狩ったり、集めたりするブログ

モンコレの話題+αですよ。放置気味でしたが、また頑張りたい所存(2013.9.8)

全体表示

[ リスト ]

枚目は「ナーガ」とセット売りのカードですね。
 
PVにも出てたので出るとは予想されてましたが、今回もGレギュの同名カードと比べるとどちらを使うかちょい迷います。
 
「ポイズン・トード」
 
種族が「アクアリウム」とオープンではシナジーの受けやすい種族になりましたし、攻撃力も1増加(これはいらんかも)、「ナーガ]もレベル2になったので合計レベル4でのコンボ(アイテム枠1つ)と使い勝手はアップの予感です。
 
対象種族の「インセクト」のみはブランニューでは「クリムゾン」と「ターマイト」は出さないよという意思表示でしょうが、「ターマイト」はともかく「クリムゾン」の削除はオープンでは1デックの形として割と使用されているので残念です(煩雑ではなくなったことを歓迎すべきかもしれませんが
 
で、今までは何が「ポイズン」だったかわからない「ポイズン・トード」、なんと「□鉄砲舌」に【猛毒】ダメージがつきました。
 
ごえー。
 
まさに「クリムゾン」にはほぼ無力(「クリムゾン・アタッカー」以外)。
 
【20】点ダメージはほぼ即死だからいいとして、こっちに【猛毒】がつくんですね。
 
「耐性:猛毒」の方向性ではないのですか。
 
これで、今までは「サンド・カーテン」等の手出しのもの以外では「ティンカー・ベル」や「ファフニール」等の「耐性:□特殊能力」の限られたユニットのみが防げたんですが、、猛毒ダメ追加によってオープンでもかなりのカードが防げることになりました。
 
「耐性:猛毒」なんてオープンならゴマンといるんだよ!
 
ブランニューでは少ないと思うので気にならないと思いますが、オープンではつらいですね。
 
確かに「デッド・ホール」での破棄が見込めますが、今までほぼ即死のコンボに「デッド・ホール」の1対抗いれるのもなぜか勿体無いと思わさせられるんですよね。
 
言うても、「種族:アクアリウム」も「攻撃+1」も能動的に使用しないと効果を発揮しないのでブシ版の「ナーガ」と
ブロ版の「ポイズン・トード」をコンボさせるのが、オープンならいい気がします。
 
ということでここまでです。
 
お付き合いありがとうございました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事