ここから本文です
はこだて自然倶楽部〜風を追って〜 HAKODATE SHIZEN
函館から発信!登山、自然、観光情報、市民活動のBLOGです。It's sent from Hakodate!

書庫全体表示

岩内岳1085.7m

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7

イメージ 7

ニセコ連峰のもっとも北西にある、独立峰的な山でスキー場の廃コース脇を上ります。
昨日は雨天が心配されましたが、頂上へ立つと、一気にガスが消え岩内市街地も眼下
に見えました。

気温、26度、湿度85%、ジッとしていても汗が流れるサウナ風呂の中のような登山で、
6合目まで長く単調な登り、その後はガスと強風で、皆さん消耗気味・・・。
それでも、シロバナニガナ、コクワ、ミヤママタマビ、アカミノイヌツゲ、コナスビ、
コケモモ、ゴゼンタチバナ、コガネギク等の花が咲いていて夏の里山から高山の雰囲気
を味わうことが出来ました。

岩内岳、ここは獲得標高差が約900mあることで、かなりの高度感を味わうことができます。
登山道も明瞭ですが、6合目あたりから、その名の通り岩場が始まり、見事なマムシちゃん
も住みついていますので、スパッツや手袋、ポールを持参すると良いでしょう。

サムネイルの画像の紹介です。
・いこいの湯から見上げる岩内岳の稜線、向かって右の尾根を上る。
・一合目付近、あそこが稜線・・・長いな〜、暑いな〜。
・晴れてきた〜。
・夏山にはコガネギクが似合う。この色、暑さもましますが・・。
・頂上。晴れると後に目国内岳や雷電岳がバックに広がるが・・。
・汗を流した・・天然温泉。湯温48度・・目茶あっちー! ぬるめでも43度はある(!V!/*O*)
でも、オススメです。
・晴れた日のパノラマ:目国内岳
・         :奥に後方羊蹄山、手前にニセコアンヌプリなどニセコ連峰(望遠)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事