過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

北関東訪問その1

 北関東方面にお勉強に行ってきました。

帰って来るなり台風や大雨に見舞われ、ブログUPが大幅に遅れました。

今回はこのブログ以前掲載のゴン蔵さんhttps://blogs.yahoo.co.jp/kaigo_2000/15231472.html

岡山のMさんと3人で新幹線でいきました。

詳しくはゴン蔵さんのブログに書かれていますが、此方ではまた別の視点からご覧ください。

宇都宮駅に着くとWさんhttps://blogs.yahoo.co.jp/muuken2000MYBLOG/blog.htmlが車で迎えに来てくれました。

お昼を美味しい蕎麦屋さんで頂いた後Wさん宅に訪問です。



イメージ 1

オールホーンシステムです。

最低域までのオールホーンシステムを聴くのは初めてです。

イメージ 2

イメージ 3

今月号のStereo誌 音の見える部屋に掲載されています。

イメージ 4

メインアンプはYAMAHA B-3をアッテネーターなどバイパスして改造したモノを使用。

プロセッサーはDBX4800でタイムアライメントをきっちりとっています。

凄い低い周波数帯まで低域が伸びています、しかし気分が悪くなる様なことはありません。

秘密は、パッシブミキサー 低域2CH分を47KΩ抵抗シリーズに入れミックスして増幅。

だからコンプレッションドライバーでも自然な低音になる訳です。

惜しげもなく蓋を取り中身を公開。

これです↓

イメージ 5





Wさん宅試聴の後は、同じ宇都宮市のAさん宅訪問。

入り口にきれいな水色のシトローエン2CV? 只ならぬ雰囲気を出しています。

イメージ 6

Aさんはプロなので写真UPはご法度なのですが、なんか途中から許可がでました。

先ずは、仕事エリア。

イメージ 7

凄いコンデンサーの量です。

イメージ 8

部品の山です。 仕事の中にも遊び心があり、机の上の小さなスピーカーの中にミニ真空管を入れたのを鳴らして頂きました。 小さいのに音が良いのに驚きました。

イメージ 9

そしてリスニングエリア。

イメージ 10

WE陣笠はステレオと3Dで聴かせて頂きました。

WE3Aホーンのドライバーは594が最近まで付いていたそうですが、555に変えられ、594は床に転がされていました。
ウーハーは4181、ツイーターは075でなくその隣のデッカです。

励磁電源には惜しみなく大量のWEチョークトランスが使われています。

異次元の音に言葉が出ません。

左側の棚です。お宝だらけで舞い上がってしまいます。

イメージ 11


右側の棚です。こちら側にアンプ類がぎっしり詰まっています。

イメージ 12

黄色く見えるラインコードは、戦闘機F-15フアントム?のモノらしいです。もちろん入手不可能なものだらけです。

一度にこんなに多くのWEのトランスや真空管をみたのは初めてです。

しかも小さいスピーカーまですべてメンテが行き届き動態保存です。



試聴の後は、AさんWさんと関西3人組と5人で、都宮で美味しいギヨーザの店に連れて行って
頂き夕食です。
いろいろ貴重なお話をきけて1日目は終了です。

つづく、














開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事