[週刊]学校が教えない『歴史』『経済』『公民』+大人向け解説!

君達が大人に成ったら直面する『社会問題』や、学校で教わる歴史の『嘘』を解説しているブログです!!

全体表示

[ リスト ]

これでも消費税増税?

よろしければ、ブログランキングにご協力下さいませ!




さて、週末には参議院議員選挙投票日が、10月にはこのまま行けば皆大好き【消費税増税】&【医療費窓口負担増】が待ち受けておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか?

そんな中、とっても芳しい話題が舞い降りました!


>【3月の実質賃金、前年比2.5%減 2015年6月以来の下げ幅 毎月勤労統計】

厚生労働省が10日発表した3月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比2.5%減少した。2015年6月以来3年9カ月ぶりの低下幅となる。相対的に賃金が低いパートタイム労働者の比率が増加したことが減少につながった。

名目賃金にあたる1人あたりの現金給与総額は前年同月比1.9%減の27万9922円だった。基本給にあたる所定内給与が0.9%減、残業代など所定外給与は3.1%減だった。ボーナスなど特別に支払われた給与は12.4%減だった。

パートタイム労働者の時間あたり給与は前年同月比2.2%増の1148円だった。パートタイム労働者比率は0.77ポイント上昇の31.56%となった。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL09HTE_Z00C19A5000000/


ヤッホー!実質賃金ダダ下がりですよ皆様!!(怒)ヽ(`Д´)ノプンプン

この記事をつぶさに見て行きますと


>『相対的に賃金が低いパートタイム労働者の比率が増加したことが減少につながった』

おやおや?非正規雇用が増えましよ、皆様?

イメージ 1



私が何度も指摘しておりましたよね?

※【働き方改革と言う名の非正規雇用化】

だと!!

ね?言った通りだった訳ですよ

これからは、『フリーランスと言う名の、役付き社員の非正規雇用化』も進んで、実質賃金は盛大に下がる一方ですし、仕事の出来不出来で、賃金格差(ギャラ)も盛大に進んで行く訳ですよ

その証拠が、上記の記事にも出ておりますよね?


>『名目賃金にあたる1人あたりの現金給与総額は前年同月比1.9%減の27万9922円だった。基本給にあたる所定内給与が0.9%減、残業代など所定外給与は3.1%減だった。ボーナスなど特別に支払われた給与は12.4%減だった。』

わお!ボーナスその物も12.4%【も】減っておりますが、普段支払われる給与も、0.9%減!

しかも、『働き方改革(残業規制』で、残業代が3.1%とご機嫌に減りましたよ (´д⊂)‥ハゥ

と言いますか、平均給与が何と!月収30万円切りましたよ!!(年収360万円)

2015年時点では、日本の平均給与は年収ベースで400万円

ちなみに、平均給与が世界一のルクセンブルクは、668万円

OECD諸国33か国の平均年収約450万円よりも、2015年時点でも低い(ノД`)シクシク

※【データー出典 Morebiz】

およそ4年間で、な・な・なんと!!40万円も年収が減った事に!!

イメージ 2



此等の事を、私は馬鹿カス語りながら散々指摘して参りましたが、言った通りに成っておる訳ですよ

じゃあ具体的に、1年間でどれ位減ったのか?

仮にボーナスが一度の支給で1月分と仮定するなら

28万円なら、ボーナス1回支給辺り34,720円減った事に成ります(年間合計約7万円)

ほほう?32インチTVが余裕で買えますねぇ?(およそ29,800円)

年間なら、ミドルスペックのノートパソコンが買えますよ?

酷くない? (´д⊂)‥ハゥ

これが、すんばらいしいアベノミクスの結果ですよ!

「政治は結果論」なら、全然駄目ですよね?これでは

イメージ 3



と言いますか、公約の『景気回復』が出来てませんよ?


>『パートタイム労働者の時間あたり給与は前年同月比2.2%増の1148円だった。パートタイム労働者比率は0.77ポイント上昇の31.56%となった。』

つまりは、非正規短時間労働者を特にサービス業が増やした結果、時給は増えたが、総支給額が減り、更には雇用者数は増えたと

ちなみに、日本は既にサービス業が全産業の32.9%を占め、製造業の30.8%を上回っております
(出典 経済産業省)

要するに、外食産業やスーパーマーケット等の小売が短時間労働者を増やしていると言う事ですな

先日、コンビニ店主の方々が、フランチャイズ元の企業に、『24時間営業の見直し』を訴えておりましたが、外国人労働者を『高度人材』等と称して雇うくらいなら、24時間営業の見直しの方がマシですし、深夜営業時間の来店数に対して、運営コストが見合わない事も原因には有ると思われます

何にしても、産業構造が変わるにつれて、非正規雇用社員数が増えて行く日本の現実が見えておりますが、これも『製造業の海外進出による、国内製造業の空洞化』も原因の一因なのは間違い有りませんね

イメージ 4



と言う具合に、国民のお財布状況を見ても、とても『消費税増税』などしている場合では無いのですが、相変わらず【壊国の財務省】は、『国の借金が〜!!』と、出鱈目なプロパガンダに余念が有りません


>【国の借金1103兆円で過去最大】

財務省は、国債や借入金などを合わせたいわゆる「国の借金」が、昨年度末の時点で1103兆円あまりとなり、過去最大を更新したことを発表しました。
財務省の発表によりますと、昨年度末の時点で国債と借入金、それに政府短期証券をあわせた政府の債務いわゆる「国の借金」は、1103兆3543億円でした。
前の年度末よりも、15兆5414億円増えて3年連続で過去最大を更新しました。
これは、高齢化で増え続ける社会保障費などを税収だけではまかなえず、新たな借金にあたる国債の発行などで補っているためです。
内訳は、国債が976兆8035億円、政府短期証券が73兆3490億円、借入金が53兆2018億円となっています。
総額を先月1日時点の日本の総人口で単純に割ると、1人あたり874万円あまりとなります。
財務省は、国の財政の立て直しは引き続き、避けては通れない課題だとしています。』
(NHK Webニュース)

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190510/0029510.html


※『学が有るだけの馬鹿の集まり』

が、財務省の正体だと散々罵倒して来ましたが、正確に言えば

※『国の借金問題など存在しないのに、分かっていて出鱈目なプロパガンダを吹聴しているので、余計に質が悪い【大変悪質な省庁】』

が正解です!

その程度の事を本当に分からないのなら、そもそも財務官僚等に成れる訳が無いのです

つまりは、分かっていてやっているのだから、本当に質が悪い

私程度が分かる事を、国大や有名私大出て分からない訳が無い

※『政府の借金(国の借金)などは、自国通貨建て国債なら、増発して国債買いオペを実行すれば解消出来る』

のは、現実にマネタリーベースが増え続けている事を踏まえれば、容易に理解可能な筈なのですよ

そしてこの、『アベノミクスでデフレ逆戻り』のご時世に、「国のの借金で破綻する〜!!」と大嘘を付いて、消費税増税しようとする財務省と、財務省に騙され続ける財界と政治家達

この国は終わってますな?
\(^o^)/オワタ

そうならない為には、皆様が正しい経済知識を持ち、正しい経済政策を行う政治家を、国政や地方議員に誕生させるしか有りませんよ?

週末の参議院議員選挙投票で、その真価が問われます!!



amazon Kindleの電子書籍で本を発売しました!

>【何故日本は景気回復出来ないのか?】

価格 99円

著者等: 小笠原健二郎

【販売ページへ】

完全新作【外国人移民問題の本質とは】をリリース致しました!

価格 250円

【販売ページへ】



このブログがお気に召しましたならば、ブログランキングにご協力下さいませ

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事