kamasataですけど、何か?

たった一機のモビルスーツに…

全体表示

[ リスト ]

今日も気まぐれにアップし過ぎな気もするけど、まあ、いいか。

しかし、ホント日テレってナウシカやり過ぎだと思わない?

いい加減見飽きたよ。

などと言いつつ、案外やる度に見ちゃうんだけどさ。

まあナウシカを語り出したら切りがないんでやりませんけどね。

でも、まあなんにも言わないのもなんなので、チョットは。

オレが1番気に入ってるところは

じじいが、
虫にだか、腐海の胞子だかにやられた手を見せながら、
「わしらの姫様はこの手が好きだと言ってくれる。働き者の、いいぃ手だと。」

って語る場面ね。なんべん見てもココが1番好き。

あと、大婆様が、子どもたちに「私たち死んじゃうの?」って聞かれて
「運命(さだめ)ならね」
って答えるとこね。

って、ゆうか、あの大婆様好きだね。
「子どもたちよ、わしの傅しいた眼に変わってよおく見ておくれ」
ってとことか、
子どもたちが「ひめねえさま、異国の蒼い服を着てるぅ」とかそんなこと言った後に
「そのもの蒼き衣を纏いて、金色の野に降り立つべし」
って、谷に伝わる伝説の一説を語り出すとことか。


もう1個思うのは、ペジテの男どもが、アホみたいに無謀な争いをしようとしてる時に、女の人達は、それが誤りだってちゃんとわかっててナウシカを逃がすんだけど、なんだろ、やっぱ女の人の方が本能的に争いは愚かだって知ってるんだな、って感じがする。


まあ、ナウシカだけじゃなく宮崎駿の話をしだしても、それこそ切りがないんだけどさ。


ただ、ナウシカがまだしもいいな、と思えるのはちゃんとした声優を使ってるからかな。

昔、全労連青年部の企画で永井一郎を呼んでた時に、直接質問したんだけど、

なぜ、宮崎駿は、プロの声優じゃなくやたら俳優だの、話題の女優だの、なんだったらアイドル的なのを起用するのか?日テレとか徳間書店の圧力か?ってことをいやらしく、遠回しに聞いた事があるんだけど、

ナウシカにも出てて、もう超イイ味出してる永井一郎曰く、「彼はプロっぽいのを嫌うんだよね。」的な事を答えてくれて、ある種「ああ、なるほどね。」と思ったんだよね。

それは、「それは正しいな」って事じゃなく、監督としてなにげにそれはわかる気はするけど、って事ね。

でも、大間違いですよ。
だって、
あの超棒読みを聞かされて物語に集中できるのか?って事でさ!はっきり言ってアホか!って感じでしょ!

あ・の・今井美樹と柳葉敏郎が声アテてるの聞いてよく我慢できますよね!!!っての!

こっちが、おもひでポロポロですよ。

その点、まだナウシカは、ちゃんと永井一郎がいるし、納屋吾郎も出てるし、家弓家正も榊原良子もちゃんと脇を固めてるし、松田洋治もしっかりしてるし、なんせ島本須美だからね。カリオストロの城のクララとおんなじ島本須美ですからね!

まあ、何にせよ、永井一郎と直接話せたってことが、もうかけがえのない思い出なんだけどさ。


結局案外長くなっちゃったけど、もう1個言わせてもらうと、
宮崎駿のいやらしさの一つだと、オレはずううっと思ってるんだけど、

ナウシカとか、逆に顕著だと思うんだけど、
女のキャラクター、基本みんな巨乳に描いてるんだよね。

しかも、
下着っぽい姿の時はそうでもないのに、ってトコがホントやらしい。

服着てる普通の場面では巨乳ですっ!って感じなのに、下着っぽいところでは少女性を押し出してますっ!みたいでさっ。

おお恐っ!

まあ、逆よりは相当まともだけどさ。

この記事に

閉じる コメント(2)

こんばんは、
さっきまでナウシカ見ていましたよ(笑)
宮崎駿嫌いなので今までまともに見た事なくて、今日初めて見たに等しいんですけどね。
えっ、だからどうした?
いえ、どうもしません・・・
ただ、見ましたと言うだけです、ハイ。

2008/6/7(土) 午前 0:26 大魔神 返信する

顔アイコン

解雇組女組長としては。

(ペジテの)「男どもが、アホみたいに無謀な争いをしようとしてる時に、女の人達は、それが誤りだってちゃんとわかってて」
ってとこに個人的にぽちしちゃうわっ!
かっこの中は(ショッカーの)と変えていただけると嬉しいです。
自分のトコの話もってきてすいませんでしたm(__)m

2008/6/7(土) 午前 9:41 アイアン主婦 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事