狩ったり、集めたりするブログ

モンコレの話題+αですよ。放置気味でしたが、また頑張りたい所存(2013.9.8)

全体表示

[ リスト ]

5月入ってしょっぱなということで、メインビジュアルのカードが公開ですね。
 
掲載期間を長くするため、今週末金曜の更新かと思ってたので少しビックリ。
 
「冥界の貴公子ベルゼブブ」
 
メインビジュアル公開、いやヒロノリさんが言及してたときから待ってたカードですが、ちょっとショッパイかなー。
 
基本、大まかなコンセプトにはそこまで文句はないですが、スペル枠が2つなのは残念。
 
「インセクト」や「デーモン」は多属性に跨るので、スペル枠が*以外だと使いにくさが出るかもしれませんが、それでも風か魔を含む3枠くらい、むしろ旧版のスペル枠据え置きがよかったなと。
 
さて、苦言はここまでで、旧版からかなりの変更を加えられてますね。
 
まずレベルも7から8に変更、ついでに基礎値も昔と比較すると大きく上昇してます。
 
昔の六皇子はレベル7(「ダゴン」のみレベル9)の統一だったので、今後の六皇子が収録されるときも基本レベル8になるかもですね。
 
で、攻撃はレベル以上、防御はまだ基礎値を割ってますが、それにともないウリであった「◎霊魂の武装」もアレンジされてます。
 
つまり、攻撃はレベル以上あるのでそれ以上のパンプはいらないとの判断でしょうか、防御のみの上昇です。
 
コストはおなじみの「インセクト」と新たに「デーモン」がコスト対象種族に。
 
「プラント」は対象種族から外れましたが、「歌姫」が存在せず、「インセクト」のみで特に「プラント」を交ぜなくともいい環境なので特に問題ないかと。
 
そこまで「コレッ!」っていう「プラント」もいませんし。
 
そして、ついでに上昇幅もコストユニットの基礎値という固定値から「+1D」と不安定にはなりました。
 
これはあんまりかもです。
 
対象の「インセクト」と「デーモン」はレベルもそこまで低くなく、特に悪くない基礎値をしてるので構築段階では安定した上昇幅が確定できる以前の方が信頼性がありました。
 
それでも、通常は「ガネーシャの舞踏家」の能力範囲内の防御値ですが、1枚でもコストを用意できればレベル以上の攻防を持つユニットにはなれそうです。
 
そして、新たなコストのおかげで、特に「インセクト」デックのみに拘ることなく「デーモン」デックへの投入も一考の価値ありとなりましたね。
 
自分も偶数デーモンデックへの投入を考えようかなと思ってます。
 
ただ、2番目の能力を考えると「インセクト」の方が安定して戦えそうな気もします。
 
その能力は手札2枚破棄と重いコストですが、片方が「インセクト」なら1体に防御力分の禁呪ダメというもの。
 
つまりは1つ目の能力とコンボにもなるとのことです。
 
大型というかレベル5以上は「眠りの粉」がありますし、攻撃を止められる、または攻撃限定のスペルが予想できる場合(攻撃限定のダメは20点と1つ目の能力でも厳しい場合もありえるので)、この能力は重宝しそうです。
 
ただ、ダメが禁呪なのはいいのか悪いのか。
 
メリットで考えるなら「三曜蟲」パーティの「インセクト」と2体の魔女しか耐性を持ってないデフォで持ってない希少なダメ属性なので、そのデックに当たらない限り、気にしなくともよいですね(そして、その3つ関連のデックなら出てくるユニットですぐわかりますし
 
ただ、その3デックに当たるとどうなるか。
 
自分の結論は1つ目用にコストさえ用意できれば、特に問題ないかと。
 
どのデックも通常は低いダメージ値が多めなので、クリティカルなスペル(「ウィーク・ポイント」、「アイス・ライム」とか)さえ防げれば、1つ目の能力で十分押し切れますし。
 
というわけで、ステマではないですが、個人的には使う気満々のカードですね。
 
「けなせばネガキャン、褒めればステマ(パクリ)」なこの時代、こうどなじょうほうせんにも飽き飽きですので、まあこんなもんで。
 
それでは更新は終了です。
 
お付き合いありがとうございました。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事