KMD’s ウェブログ

吹奏楽指導者(JBA会員)、作編曲者

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「綾瀬市中学校吹奏楽団」の本番が3月27日(水)にありました。
以下が本日のプログラムです。

仝木市立藤塚中学校
Welcome
ダンシング・レボリューション
∈卒峪堽東中学校
「あんたがたどこさ」の主題による幻想曲
私のお気に入り
宝島
B舅損埣羈惺珊臚吋丱鵐
たなばた
宝島
ぐ柔セ埣羈惺賛畫娚效
マザーマ―太平洋北西部の伝説―
テトリズム
コは渓昌埣羈惺珊臚吋丱鵐
音楽祭のプレリュード
祈りの鐘
座間市中学校合同バンド
オーメンズ・オブ・ラブ
エル・カミーノ・レアル
Ц上高等学校【ゲストバンド】
A weekend in NewYork
日本民謡メドレー 〜秋田県民謡〜
ディスコ・パーティー
┯央高校合同バンド
ドラゴンクエストによるコンサート・セレクション
サンバ・デ・ラヴズ・ユー
翼をください(フィナーレとして)

 「綾瀬市中学校吹奏楽団」は、2曲を演奏しました。「マザーマ」はフィンガーシンバルでアニマルベルを兼ねて演奏に参加しました。初の打楽器デビューですね。
 そして拙作「テトリズム2」の初演がありました。荒削りな部分もありましたが、よく鳴るオーケストレーションだったと思います。曲調の切り替えを中学生がよくやってくれました。他地区の先生からは「無理のない和声でやりやすそう」というお言葉を頂きました。その一方で全体を貫くモチーフが見えにくいこと、トゥッティが多く演奏者が疲れてしまいがちなことを指摘いただきました。作曲というものは曲を書いて完成ではなく、演奏者により命が吹き込まれること、そして聴衆に届いて1つの形になるものです。作曲者、演奏者、観客が結びついたことは嬉しいことです。
 特別賞は「海老名市中学校合同バンド」でした。特に2曲目は圧巻でした。一緒に理事をしてきた憧れの先生が指揮を担当していましたが、改めてカリスマ性のようなものを感じました。まだうちのバンドが、いやまだ私自身の指導力がその領域まで達していないことを痛感しました。
 新年度は今とは違うアプローチで新しい吹奏楽の形を築いていこうと思います。

第21回定期演奏会

3月24日(日)に第21回定期演奏会が開催されました。プログラムの半分くらいが私が書いた(殆ど編曲)作品となりました。

 第1部では、コンピューター音楽との融合を試みた「架空のゲームファンタジーへの音楽『ローレライの涙』」では音源に合わせて振る難しさを感じました。ただこうしたら新しいことをやるには課題はつきものです。また、新しい取り組みを考えようと思います。
 第2部では昨年に引き続き、朗読と吹奏楽のコラボレーションでした。指揮、編曲、脚本、ピアノソロと自分の持てる力を発揮したステージになりました。
 第3部では、たくさんの卒業生が集まってくれました。現役生と同じくらいの人数が集まり普段より大きな編成で合奏することができました。「アイガットリズム」では顧問の先生にドラムを担当してもらい高いレベルのジャズを体験することができました。
 交響幻想曲「宇宙戦艦ヤマト」では声楽が専門の先生に二階席で歌ってもらったり、バンダの演奏があったりと演奏会のプログラムの最後にふさわしいものになりました。編曲許諾をとり自分で編曲しましたが、原曲の素晴らしさに助けられました。うちのバンドには今までなかった「圧倒的なスケール」の演奏となりました。指揮をふりながら涙ぐんでしまいました。
 5名の3年生を送り出せたことはもちろん、吹奏楽部で素敵な時間を過ごすことができました。ご支援いただいたすべての方に感謝です。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事