正すべきだと強調した。
(jiji.com)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052200856&g=pol


今日のルサンチマンは?


>また、住民1人当たりの医療費は都道府県の間で最大1.3倍強の格差があると指摘し、医療の効率化努力を促した。さらに、地方自治体が国民健康保険や公立病院に対して多額の予算を支出している状況を早期に是正すべきだと強調した。


ほほう?地方の住民は【死ね】とな?

あんた等(財務省)が地方交付税出さないから、地方自治体が地域医療を守る為に、多額の予算の支出を余儀なくされておるのですよ!!

もうね!馬鹿かと? 
ヽ(`Д´)ノプンプン

何ですか?今でも緊急医療については、離島等では対応出来ない為に、ドクターヘリ等により、都市部の総合病院への移送をしておりますが、更に地域医療を脆弱化させろと?

イメージ 3



ね?地方在住の住民は、【死ね】と言っておるのと同じですよね?

これが財務省の官僚ですよ?

『地方の痛みなど、全く意に介さない』と言う、腐り切った根性が透けて見えますよね?

ましてや、ヘリの着陸出来る広場が無い過疎地域の住民は、一体どうすれば良いのかと?

イメージ 4



消防所の広域化の問題を以前取り上げ、『消火対応や緊急搬送の対応に遅れが出て、被害を拡大しかねない』事を指摘しました

そんな事も想像出来ない?

愚か者にもほどがある!!(怒)

国民健康保険にしても、散々値上げを繰り返しても、住民数の不足から賄いきれない自治体が増えているだけの話ですよね?

そりゃあ、命に関わる問題ですし、過疎地域の議員や首長にしても、選挙で落選したく無ければ、医療費問題を疎かには出来ませんよ?

社会保障(医療等)で、補助金出すのの何が悪いのかと?

銭金だけの問題では有りませんよね?

これが傾国の財務省と、それに騙され続ける愚かな政治家

イメージ 5


【愚かな政治家の代表】

そして同じく、騙され続ける愚かな財界の末路ですよ

これが【新自由主義(グローバリズム)】から来る、小さな政府論が創り上げた結果です!!

もう一度問います!!

【政治は結果論】でしたよね?
安倍晋三内閣総理大臣!!

国民が地方へ行くほど、疲弊しまくりですよ?安倍内閣総理大臣!!

何故野党が此等を突っ込まない?!

もうね!!馬鹿野郎共にはウンザリですよ!!

此等をよ〜く考えて、参議院議員選挙で是非とも投票して下さいませ!!



amazon Kindleの電子書籍で本を発売しました!

>【何故日本は景気回復出来ないのか?】

価格 99円

著者等: 小笠原健二郎

【販売ページへ】

完全新作【外国人移民問題の本質とは】をリリース致しました!

価格 250円

【販売ページへ】



このブログがお気に召しましたならば、ブログランキングにご協力下さいませ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事