Gladius Dei

落ち着いたら、能登半島に旅行しようとおもう。大したお金は落とせないけど。

全体表示

[ リスト ]

2月6日(火)


「教育の国際比較」という書類を読んで、日本という国が、教育にお金をかけていないことをあらためて認識した。


<GDPに占める教育全体への財政支出>

アメリカ・・・5.4%
イギリス・・・5.0%
ドイツ・・・・4.4%
日本・・・・・3.7%

<GDP に占める高等教育への財政支出>

アメリカ・・・1.2%
イギリス・・・0.8%
ドイツ・・・・1.0%
日本・・・・・0.4%

高等教育への支出は欧米の半分に満たない。アメリカやイギリスの有名大学は授業料も高いから、教育や研究環境は、日本にくらべて、格段に恵まれているだろう。ドイツの大学はこのあいだまで学費が要らなかった。授業料収入なしで、世界的なレヴェルを保っていた。しかし、再統一以降の経済状態では、教育支援にも限界がある。授業料や寄附金収入が潤沢なアメリカやイギリスの大学とわたりあっていくこともできない。そこで、州によっては、いくらかのお金を徴収するようになった。

ちなみに、大学にかかるお金は日本とドイツではこれだけちがう(2005年)。

日本・・・・・817,800円(国立大学の初年度納付金)
ドイツ・・・・18,100円(社会保険・福祉会計費など。授業料・入学金はなし)

もちろん、単純な比較はできないが、日本は、奨学金制度も不充分だし、個々人の負担が、まさに桁違いに大きいことがわかる。


「全入時代」をむかえ、日本の大学はどこも予算を獲得するために右往左往している。教員は、国や企業に支援を請うための申請書づくりで手一杯。大学の活動をアピールするために、学術的にはあまり意味のない催し物もたくさん開かなければならない。さらに、外部評価のための書類も膨大な量になる。当然、教育や研究の時間はどんどん削られていく。

大学は、お金がないから、充分な数の教員を雇えない。教員はひとりで何コマもの授業を受けもたなければならない。専門外のことであっても、他に人がいなければ仕方がない。さらに、事務職員の数も切り詰められているから、雑用もたくさんある。専任の教員が追い詰められている一方で、大学院を修了しても職につくことのできない人の数は増えつづけている。

学生にしてみれば、少人数で密度の濃い授業を受けたいだろうが、それでは大学の経営が成り立たない(国立大学も法人化されたので例外ではない。とくに、地方の国立大学法人には合理化の波が押し寄せようとしている)。ひとりの教員がたくさんの学生を教えないと効率がわるい。だから、どうしても、大教室での「やっつけ仕事」が多くなってしまう。学生が質問をしにきても、丁寧に答えている時間はない。


医療や福祉にかかるお金もどんどん削られていくようだけれど、国家予算はいったい何につかわれているのだろう。まさか無駄遣いで消えてるとか・・・? そんなことないよね・・・。

閉じる コメント(8)

教育と福祉の予算をどんどん削るこの国は人を育てない国ですね。きっとそういう思想が閣僚の発言にも現れてくるのでしょう。教育に直接のことではありませんが母子家庭手当ての削減、残業代カットなど、“家族”に負担になるおかしなことばかり。それで「教育再生会議」だなんだとやって“教育のこと真剣に考えてます”ですか?滑稽な話ですね。

2007/2/6(火) 午後 8:43 [ mar*in*bba*o ] 返信する

顔アイコン

教育再生会議にしても問題だらけですね。議事を公開しない秘密会議ですし、現場の意見をしっかり聞いているともおもえません。「美しい国」づくりという「富国強兵」策に都合のよい意見だけを実施したいという思惑が見え隠れしています。よくいわれることですが、日本という国がなにを理想とするのか、世界にどう貢献していくのか、そのためにどんな人間がもとめられているのか、といった議論が足りないのでしょう。

2007/2/7(水) 午後 5:53 kal*s*974 返信する

顔アイコン

こういう数字は初めて見ました。それにしても大学にかかるお金におけるドイツとの差はものすごいですね! 教育に対する考え方が根本から違っているということでしょうね。

2007/2/10(土) 午後 0:54 fal*t*ffa* 返信する

顔アイコン

ドイツは極端な例だとしても、欧米諸国の財政負担を見ると、国が教育を国家存亡の問題として、まあそこまで極端にいわなくても、国家の威信にかかわる問題として重要視しているといえるでしょうね。教育は、個人的な事柄であると同時に、国をいかに発展させていくかという問題でもあるとおもいます。

2007/2/12(月) 午後 5:58 kal*s*974 返信する

顔アイコン

お金のある子は塾にいき、勉強ができるようになる。お医者さまの子はお医者になる仕組みになってますよね。ということは、お金がなくても、天才が生まれる仕組みを作ればいいんですね♪ 削除

2007/3/23(金) 午後 5:55 [ ふるみどり ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、はじめまして。塾もそうでしょうが、それ以前に、公教育にずいぶんお金がかかりますね。子どもを大学まで行かせると親の負担は膨大なものになります。奨学金制度も貧弱だし、いまのままでは、能力や適正ではなく、経済力によって、うけられる教育が決まってしまいますね。

2007/3/28(水) 午後 4:52 kal*s*974 返信する

顔アイコン

仰る通りです。私は防衛大学校へ行けなかったので、職業訓練短期大学校へ行きましたが、そんな程度かもしれませんね、貧乏人は。

2008/5/15(木) 午前 2:19 [ 栓次郎 ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございました!(*´∀`*)
コメントするのにだいぶ迷ったんですがどうしても伝えたかったので書き込ませてもらいました。

kal*s*974さんのブログ素敵だと思いました!(・∀・)
センスもあるし、目の付け所とか私にないものを沢山持っている方なんだなと。
羨ましくて少し嫉妬したりも…(笑)

でもその気持ちは本当に少しで楽しくブログ読ませてもらいました(*´ー`)

急で戸惑わせてしまうかもしれないんですけど、私には悩んでることがあるんです。
色んなしがらみがある中で身動きが取れなくなってしまうような状態で…。助言とまではいかなくていいので、kal*s*974さんの言葉が欲しくなりました。
saki-spring@i.softbank.jp

お時間ある時にメールもらえませんか?
すごく心細くてこのままだと参ってしまいそうです。

2015/3/6(金) 午前 1:02 [ yuu*0q9*yt5* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(18)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事