狩ったり、集めたりするブログ

モンコレの話題+αですよ。放置気味でしたが、また頑張りたい所存(2013.9.8)

全体表示

[ リスト ]

今日のカードの1枚目はなんとなく予感はしてましたけど「龍皇子」の再録です。
 
「龍皇子ナーガラジャ」
 
ナーガの公開のときにヒロノリさんが「ナーガ」はリザードマンと同じ枠での収録だとつぶやいていたので、「ナーガ」系で新しいユニットを作るかもと思いましたけど、やっぱ同名カードでの収録ですね。
 
まあ、「ナーガ」系リザードマンのギミックはデザインとしてとてもキレイでアリだと思っているので、文句はないんですけど。
 
ぱっと見はGレギュと同じ印象を受けますが、コンセプトは異なります。
 
Gレギュでは自身のみが強くなる可能性を持ち、他のユニットや対抗枠を使用しての強化なので、パンプされ終わった後は別ですが、ギミックの揃わないこのカード単体では英雄でもないただの4レベルユニットクラスでしかなかったです。
 
しかし、今回はパーティで種族「ドラゴン」を持っているユニットならこのユニットの水枠を使用してですがパンプ出来ますし、後攻なら自身も「ドラゴン」が付加されパンプの対象にもなります。
 
ちょうど、お互い単体では意味をなさなかった紹介カードと「リザードマン龍華騎兵」をくっつけた感じですね。
 
Gレギュとブシ版の関係は例えるとちょうど個人の救いを重視する小乗仏教とまず生きとし生けるものすべてを優先する大乗仏教のような関係ですか。
 
そうするとブシ版の方が名前に合ってる気がしますね(ナーガラジャとナーガールジュナ・・・ププッ
 
さて、わかりづらいボケは置いといて、このカードは「ドラゴン」との関係が重要なのがわかります。
 
でもこう考えると、紹介カードはリザードマンと運用するより種族「ドラゴン」のユニットと運用するほうが先攻後攻問わずコンスタントに戦える気がします(「ラインズベル」等の「火竜」収録のレベル2〜4のユニットとか
 
リザードマンはもう一枚公開されてますが、強いですが兵士ポジションぽいので、もう1枚くらい中堅クラスのユニットがあったりするとこの印象も変わるんでしょうか。
 
後、パンプには紹介カードの水枠が必要なので、通常2回しか行えませんが、ヒロノリさんのつぶやきには水枠追加の装備品があるみたいなので、装備品の強化が始まっている今かなり期待できますね。
 
水枠はスペル対抗もあるので、消耗品だけに使用するのも勿体無いですもん。
 
ということで、今回もここまでです。
 
お付き合い、ありがとうございました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事