ゴールドメイト退会者、金色のソーマ酒

体調不良で愛宕山、三輪花火大会に行けませんでした

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
一か月前の4月29日の曲水の宴の日の城南宮の話しである。今72歳のオバアを連れて、城南宮へ行きました。場所は京都南インター南側にあります。国道一号線から新城南宮通りに折れるとあります。駐車料金無料、拝観料無料なのだが、この庭を見るのだけは600円かかります。たまたま祭礼の時であったので、入山料無料だったので、城南離宮の庭を鑑賞しました。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
昭和の小堀遠州と讃えられ、配石の素早い天才造園家、中根金作(1917〜1995)が
   城南宮「楽水苑」の「室町の庭」と「桃山の庭」が、造園家として最初に手掛けた庭園で、その後「平安の庭」、「春の山」更に晩年の「城南離宮の庭」と、生涯をかけて城南宮の神苑の作庭に携わりました。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
このように楽水軒があります。中では抹茶をいただけます。巫女さんが接待してくれますが、500円かかります。八幡市にも松花堂庭園がありますが、何となく似ています。ただ質素な造りとなっています。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
このようにサツキが咲いて綺麗でしたわ。72歳のオバアはここは600円かかるので見学したことなかったそうです。六月に入った今は、紫陽花とササユリかもしれませんな!ついこないだ薔薇も見ました。
イメージ 21
これは藤の花ですわ。藤の花は洗練された大人の女性を思わせる。
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
室町の庭や桃山の庭なんて書いてあったが、どれがどの庭かが分からなかった。池の水は汚いが、錦鯉が泳いでいたな!城南宮の庭を見た後で、次は曲水の宴を見学しましたな!つづく(^^)/

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事