狩ったり、集めたりするブログ

モンコレの話題+αですよ。放置気味でしたが、また頑張りたい所存(2013.9.8)

全体表示

[ リスト ]

今日も更新2枚ですが、ほぼ同様なので1つの記事で扱うことにします。
 
「シェイド・オブ・グリード」
 
「シェイド・オブ・ラスト」
 
各6属性用の「ナイト・シェイド」のブランニューアレンジですか。
 
便利そうですけど、パッと見の印象よりも使い勝手はよくはならなさそうです。
 
レベル1なのが1つ、□能力なのが1つ、このカードと同じコストを要求することが1つ、といったところですか。
 
レベル1はデック構築においてはかなり使い勝手が悪い部類ですからね。
 
確かに消耗品や戦闘スペルの効果を消失させるのはかなり有効なものですが、このユニットに頼るとパーティ自体があまり強くならない気がします。
 
後、□能力なのでとりあえず攻撃の宣言からの対抗は無理ですよね。
 
「ナイト・シェイド」の強さ兼使い勝手のよさはそこですし。
 
で、最後のが一番キツイです。
 
これが単色デックなら最高の使い勝手ですが、欲張ると対抗できなくなる典型的な形にしそうな要因です。
 
属性限定の手札1枚のコストが必要で、能動的に相手を倒すわけでもなくガリガリ減っていくユニットですから。
 
まあでも、単色デックを組む身としてはこのユニットの存在は助かる気がします。
 
その属性で対応してない消耗品や戦闘スペルに敵を倒す以外での除去ができるのはありがたい限りですね。
 
ブランニューなら対抗数も多くならないので、この1枚が重要なポジションになるのかな。
 
名前は「七つの大罪」からでしょうが、強欲はともかく他の6つ、特に色欲は関係なさすぎじゃないのかなぁ。
 
廚二・・・ケレンミが強いのは悪くないですが、同能力なら微妙な感がたまらないんですが。
 
後、ひとつ余るのはどうするんですかね。
 
「ナイト・ウィスプ」的ポジションになるんでしょうか。
 
でも最終的に思うのはこのレアリティはないなてとこですね。
 
もう少し納得できる(つまり、お金を出しやすい)レアリティ配置にして欲しかったです。
 
ということで今回も終了です。
 
私事でいつも以上に脈絡のない文章になりましたがご勘弁ください。
 
お付き合いありがとうございました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事