全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

お引越しpart2

昨日失敗したので、

今日からは此方に引越しいたします。


開く コメント(2)

お引越し




にお引越ししました。



なんや、amebaのログインしなければ、行かないようです。

すいません、考えます。

開く コメント(0)

ルミナリエ

先週末、土曜日にルミナリエに行って来ました。

去年は近くに用事があったのでポイントだけ短時間で見ましたが、今年は入口から東公園のサークルさらに、奥の噴水まで行きました。

もう日曜日で終わっているので、アップロードが遅すぎるのですが、ついでに2017年も一緒にアップします。


入口付近2018年

イメージ 1


入口付近2017年

イメージ 2


中ほど2018年
イメージ 3


中ほど2017年
イメージ 4


一目で解りますね。

去年は天井がなかったのですが、今年は3面でゴージャスです。



その後の通路2017年
イメージ 5


その後の通路2018年
イメージ 6

結構デザインが変わるのですね。

毎年、遠くから ちらっとしか見ないのであまり違いが解りませんでした。


東公園のサークルの中に入ります。

イメージ 7


寒い中、元町から歩き、結構な音量のレクイエムなどを聴きながら、ここまで来ると、

寒さ、光、音楽、が重なり、天に昇る気持ちになります。

しかし、PAの感じが何か例年と、違います。

囲いが無いのに、やけに低域がドンドンと響きます。なぜなのか?


夜なので街頭に付けられたスピーカーしか見えません。
イメージ 8



今年は初めて、大きいサークルの南にある噴水にも行ってみました。

イメージ 9



一番前まで行くと、水面に光が反射されて、逆さ富士の様に綺麗です。

イメージ 10


前ではライブをしていました。
スピーカーは全てTOAです。

イメージ 12

イメージ 11



重低音の正体を見つけました。
イメージ 13

解らないところに、TOAのウーハーと大きなサブウーハーを仕込み、音が逃げない様にシートを背面に被せています。   

屋外では、この仕組みは結構 効きます。


平成のルミナリエもこれで終わりです。



開く コメント(0)

時計の電池交換

 
ホームセンターに行く用事があったので、電池切れの放置している時計の電池を交換してみた。

細いヘラで裏蓋を外す。

イメージ 1



電池の型番を調べる。

イメージ 2



その型番の電池購入。


イメージ 3
 

交換は至って簡単、5分で完了。

値段は税別¥478である。

この型番なら100円ショップにも売っているが、訳の分からん海外製なので、安全上国産にした。

安物の同じようなミニタリー系の時計ばかりある。

おもちゃみたいだか、今の時代スマホをはじめ、至る所に時間のデジタル表示があり、時計自体あまり要らないものになっている様に思う。

やはり、おもちゃぽいのが好きです。


イメージ 4


古い電池は+と-がショートしない様にセロテープを貼って廃棄。

イメージ 5

おしまい。

開く コメント(0)

北関東訪問その3

群馬県の次は福島県に行きました。

当初、福島のオーディオマニア、プリウスさん宅を
訪問予定でしたが、病気で入院されたとのことで急遽オーディオショップ・エイフルさんを訪問することにしました。

宇都宮から電車で1時間ほどで最寄りの駅に到着です。

イメージ 1

駅は無人で電話でタクシーを呼びます。

イメージ 2

野口英世生誕の地らしいです。  
20分ほどしてタクシーにのり、エイフル・オーヂオ博物館に到着です。

イメージ 3

ALTEC211の上にWE-16ホーンが乗っています。これを最初に聴かせて頂きました。

イメージ 4


次にミラフォニックシステムを試聴。

イメージ 5

ウーハーはWE-4181×2発+WE-594ドライバー+マルチセルラーホーン+WE-597という構成だと思いますが、
ウーハーは見れませんでした。 

イメージ 6

イメージ 7


その後WE-15Aホーン+WE555レシーバーを試聴。

イメージ 8


イメージ 9


ミラフォニックスステム用電源です。ケースもWE純正でかなりの大きさです。

イメージ 10

 WE-16Aを鳴らしていたアンプです。WE-41+WE42だと思われます。WE-43はブースターアンプなので省かれていました。

イメージ 11


ミラフォニックシステムを鳴らしていたWE-86アンプです。電源部と一緒にコンソールに入っています。



この辺りで裏磐梯を後にして、JR郡山より新幹線で岐路につきました。

今回訪問させて頂いた、オーディオマニアの方々は勉強熱心で、MJ無線と実験の佐伯氏のスピーカー解説のコラムをコピーして、フアイルにされている方がいました。 
わたくしもナマクラらながら、このコラムはよく読んだのですが、おまとめの本になって出ている事を知り、すぐに購入。

イメージ 12


今回ご一緒させて頂いたゴン蔵さん、岡山のMさん、ありがとうございました。
帰りの新幹線の中でも、多くの楽しいお話が出来て大変有意義な北関東訪問でした。


おわり。



開く コメント(4)

全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事