狩ったり、集めたりするブログ

モンコレの話題+αですよ。放置気味でしたが、また頑張りたい所存(2013.9.8)

全体表示

[ リスト ]

今日のカードは「煉獄のガルシルト」から火のリザードマンの英雄ユニット。
 
今日も極稀の公開ですね。
 
公開しょっぱな&月替わりってのも関連してるんでしょうか。
 
まあ早い段階で通常営業に戻りそうなので、今だけ喜んでおくことにします。
 
元「ラヴァー」であった火の「リザードマン」はほぼ変更なしですね。
 
レベル偶数でアイテム枠と火スペル枠のバランス型、そして耐性:火炎のシナジーとそのまま受け継がれてます。
 
ちなみに元「ラヴァー」系の英雄といえば「ツァンレン」がおり、確実に収録されるだろうと思いますが、英雄点が紹介ユニットと同じ1点なんですよね。
 
個人的希望としては「ツァンレン」が英雄点2点のパワーアップしてくれてるといいなーと思うんですけど、「ヒッポス」のように英雄点1点2体の例もありますし、元「ラヴァー」たちに崇拝されている「ベリアル」が「紅河ノ国」所属で英雄点2点だとしたら、英雄点配分は1点づつの可能性もありますか。
 
後ついでなので、スペックの前にイラストに触れると、(削除されました)、中華風でしょうね。
 
「ツァンレン」「レイファン」の読み方は確実に中華系ですし。
 
でも、どちらかというと「タウラス」のような武人系ではなく、貴人という感じでしょうか。
 
ただ、確実に「ツァンレン」は武人だよなぁ。
 
火属性は中華系統の影響うけてるのかしらん?
 
元「ラヴァー」が中華系で(「タウラス」含む)、ガンロックの「トロール」がモンゴル系だと考えると中々意味深に世界地図を眺めてしまいますねw
 
長くなりました。
 
で、スペックは「ラヴァー」まんまな常備能力と□特殊能力。
 
普通/対抗で手札1枚破棄で「3」点ダメ、火炎耐性持ちのユニットカードなら「+3」と最大6点の無属性ダメージを発生させられます。
 
火炎じゃなくて無属性ダメだと少し「ん?」ってなりますが、まあ、どちらもメリットデメリットあるのでいいでしょうね。
 
ブロック3に「弱点」なりがない、もしくは少ない環境なら無属性の方が安定するかもしれませんし。
 
ただ、レベル4でコストあり、1体に3点は少し厳しいので出来れば6点でいきたいとこですね。
 
まあ、その辺は安心してますし、何よりメインビジュアルの「ベリアル」の勢力だからしょっぱいこともないと思います。
 
ちなみにこのカードのナンバーは010。
 
レベル4でこの数字ってことは火属性は予想していた12枚を確実に越えますね(「ギガンテス」「ベリアル」「フェンリル」等
 
そういう意味でも安心できそうですわ。
 
というわけで、今日のカードも終了。
 
パックをあけたときの楽しみは残しておきたい古いタイプのカードゲーマーなので、そろそろお祭り騒ぎも終わりにして、通常ユニットが見たいところですがどうなんでしょ?
 
それではまた明日もよろしくお願いします。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事