狩ったり、集めたりするブログ

モンコレの話題+αですよ。放置気味でしたが、また頑張りたい所存(2013.9.8)

全体表示

[ リスト ]

今日からは待望の「金剛神」のカード公開ですね。
 
しょっぱなから英雄が公開されました。
 
イメージ 1
 
ブロック1、2でも存在した「モンブラン」の亜種カードです。
 
ツイッターでその収録はアナウンスされてましたけど(勢力名にもありますし)、名前は変更なしなんですね。
 
変更点としては「種族:錬金魔導師」の追加、イニシ+1の削除、そして2つの特殊能力も別物になってます。
 
1ツ目の特殊能力「◎強化マテリアル投与」は自身のアイテム枠コストで「種族:錬金生物」の攻防を+2するというもの。
 
アイテム枠は2枠あるので+4まで可能ですね。
 
2枚目のカードがアイテム枠の追加付与の存在を示唆しているので、もしかすると「魔法生物」もしくは「錬金魔導師」にもアイテム枠を追加付与できるかもしれないので、+4が上限ではないかもですけど。
 
まあ、対象が「錬金生物」なので自身には使用できませんが十分すぎる効果ですね。
 
そして2つめはアイテムカードコストで対象に2Dダメ。
 
レベル2から無属性2Dダメが飛ばせるのはかなりのものです。
 
サポートカードでありつつも敵を倒せる火力も内蔵してるのでいい感じですね。
 
また、「モンブラン」としてのウリのレベル2即時可でアイテム2枠なのは据え置きなので、1ツ目の特殊能力は割り切ってアイテムデックなら傭兵することも無きにしも非ずです。
 
スターターでこういうカードが収録されるのは枚数が集めにくくて辛いとこですね。
 
では2枚目。
 
イメージ 2
 
こっちは事前に名称とイラストが公開されてた1枚。
 
レベルは奇数ではなかったらしいです。
 
初心者が始めやすいスターターなら仕方ないところはあるのかな。
 
スペックは割とオーソドックスな感じですね。
 
錬金生物がどんなものかを知る最初の公開カードとしてはわかりやすいかもです。
 
アイテム枠1つとチャージ&ディフェンダー、そして装備品は1つまでの追加ルール(?)。
 
アイテム1枠なのに装備品が1つまでということはアイテム枠の付与系のカードがありそうです。
 
しかし、往年のファンからは「ティターン」というとアイテム2枠のイメージが強いので、少しガッカリの声が見受けられました。
 
ちなみにSレギュでは「ギガンテス」はアイテム枠使用の制限なし、「ネプチューン」は特殊移動、「セレス」は飛行という特徴でした。
 
ということで、現状の2枚から考察する「金剛神」は
 
・レベルは偶数のアイテムデック。
 
・構成は「錬金生物」とその他「魔法生物」のような類似の種族?
 
・「錬金生物」はレベル6、8クラスで、レベル2、4はサポート系の種族?
 
・アイテムは装備品と消耗品の混合
 
・「錬金生物」は装備品メイン、サポート系が消耗品を使用という形?
 
てな感じを妄想中。
 
モンコレに珍しいメカメカしいイラストのユニットも多数収録されると思うので、それも楽しみですね。
 
ちなみに自分はZOIDS大好きです。
 
テレビシリーズDVD全巻持ってるくらい好きです。
 
もちろん、ブルーレイのBOXもたぶん買います。
 
楽しみだなぁ。
 
というわけで今日の更新は終了です。
 
ありがとうございました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事