ここから本文です
めたるおとん
ブログ始めました!
皆様こんにちは。m(__)m

Yahoo!ブログ さんからサービス終了の通知メールを頂き、もう後がない事を肌身で感じたので、ギリギリとなりましたが「Amebaブログ」に新規登録することにしました。

これまでの投稿記事も少ないので、引っ越しではなく簡単明瞭に「新規登録」です。(笑)

metaluotonのブログ
ニックネーム「めたるおとん」

相変わらず記事投稿は少ないとは思いますが、宜しくお願い致します。 m(__)m

ブランド !

昨日は、登山を始めたいという従兄弟の装備を調達する為に、東京ドームシティのプリズムホールで行われている「メーカーのバーゲンセール」に行き、レインウェア、ソフトシェル、帽子、ザックなどを買い、登山靴などの揃わなかったものは神田神保町の山道具屋さんに行って購入。私よりは遥かに良い「ブランド品の装備」の完成です。(笑)
なぜかスピンオフして、山行の仲間が少しづつ増えております。(笑)私は購入予定無しでしたが、安かったので3点購入してしまいました。^_^これで私も秋からはモルモット、いや、Marmotオジサン。 (笑)そして可能ならば今日一緒に高尾山に登ろうかと思いましたが本人が仕事の為、私1人で歩くコースも決めずにゆっくり家を出発し、とりあえず稲荷山コースで山頂へ行き、その時点で考えることにして、それでなんとなく一丁平、小仏城山まで行き昼食。今日は景信山や陣馬山まで行く馬力が自分に感じられなかったので、優しい響きの「関東ふれあいの道」で相模湖方面に下山。
総距離 7.9km 活動時間 3時間55分(休憩・食事 1時間25分含む)
しかし、名前とはそぐわない急な階段や滑り易い粘土質むき出しの連続で、下りはまあ嫌いではない私なのですが、膝や足首が疲れてきて予想外でありました。千木良バス停まで下りてから、バスを待とうか相模湖駅まで歩こうかと迷いましたが、居合わせた方に聞いたところ「3〜4kmはあるので1時間位掛るかも・・・」と言われ、素直にバスを待ちました。(笑)

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3



イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7



イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11



イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


いつかは試してみようと思っていた「陣馬山→高尾山 縦走。
前週は一応「高尾山↔景信山」ピストンを歩けたので、
今回は、やってみて無理そうなら途中から下山出来るルートを確認して、チャレンジしてみました。
ネット記事にも沢山書かれている通りに「高尾駅」北口を出てロータリーの左斜め向かいの「西東京バス」1番乗り場 7:35発[霊園32]陣馬山高原下 行きに乗ろうとすると、既に沢山の高校球児と登山客が並んでおり、後方に位置する2番乗り場にかなりはみ出している状況。
乗り切らない場合はバスが増便される様ですが、今日は満員でしたが1台で乗り切れました。

陣馬高原下 バス停からも、YAMAP友達の活動日記の写真と記事のお陰で間違えずに「陣馬山新ハイキングコース入り口」から登れました。m(_ _)m

とにかく暑いし、歳でバテ易いので、高尾山口駅着はかなり遅くなると思い、一応「ヘッデン」も用意(笑)していましたが、明るい内に駅に着けました。
17.2kmを歩くのに。休憩を含めて7時間掛かりました。

感想は、暑さと明日の「山の日」の為に大分空いていた様に感じました。 トレランの方も少なかったです。 明日は今日の分まで混むのでしょうか?

登山路に関しては、急登が苦手で嫌いな老人ですから、やはり陣馬山もキツかったです。
しかし、4ヶ月間程歩く練習をしてきた成果が出て歩き通せたのかなと思います。
そして、1番大切なのは「心が折れない事」であり、「たとえ折れても再び頑張る心」が少しだけ持てた様な気がします。

目標達成したので、差し当たりどうしましょうかね? (笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

8/3(土)の高尾山の天気予報は35℃だったので行かずにお休みし、8/4(日)は34℃との事なので出発!(笑)
高尾山口駅前から8:43に歩き始めました。。

行程は、日陰の多い6号路(短いが水辺有り)→高尾山頂→一丁平→城山山頂→小仏峠→景信山山頂→(巻き道)→高尾山山頂→1号路高尾山口  総距離≒15.9km  活動時間 6時間59分 
※ 行きの高尾山頂までの6号路は今まで遭遇したことがない程の渋滞でした。暑くて、息が上がっていたので丁度良かったですがね。(笑)

中学同窓会の(軽)登山部で「陣場山→高尾山 縦走」は可能かどうかを試す意味もあったのですが、とにかく登り下りの繰り返しの有るコースなので、この酷暑の時期では無理だと思いました。
気候の良い時期に時間の余裕を持って、良いペースで歩く事が出来れば可能かなと感じました。

それから気付いたこと。
赤土の登山道が非常に滑り易く、岩場では初めて靴底の剛性不足を感じ、足の平(裏)が痛くなりました。
しかしこれは、トレッキングポールが伸縮固定用の部品の破損で一本使用不能となり、いつもは好きな下り坂でも一本ポールで苦戦した為かもしれませんね。

また、奥高尾に足を踏み入れると「トレラン」の方が急に増えて「軽装・筋肉質(スジスジ)ふくらはぎ」の男・女・男女ペアが沢山いて、沢山追い越されました。(笑)

本日のザックの重量は「飲み水等の水分≒4kg」(下山時残存1,500cc)で、総重量は約9kg。

景信山の標高は727mですが風が涼しく、少しだけ心地良かったです。^_^

お土産は、前腕部の日焼け。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

天気予報では台風の影響も少なくて、降っても小雨程度と出ていたので、昨日・今日と再び高尾山に山歩きの練習に行く予定で珍しく4時起きをしましたが、起きてみると両日とも天気予報に反して「大雨」で、その後の予報では「強風」「雷雨」「注意報!」などなど。
止むなく両日とも2度寝で9時に起床すると、どちらも晴れ☀!
妻に何時に起きたのか聞くと6時とのこと、天気はどうだった?と聞くと「もう6時には晴れていたよ。」
ではなぜ私を起こさない?😡💢
9時出発では遅すぎなので、両日とも山行断念。
今日も家でゴロゴロしていようと思いましたが、いや待てよ、jyunntarouさんは相変わらず連日のトレーニングを継続して頑張っているし、YAMAPの病み上がりの友達も26・27日で奥穂高岳(ジャンダルムも視野に入れて)に行ってきたとのこと。

そうなれば、私もじっとはしていられません(笑)。 平地ですがやらないよりは良いかと隣町の駅まで歩いてみました。
片道約7km程、調子が良ければピストンしてみようかななどと思いながら出発!

しかし34℃に直射日光の想定以上の暑さで汗が吹き出し、たちまちオーバーヒート。(笑)
目的地の駅に着いて、さあ折り返して歩こうかとも思いましたが、早くて涼しい電車の魅力に引き寄せられて乗車。
今日の処は片道にしておいてやりました。(笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

私のVR。ミニ藪漕ぎです。(笑)

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事